健康

コラーゲンの働きとその摂取のコツ

今回はコラーゲンについて取り上げたいと思います。

コラーゲンが私たちの身体の中で働く仕組みや、効率的な摂取方法についてお話していきます。

コラーゲンの働き

コラーゲンは人間の身体のたんぱく質の一つであり、そのたんぱく質のおよそ1/3を占める程の量が体内にあるといわれています。

コラーゲンは別名「細胞外マトリックス」とも呼ばれています。

人間の身体にある細胞は約36兆個あるといわれていて、それらの細胞同士を繋ぎとめる接着剤のような役割を果たしています。

この細胞外マトリックスの主な成分がコラーゲンでもあります。

例えば肉離れが起きている人は、肉離れして破れているのは細胞そのものではなく、細胞の接着剤である細胞外マトリックスが破れることによって引き起こされるのです。

ですので逆にいえば、コラーゲンを日頃からしっかりと摂取しておくことで肉離れであったり、そうした現象が起きにくいといわれています。

またコラーゲンには弾力性があるため、肌ではハリや弾力をもたらす効果関節痛を緩和する効果骨を丈夫にする効果血管ではしなやかさを保ち動脈硬化を防ぐ効果など様々な働きが期待されています。

コラーゲンを得る方法

上品な女性

最近、コラーゲンは外から口に入れてもちゃんと体内のコラーゲンが多くできるということがわかってきています。

昔はコラーゲンというものはたんぱく質であるので、コラーゲンで飲んでも体内でアミノ酸に分解されてしまうから全く意味がない。
他の肉や魚でたんぱく質を摂るのと同じだといわれてきました。

ただのコラーゲンであればそういうこともあるかもしれませんが、実はそうではないことが最近の研究によってわかってきています。

コラーゲンの中にはペプチドと呼ばれるものがあります。


特に大事なのが、プロリンというアミノ酸です。

プロリンというアミノ酸と、ヒドロキシプロリンというアミノ酸もあります。

このプロリンとヒドロキシプロリンを合わせたジペプチドが、体内におけるコラーゲンの合成に重要な役割を担っているのです。

要はそのジペプチドが増えると、体内の線維芽細胞が活性化されます。

この線維芽細胞ですが、線維芽=コラーゲンのことです。

つまりコラーゲンを作る細胞が活性化するということなのです。

プロリンとヒドロキシプロリンのジペプチドを摂ると、体内におけるコラーゲン作成が高まるというわけです。

人間の身体は、通常体内でアミノ酸からコラーゲンを合成していますが、年を取るとだんだんとその合成能力が衰えてきてしまうのです。

でもそのジペプチドを摂ることによって、コラーゲン合成能力を高めることができるというわけなのです。

ただのコラーゲンを飲んでも、それなりの効果はありますが、できればジペプチドを多く含んだ「低分子化コラーゲン(分子を低くしたもの)」を摂ることによって、より体内におけるコラーゲン合成を高めることができるということです。

コラーゲンをより効率的に摂取するためには、ぜひ低分子化されたジペプチドのコラーゲンペプチドを摂るようにしてみてください!