Raffiness

Lifestyle media for women

葉酸サプリ比較16個!妊活中おすすめと選び方、メリットデメリットまとめ

葉酸サプリ比較16個!妊活中おすすめと選び方、メリットデメリットまとめ

「葉酸」「葉酸サプリ」という単語は、妊活を意識し始めると気になる言葉ですよね。

でも、そもそも葉酸って何?どんな効能があって、どんな働きがあるの?値段は高いの?続けられる?たくさんありすぎて選べない…

などなど、たくさんの疑問が浮かびます。

その疑問を解消するために、葉酸サプリについてのあなたが知りたい情報を詰め込みました。

初めて飲む方、試してみたい方にもおすすめのサプリについても取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊活中の方注目!葉酸サプリは妊婦だけのものじゃない?葉酸のパワーに迫る!

葉酸は妊婦さんものというイメージがあります。しかし、実は「妊活中の女性」にも大変役立ってくれるものなのです。

この記事では、そもそも葉酸がどんな働きをするのか、飲むならどんな葉酸サプリがいいのかについてご紹介していきます。

葉酸って何?なぜ葉酸を積極的に摂取しなければならないの?

葉酸とは、ビタミンB群に分類される栄養素です。人間の身体の中ではタンパク質の生成の関与しており、細胞の新陳代謝を活性化する働きがあります。

他には、赤血球数を増やし、血液の流れをスムーズにする働きも葉酸の主な働きです。

「葉酸は、妊婦さんがおなかの赤ちゃんのために摂取するもの」、と思っている人も多いかもしれません。しかし、葉酸は妊活中にある女性にとっても欠かせない重要な栄養素です。

自分のおなかにやってくるかもしれない赤ちゃんのため、今から“身体作り”をしておきたい人にとっても、有益な栄養素なのです。

赤ちゃんの成長をサポートする葉酸

まずは、葉酸が「妊婦さんに必要な栄養素」と、呼ばれる理由から見ていきましょう。葉酸はとても重要な働きをしており、もし、この葉酸が不足してしまうと、

・先天性異常(二分脊椎、無脳症、神経管閉鎖障害)
・貧血
・母乳が出ない

などのトラブルを招く可能性が出てしまうのです。

葉酸は、赤ちゃんの脳と脊椎の成長を促したり、血液を作ったりする働きを担う栄養素。母子ともに重要な役割を果たします。

もちろん、葉酸を摂っていればトラブルを防げるといい切れるわけではありません。

しかし、葉酸摂取でトラブルやリスクを減らせることは近年の研究結果からも明らかです。

必要量は時期によって違う?

赤ちゃんのためにも積極的に取り入れてほしい葉酸ですが、その必要量は、非妊娠時・妊娠中・出産後と、タイミングによって変動します。

そこで参考にしたいのが厚生労働省のデータです。

・非妊娠時<成人>:200μg
・妊娠中:400μg(480μg)
・授乳中:280μg(340μg)

※()内の数字は推奨量ですので、2倍以上の葉酸摂取が理想です。
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会報告書│厚生労働省」
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000114401.pdf

上記を見ると、妊娠中は非妊娠時の2倍、一番多くの葉酸が必要だということがわかります。

一方で葉酸の上限は1000μgです。過剰摂取すると発熱や蕁麻疹、呼吸障害など、葉酸過敏症の可能性が出てきます。

葉酸は食材からでは不十分?

葉酸の必要量、推奨量を知ったところで、ここからは葉酸を多く含む食材にも触れておきましょう。

<葉酸を多く含む食品>
・ブロッコリー (葉酸120μg/100g)
・グリーンアスパラガス(葉酸45μg/1本)
・ロールパン(葉酸23μg/2個)
・アボカド(葉酸84μg/100g)
・いちご(葉酸68μg/75g)
・ネーブルオレンジ(葉酸34μg/1個)

中でも皮をむく必要もなく手軽に食べられるいちごは、2〜3粒で68μgの葉酸が摂取できます。

しかし、厚生労働省が妊婦に対して推奨する1日の葉酸の摂取量は480μgです。もし、いちごだけで葉酸を摂取しようとすれば、20粒近いいちごを摂取しなければいけないという計算に……。ブロッコリーなら400g、アボカドなら3個弱です。

また、葉酸だけに着目して食品を食べれば、カロリーオーバーにつながる可能性もあります。葉酸は熱で減少しやすく、水に溶け出す特性もあるため、食品から葉酸を効率的に摂取することは簡単ではありません。

では、世の中のママたちは、どう対処しているのか――。そこで登場するのが葉酸サプリです。葉酸サプリなら、1日に必要な量の葉酸をしっかりと摂取することができ、カロリーオーバーや栄養バランスの乱れなども防ぐことができます。

