Raffiness

Lifestyle media for women

ストレスが原因で不妊に?その原因と妊娠するためのストレス解消法

ストレスが原因で不妊に?その原因と妊娠するためのストレス解消法

ストレスは不妊の原因になります。「妊娠をしたいけれどなかなかできない…」「友達はすぐに妊娠して子ども2人もいるのに…」そう思うとますますストレスがたまってしまいますが、あまり気にしないようにしましょう。

気にしすぎるとストレスがどんどんたまって、さらに妊娠をしにくい状態になる可能性があります。また、現代はストレスになることが身の回りにあふれてもいます。

ストレスが不妊の原因になるのですが、どうしてストレスで不妊になってしまうのでしょうか。また、どのような対策ができるのでしょうか。

ストレスが原因で不妊になる▶︎ストレスでホルモンバランスが乱れる

ストレスでホルモンバランスが乱れている女性

妊娠には女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが関わっています。この二つのホルモンは常にバランスを取って分泌されています。

エストロゲンが子宮内膜を厚くし、妊娠をする準備を整えます。排卵後には卵胞が黄体に変化をして、プロゲステロンを分泌しはじめます。そして、卵子と精子がであって受精をして妊娠をしてからも、エストロゲンとプロゲステロンが分泌されて、胎児が順調に成長できるようにサポートをしたり、安全に妊娠ができるようにしています。

このように女性ホルモンが妊娠をするための準備を整えているのですが、ストレスはエストロゲンとプロゲステロンの分泌に影響を与えてしまいます。ストレスが原因で女性ホルモンの分泌に乱れが生じると、不妊の原因になってしまいます。

この女性ホルモンの分泌ですが、主に視床下部・脳下垂体・卵巣が関わっています。視床下部は血液中の女性ホルモンの量を常に監視していて、頃合いを見計らって性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。このホルモンを脳下垂体が受け取り、性腺刺激ホルモンを分泌し、卵巣に女性ホルモンを分泌するように指令をだします。

ストレスは視床下部に影響を与えてしまうのです。女性ホルモンの分泌にかかわる視床下部に影響が出れば、女性ホルモンの分泌にも乱れが生じてしまいます。

ストレスが原因で不妊になる▶︎ストレスで冷える

ストレスで冷え性になっている女性

冷えは不妊の大きな原因となります。妊娠をするためには、子宮と卵巣の状態をよく保っておく必要があります。子宮や卵巣は血液から酸素や栄養をもらっているので、よい状態に保つには血流をよくすることが大切です。体が冷えると血流が悪くなるので、子宮や卵巣に届く酸素や栄養が不十分になります。

不妊の大きな原因となっている冷えですが、実はストレスは冷えを招きます。血流を調整しているのは自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は主に日中に活発に働き、副交感神経は就寝中などリラックスしているときに活発に働きます。

ストレスがかかると交感神経が活発になります。交感神経が活発になると血管が収縮して、血流が悪くなってしまうのです。

ストレスには精神的ストレスと物理的ストレスがあります。仕事や人間関係など精神面に影響を与えるものが精神的ストレス、寒さや熱さ、低気圧や高気圧など環境が影響するものが物理的ストレスです。

精神的ストレスと物理的ストレスの両方が冷えを招きます。特に冷房が効き過ぎていたり、冬場に寒くても暖房をつけないなどは、ストレスで冷えを招くと同時に、気温が低いことでも冷えを招くので注意をしましょう。

ストレスが原因で不妊になる▶︎自分の時間を作る

不妊は自分の時間を作ることが大切

このようにストレスは不妊の大きな原因となります。では、どのようにストレスに対処をしたらいいのでしょうか。

生きていればストレスを完全になくすことはできません。ストレスをなくそうとしても無理なので、ストレスと上手に付き合っていくことにしましょう。

一度振り返ってみてください。自分だけの時間を持っていますか。家事や仕事などに追われて、自分が好きなことをする時間を持っていないことも多いのではないでしょうか。

1日5分だけでもいいので、自分だけの時間を作りましょう。「家事や仕事で忙しくて時間なんて取れない」場合でも、5分程度なら自分だけの時間を作ることができるはずです。

たとえば、お風呂に入っているときは自分だけの時間を作りやすいですよね。トレイも一人だけの空間なので、わずかな時間ですが自分だけの時間を持つことができます。

5分間ぼーっとしているだけでも構いません。とにかく、自分だけの時間を作ることから始めてみましょう。10分、20分と長く時間を作れるようなら、その時間にやりたかったことをやってみるのもいいですね。読みたかった本を読む、アロマを楽しむ、散歩をするなど、自分の時間を楽しんでください。

ストレスが原因で不妊になる▶︎人に相談する

不妊を人に相談してストレス解消

人と会話をすることもストレス解消法としておすすめです。不妊の悩みを一人で抱えていると辛くありませんか。ストレスにもなりますよね。そんなときは、親しい友人や知人などに話しを聞いてもらうとよいでしょう。

自分の頭の中だけで考えているともやもやとしてしまいます。同じことを何度も繰り返し考えてしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、他人に話すことで自分の考えをまとめることができます。自分が言ったことを耳で聞き取り、気持ちに整理をつけることができるのです。

身近に相談できる人がいないのであれば、専門家に相談をしてみてはどうでしょうか。不妊治療をしているのであれば、担当の医師に話しを聞いてもらいましょう。

医師にも相談をしにくいなら、日記に書いてみましょう。思っていることを好きなように書くだけでも、ストレス発散に役立ちますよ。

妊娠したいと思うのであれば、ストレスをできるだけ軽減できるようにしていきましょうね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top