Raffiness

Lifestyle media for women

これで夏も安心!産後の脇の黒ずみの原因と重要な3つの対処法

これで夏も安心!産後の脇の黒ずみの原因と重要な3つの対処法

毎日の育児も大変ですよね。特に夏場は汗も良くかきます。夏の育児、授乳もあるし誰も来ないし、今日はノースリーブでいっかぁ。

脇の下も汗かいてるなぁと覗き込んだ時、「えーっ、何この黒ずみ!」

ノースリーブ着てる場合じゃないし。どうしよう。と焦ってはいませんか?

これじゃ、半袖も着れないかも。

と落胆しているママに、「脇の黒ずみ」対策を教えちゃいます。

今日からの脇のお手入れで、ノースリーブで赤ちゃん抱っこやつり革も怖くない、最強の自慢脇を手に入れてみませんか?

産後の脇の黒ずみはどうして出来ちゃうの?

産後の脇の黒ずみの原因

産後の脇の黒ずみで悩んでいる女性は多く、その原因は女性ホルモンだと言われています。

妊娠から出産へ向けての女性ホルモンの増加から減少は、誰にでも起こるため、多かれ少なかれ、肌のトラブルで悩んでいるママも多くなるのです。

妊娠中に急激に分泌量が増大する、エストロゲンとプロゲステロンには、肌を守ろうとする働きもあります。このホルモンの増加がメラニン色素を刺激して、黒ずみを表に出してしまいます。

脇の下だけではなく、乳首や乳輪や陰部なども、元々メラニン色素が多いためにさらに黒ずみが増して黒さを感じてしまうのです。

また、メラニン色素は太い毛が生えるところに多くあるので、脇は特に目立つ事もあります。

メラニン色素は悪い物として考えられがちですが、紫外線や外的刺激からの攻撃をメラニン色素が肌細胞を守ってくれています。

数が増えると肌色が黒く見えるので、メラニン色素が肌に溜まってしまい、くすんだ肌細胞を排出する事が、肌の黒ずみを取り除く手段に繋がりますね。

産後の脇の黒ずみの対策

産後の脇の黒ずみの対策

女性ホルモンの影響が大きい脇の黒ずみ問題。

この原因であるのなら、出産後約6か月以降から徐々にホルモンバランスが整い始めると、自然に黒ずみは薄らいでくる場合が多いので、あまり神経質にならない方が良いでしょう。

しかし、もうすぐ夏が来るし。

ノースリーブ着たいし。

出来るだけ早く治せないの〜と思っているママさんのために、対策法をご紹介します。

黒ずみの原因は「メラニン色素の刺激・肌が受ける刺激」となります。

この刺激を発生させる主な原因物質は、紫外線・摩擦・乾燥・圧迫・下着類や衣類などが考えられます。

脇の下は、年中腕を動かす際の摩擦や強い日差しからの紫外線、衣類の摩擦もあり、常に黒ずみの危機を感じていてる場所ですよね。

よって、脇の下は日頃からの黒ずみケアが大切になります。

産後の脇の黒ずみに必要な対策は「新陳代謝の促進」

産後の脇の黒ずみには新陳代謝促進

様々な刺激を受けて、黒ずんだ肌細胞をや角質を素早く除去して、新しい肌細胞に変更できると、お肌は白くなっていきます。

この肌の新陳代謝、20代くらいではどんどん行えますが、40代ともなるとターンオーバーも遅れます。

すると徐々に黒んだ肌が残り、黒ずみが上塗りされる感じで肌も黒ずんでしまうのです。

新陳代謝を促進するには十分な睡眠を

新陳代謝を促すためには、睡眠不足の解消が必要です。

睡眠不足の解消はストレスを軽減し、また質の良い睡眠を心がける事で22時から02時頃に分泌される「成長ホルモン」の恩恵を受ける事も出来ます。

脇の黒ずみ対策だけでなく、睡眠はお肌の調子を整える大切なお薬です。

ぜひ12時にはゆっくり休めるスケジュールを作って下さいね。

産後でなかなか眠れないとお悩みでしたら、こちらの記事も参考にしてみてください。

産後の眠れない症状はどうしたらいい?体調不良になる前の対策とは?