葉酸サプリのメリット・デメリット

葉酸サプリのメリットは、効率的に葉酸が摂取できることです。つわりなどで食事ができないときにも、赤ちゃんに必要な葉酸を摂取することができます。

一方、デメリットには「お金がかかること」「成分に注意が必要なこと」が挙げられます。妊娠中〜授乳中まで必要となる葉酸サプリは、長期に渡って飲み続けるもの。経済的負担は無視できません。

また、葉酸サプリといってもさまざまな種類があり、サプリ選びは慎重にする必要があります。

次は、葉酸サプリ選びに役立つ、有効成分の知識についてご紹介していきましょう。

葉酸サプリ有効成分の種類

葉酸サプリに含まれる葉酸には、ポリグルタミン酸型葉酸と、モノグルタミン酸型葉酸の2種類があります。

ポリグルタミン酸型葉酸は合成葉酸とも呼ばれ、グルタミン酸の結合が1つだけの葉酸です。このモノグルタミン酸型葉酸は身体に吸収されやすいという特徴があり、このタイプの葉酸の吸収率は8割を越えます。

一方、ポリグルタミン酸型葉酸は天然葉酸と呼ばれ、複数のグルタミン酸が結合している葉酸です。ほうれん草などの食物に多く含まれる栄養素ですが、実は身体への吸収率は低く、50%程度しかありません。

なんでも“天然がいい”と思われるかもしれませんが、葉酸に関しては実は合成葉酸の方が身体に吸収されやすいという特徴があります。

葉酸サプリを選ぶときのポイント

葉酸サプリを選ぶなら、以下のポイントを抑えて選ぶといいでしょう。

葉酸+ビタミンなど、含まれる栄養素で選ぶ

葉酸サプリには、葉酸以外にも複数の栄養素が含まれています。

例えば、ビタミンや亜鉛は、葉酸サプリに含有されていることが多い栄養素です。実は、ビタミンB12やビタミンC、ビタミンB6やビタミンB2は、葉酸の吸収率をサポートする栄養素とも言われていて、多くの葉酸サプリにも含有されています。せっかく選ぶなら、これらの栄養素が豊富に選ばれているサプリメントがいいでしょう。

のみやすさで選ぶ

つわりがひどい妊婦さんは、食べ物や飲み物がのどを通らないこともあるのではないでしょうか。その場合、なるべく飲みやすいサプリを選ぶのがおすすめです。

・サプリメントの粒が大きい
・何粒も飲まなければいけない
・ニオイが気になる

といった意見は、妊婦さんから多く聞かれるサプリメントへの不満です。あなたにも当てはまる項目はありませんか?

葉酸サプリは毎日飲むものなので、飲む習慣を苦に感じることのないよう大きさやニオイにも注目して選びましょう。

青汁タイプのものでは、つわり中は飲むのがツラいかもしれませんね。

続けやすさで選ぶ

長期間続ける葉酸サプリは質もこだわりたいところですが、お値段も気になるものです。

お財布と相談しながら、現実的に検討していくといいでしょう。定期購入だと安くなるケースが多いので、家計に負担をかけたくないなら定期購入にするといいかもしれません。定期購入は買い忘れを防げるのでおすすめです。

ただし、定期購入購入での申込みの場合、途中解約に関する規約に注意してください。解約料がかからない商品もありますが、解約料が必要なサプリもあります。

葉酸サプリ商品の比較

ここまで、葉酸サプリの必要性や選び方をご説明してきました。

ここからは各商品を比較しながら、サプリ選びのサポートとなるような情報をご紹介していきましょう。

URL 含有成分など 価格 1日あたりの価格 特徴
愛され葉酸 葉酸,鉄分、乳酸菌、カルシウム、DHA、ポリアミン、ビタミン、ミネラル 定期購入4,980円(初回980円)通常7,980円 166円(1日3粒、直径7mm) 小粒で飲みやすいのが特徴。初回980円とお手軽価格で試せるのはポイント。

すくすく葉酸サプリ
葉酸、鉄分、野菜36種、ビタミンミネラル、乳酸菌、美容成分等 定期購入4,980円、通常8,100円 166円(1日4粒) 小粒丸状タブレットで飲みやすく、100%国産無添加で安心。ビタミンミネラルも豊富。


