スキンケア

ハト麦の楽しみ方

今日はハト麦について見ていきましょう!
ハト麦とは、人の身体にどんな役割を果たしてくれると思いますか?

美肌に大きく貢献!

実は美容成分としても有名で、お肌のターンオーバーを促す働きがあります。

ターンオーバーとは、お肌が新陳代謝によって生まれ変わることをいいます。この働きは、紫外線や加齢、ストレスといった要因が加わると、その働きが鈍ってしまうことがあるんです。そうするとお肌の再生力が弱まり、新しいお肌の細胞を作ったり古いお肌の細胞が老廃物として残ってしまったりして、肌荒れやニキビ、シミやシワといったお肌のトラブルの原因の一つになってしまいます。

ここでハト麦は、お肌の内部から働きかけを行ってくれる美容成分なのです。お肌の水分代謝を促進することで、すみずみにまで水分と栄養素が行き渡るようにしてくれます。そうすることでターンオーバーが促進され、お肌を整うといった効果があるんです。

おいしい楽しみ方

ハト麦を使った料理は、実はたくさんあります。

こちらでは、私のおすすめレシピをお伝えします!ぜひ一度試してみて下さい。

ハト麦とじゃがいものスープ

☆材料  
・ハト麦 大さじ2くらい
・じゃがいも 100g(中1個)
・玉ねぎ 50g(1/4個)
・オリーブオイル 小さじ1
・昆布 2cm角 1枚
・塩 小さじ1/3~

☆作り方

  1. はと麦はさっと洗って2カップ(400cc)の熱湯に30分以上浸けておく(できれば蓋のしまる厚手の鍋に入れる)。ここで昆布もキッチンばさみなどで細切りにして、入れる準備をしておきましょう。
  2. じゃがいもはよく洗って芽をとり、皮ごとひと口大に切ります。玉ねぎは薄切りにしておいてください。
  3. 鍋にオリーブオイルを熱し(好みでにんにくのスライスを少々加える)、玉ねぎ、じゃがいもの順にさっと炒めます。昆布とはと麦を湯ごと加えて蓋をし、沸騰したら弱火にして20~30分コトコト煮てください。
  4. はと麦がやわらかくなったら塩を加えて味をととのえてできあがりです!

☆ポイント
ハト麦は、固めの穀物ですので、必ず事前に約30分程熱湯につけてから調理するようにしましょう。生姜を足してみてもいいでしょう。

ハト麦を食べる際の注意点

ハト麦は、「小麦以外の麦類」として分類されるため、他の大麦、ライ麦、えん麦、はと麦などと並んで食品のアレルギー表示の対象外となります。ただし、ハト麦を摂取することで、麦アレルギーの方はアレルギー症状を引き起こす可能性がありますので、十分に気をつけて下さい。

またハト麦の成分を用いた化粧品についても、一部で肌荒れを起こしてしまうケースもあるようです。ご自身の体質・肌質と相談しながら使っていくことをおすすめします。




ハト麦の歴史は古く、宮廷料理などにも使われ、絶世の美女として知られる楊貴妃も愛用していたといわれています。古くから使われてきたハト麦を、上手に活用していきたいですね。活用方法は実に多くあるので、ご自身に合った方法を見つけてみてくださいね♡