Raffiness

Lifestyle media for women

痩せたいのに痩せないあなたへ|ごはんを食べても痩せられる方法

痩せたいのに痩せないあなたへ|ごはんを食べても痩せられる方法

世の中には色々なダイエット方法がありますが、やはり食事をコントロールするやり方はダイエットの王道と言えるでしょう。その中でも、最近では糖質制限や炭水化物抜きダイエットが主流となっています。

そのため、痩せたいなら「炭水化物は抜かなきゃいけない!」「ご飯は太る!」といったイメージが強いのではないのでしょうか。でも、「炭水化物が好き!特にご飯は欠かせない」と思うこともありますよね。

炭水化物であるご飯を抜かないと痩せないというのは、本当でしょうか。しっかりとご飯を食べながら痩せる事は不可能なのでしょうか?いいえ、ご飯は痩せない食べ物ではありません。大好きなご飯を食べながらでも痩せる方法が実はあるんです。

今回は「白米を食べながら痩せたい!」と思うあなたにオススメのダイエット方法を紹介します。

痩せたいのに痩せないあなたへ▶︎痩せたいなら炊きたてより冷やご飯

冷やご飯でダイエット

痩せたいけど、白いご飯は3食に欠かせないという場合、炊きたてのご飯ではなく、冷やご飯を食べるようにしましょう。なんと、炊きたてのご飯と比較して、冷やご飯の方が実はカロリーが少なくなるというのです。

その理由はご飯が冷える事によって、炊きたてのご飯に含まれる身体に吸収されやすいでんぷんから、難消化性でんぷんのレジスタントスターチに変化するからなのです。

この難消化性レジスタントスターチは、炊きたてのご飯に含まれるでんぷんと比べて1gあたりのカロリーは半分の2kcalとなります。ただ、残念ながら冷やご飯のでんぷんが全てレジスタントスターチに変化する訳ではないので、単純に冷やご飯のカロリーが1/2になる訳ではありません。

しかし、それでも約10%前後のカロリーカットになる事が分かっています。10%のカロリーオフであっても、毎日3食白ご飯を食べるなら、あなどれませんよね。最近では冷えても美味しいお米も多くなっていますし、オニギリにすると冷めても美味しくご飯を食べられるのでオススメですよ。

また、レジスタントスターチのダイエット効果は、これだけじゃないんです。炭水化物が痩せない、太ると言われている理由のひとつに、血糖値が上昇しやすいという事が上げられます。

しかし、レジスタントスターチは、血糖値の上昇を抑制するという効果があるのです。

さらに、食物繊維と同様の効果があるため便秘解消にも効果を発揮する他、満腹感を高めるといった効果まであるのです。まさに冷やご飯は炭水化物を食べながら痩せたい人にピッタリです。

ご飯を食べていたら痩せないと思っているなら、まずは温かいご飯を冷やご飯に変えてみましょう。

痩せたいのに痩せないあなたへ▶︎ご飯とおかずの量は6:4!

ご飯とおかずの割合は6対4

もともと昔からお米を食べてきた日本人は、お米のでんぷんを消化するアミラーゼという酵素が多く分泌される体質となっています。そのため、炭水化物を食べながら痩せたいなら小麦よりも白米が適しているんですね。

そんな白米ですが、もっと効率的に痩せる為には、ご飯とおかずの割合を6:4にする事をオススメします。ご飯とおかずの量を6:4にする事によって、燃焼効果がずっと高まり余計な脂肪にならないというのです。

炭水化物60%、タンパク質15%、脂質25%のバランスが最適となります。ご飯は痩せないと思っているなら、このバランスにも注意してみましょう。

特にオススメなのが、野菜たっぷりの具だくさんのお味噌汁をプラスする事です。お味噌汁は発酵食品で身体を温め代謝をアップさせる働きがあります。

代謝が低いとどんなにダイエットをしても痩せないので注意してください。お味噌汁で野菜をたっぷりと摂取すれば、ビタミンや食物繊維も補う事が可能ですね。

これを利用した短期間のダイエットとしては、おにぎりダイエットという方法があります。これは、3食をおにぎりと野菜や海藻入りのお味噌汁にするといった方法になりますが、実際に芸能人も実践して痩せたと評判になっているのです。

ただし、このおにぎりダイエットは3週間が目安となっていてそれ以上継続する事はオススメしません。でも、満足感も高く空腹で悩まされる事もないおにぎりダイエットは、ご飯を食べながら痩せたい人の短期集中ダイエットとして非常に適していますよ。

痩せたいのに痩せないあなたへ▶︎ご飯を食べながらダイエット効果をアップする小技

おにぎりダイエット

ご飯を食べながら痩せたいなら、以下の事を試してみるのもオススメです。

一つは、ご飯と一緒に緑茶を飲むという事です。緑茶は炭水化物を食べた際の血糖値の上昇をセーブしてくれるという働きがあります。

でも、ここで注意点がひとつあります!それは「ご飯と緑茶を一緒に摂る」という事です。

食後に緑茶をすする、それでは血糖値の上昇を抑えるといった効果は生まれませんので緑茶を飲んでも痩せないのです。ですから、必ずご飯を食べながら緑茶を飲むようにしましょう。

二つ目は、白米に玄米などの雑穀や今注目されているスーパー大麦を混ぜて炊くという事です。こうする事で血糖値の上昇を抑えたり、満腹感をアップさせる、便秘解消などダイエットに嬉しい効果が高まります。味や食感に変化が出るのもメリットですね。

三つ目は、ごはんを食べる前にサラダなどの野菜を先に摂取するという事です。痩せたいなら食べる順番を考え、ご飯を一番最後に食べる事で血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

ご飯を食べたからといって痩せない訳ではありません。こうしたちょっとした工夫をするだけでも、ご飯を食べつつダイエット効果は上がるはずですよ。

痩せたいのに痩せないあなたへ▶︎ご飯を食べてもダイエットはできる!

ご飯を食べても痩せられる!

「炭水化物のご飯を抜かないと痩せない」そんな風に考えて無理にご飯を抜いたダイエットをしていても、ストレスになったり、続ける事が出来ません。無理に好きなご飯を抜かなくても、痩せる事は十分に可能です。

痩せたいなら白米は冷やご飯にする、ごはんとおかずの割合を6:4にする、血糖の上昇をセーブするお茶を飲みながらご飯を食べる。玄米や雑穀を混ぜてみる、食べる順番に注意するなど工夫することが大切です。

また、短期間で痩せたい時にはおにぎりダイエットもオススメです。

ご飯を食べたら痩せないという思い込みは捨てて、ご飯も食べながらのダイエットにトライしてみましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top