 

専用のクリームで産後の脇の黒ずみを解消

また、ご自身に合った黒ずみ専用のクリームでケアすることで、保湿と血行をアップします。

出産後皮膚の状態は乾燥していて、トラブルを招きやすくなっています。

そのトラブルを放置していると、傷が深くなりダメージを受けると色素沈着などを引き起こして、結果黒くあざの様になってしまいます。

クリームでのマッサージは、皮膚の組織に必要な成分をすり込むと同時にマッサージ効果で、血流もアップ。栄養も運んでくれるようになり、肌も潤ってきます。

妊娠線用のクリームも黒ずみ用クリームと同等の効果があるので、残っている場合はそちらを代用しても良いですね。

継続は力なり。

少しずつでも脇の下白くなっていくと、嬉しくなりますよね。

これから新しいものを使ってみたい!という方には、脇の黒ずみにおすすめのジェルをご紹介。

美白・黒ずみ用の商品はたくさんありますが、こちらは脇の黒ずみに特化したジェル。

従来のボトルタイプだと、手ですくうと爪に入ったりして面倒でしたがこちらは片手でも簡単のワンプッシュ。空気に触れないので清潔ですし、量もボトルタイプの2倍!

かみそりでの処理、乾燥、エステでの熱処理、摩擦、汗などによるムレでダメージを受けたワキをたっぷり保湿し、美白へと導きます。

毎日、着替える前やお風呂あがりに、片手でプッシュして塗り込むだけ。エステに行くよりお得ですよね。

また、ワキ以外の黒ずみが気になる場所にも使えます。

ひじ・ひざ、バストトップ、お尻やVラインなど、あなたが気になる箇所を集中的にケア。

オシャレなパッケージで、黒ずみ用とは思えません。

ピューレパール 初回購入プログラム

毎日ケア、夏に向けて、結婚式へ向けて…

全身用美容ジェルとしてたっぷり使ってみませんか?

ピューレパール 初回購入プログラムを見てみる

また、より集中したワキの黒ずみケアには「ピンキッシュボーテ(脇)」もあります。

こちらも全身に使えるのですが、サイズが小さいためワキに集中して使うことをおすすめします。

このような商品は、1回2回使用しただけでは効果がわかりませんよね。なので、実質0円(送料650円のみ負担)ではじめられるとてもお得なコースがあります。

とりあえず試してみたい方にはおすすめです。

気になるほうを試すのもよし、2つとも試してみるのもよし、です!

ちなみに脇の除毛はどうしたらいいの?

産後のわきの下。黒ずみの他にもう一つ気になる事「除毛」があります。

放っておいても、ボーボーと生えるし、悩みの種ですね。

本来黒ずみのケアの基本は、刺激を与えない事が一番です。ジョリジョリと週に何度もカミソリでの処理はご法度。

なので電気シェーバーがおすすめです。

カミソリでは傷が出来るリスクが上がり、そこから細菌が入り炎症を起こすと、また黒ずみが増えちゃいます。やさしく・丁寧に・軽くで脇の処理を行いましょう。

処理の仕方としては「剃る」にして下さいね。

「抜く」は最も肌に負担をかける手段となり、皮膚のタルミにもつながります。処理後は、保湿を忘れずに!

まとめ

ここまで産後の脇の黒ずみについてお話しました。

産後は育児もあって毎日忙しいですよね。それなのに、ホルモンの影響でママには色んなトラブルが発生しやすくなります。

トラブルの中でもお肌に関する事は、外見からわかる事もあって辛いですよね。

脇だって、毎日手を何度上げ下げするか分かんないから、出来ればきれいな脇でいたい。

そのお気持ち良く分かります!

毎日のケアは大変でしょうが、除毛をはじめ肌への刺激を少なくし、紫外線対策も気をつけながら、美しい脇の下をゲットしたあなたは、きっとお肌もツルツル。

どこか自信も持てて素敵なママさんになっていると思いますよ。

産後のシミ・そばかす対策!これ以上シミを増やさない3つの方法とは?

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top