イソラコン
高い吸収力が自慢のイソフラボンで妊娠しやすい体づくりを応援します!
イソフラボン、葉酸、ビタミンB12 定期購入5,130円(初回3,650円)通常6,156円 171円(1日3粒) 妊活中にもおすすめのイソフラボン含有の葉酸サプリ。女性特有のお悩みにも。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ
酵母葉酸、ビタミンミネラル27種、鉄分、カルシウム、野菜21種、アミノ酸、DHA、EPA等 定期購入3,980円、通常5,980円 約132円 (1日4粒、1粒の大きさ0.9cm) 徹底した品質管理、成分クオリティも高い。安定した人気を誇る葉酸サプリ。CMも放送中。

kodakara
葉酸、たんぽぽ、マカ、ローヤルゼリー、鉄、亜鉛酵母、冬虫夏草、α-リポ酸等 定期購入7,980円(初回2,980円)通常17,800円 266円(1日6粒、直径0.9cm、厚さ0.5cm) たんぽぽやマカなどの魅力的な成分はあるが、天然葉酸であるため、吸収率は劣る。

オーガニックレーベルの葉酸
葉酸、自然派ビタミン・ミネラル、たんぽぽ、ざくろ、ショウガ等 定期購入3,960円(初回実質送料500円のみ)通常4,400円 132円(1日2粒、大きさ0.8cm) オーガニックが魅力のサプリ。そのため、葉酸も天然葉酸で吸収率は劣る。1回2粒なのはうれしい。

葉酸の恵み
酵母含有葉酸、鉄分、カルシウム、マカ、大豆イソフラボン、マグネシウム等 初回2,980円、通常3,980円 約132円 (1日3粒) 小粒のハードカプセルで、ニオイに敏感でも飲みやすい。鉄分やカルシウムなども含有。



8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】
葉酸、日本産マカ、スピルリナ、金時しょうが、GABA、DHA、PA等 定期購入5,980円(初回3,980円)通常6,580円 約199円(1日4粒) 妊活専門の管理栄養士が作った、オールインワン妊活サプリ。妊活中から飲める。国産マカやスピルリナ、DHA、GABAなど豊富な成分も魅力な点。



葉酸栄養機能食品。食物繊維も豊富。子供も安心して飲める!高橋ミカの美力青汁healthy(ヘルシー)
葉酸(200μg)、オリゴ糖4種、乳酸菌(EC-12菌)、酵母鉄 定期購入3,145円、通常3,700円 約104円 (1日1包) 青汁タイプ。1包に含まれる葉酸は200μg。カフェイン0。オリゴ糖や乳酸菌も含まれ便秘に悩みやすい妊婦さんには嬉しい。

藤原紀香さんなど、女優やモデルを多く手がけたゴッドハンドで有名な高橋ミカさん監修の青汁。




【夫婦で妊活!】青汁typeのミトコンドリアサプリ 購入はコチラから
葉酸、亜鉛(200μg)、コエンザイムQ10、L-カルニチン、L-シトルリン等 定期購入7,344円(初回4,500円)通常9,000円 約244円(1日2袋) ミトコンドリアのケアに着目した青汁タイプ。女性のみならず、男性にもおすすめ。



チャーティ
葉酸、ビタミンE、オスゲニン、5-アミノレブリン酸、リン酸塩等 定期購入5,625円、通常7,500円 約187円(1カプセル、1日5カプセル) 妊活中の方にも。3種類のサプリを1袋に封入している珍しいタイプ。個装だから持ち歩きやすい。



ママ活栄養補助サプリ ここる
葉酸、マカ、ピニトール、亜鉛酵母、ショウガ、きび酢、沖縄珊瑚カルシウム等 定期購入4,280円(初回2,980円)通常6,280円 約142円 (1日4粒) 食生活の不足を補うことで妊活・出産までをサポートしてくれるサプリ。



SAZUKARU
葉酸、西洋タンポポ抽出物、ザクロ、フラクトオリゴ糖、ステアリン酸カルシウム等 定期購入3,480円(初回2,980円)通常4,980円 116円(1日3粒) 妊活のための体質改善からサポートする葉酸サプリ。



ミトコンドリアで妊活「ベビウェル」
葉酸、オリゴ乳酸、オレアビータ、マカ、馬プラセンタ 定期購入12,800円、通常16,000円 約426円(1日3粒、直径0.8cm) ミトコンドリアの活性をサポートしてくれるサプリ。



NINCaL(ニンカル
葉酸(540μg)、善玉カルシウム、亜鉛、水素、セイヨウタンポポ、ローヤルゼリー等 定期購入8,560円(初回6,980円)通常11,500円 約232円 (1日6粒) カルシウムに着目したサプリ。葉酸は540μgと葉酸サプリの中でも豊富に含有。



【BABY葉酸~ママのめぐみ~】
葉酸、カルシウム、ビタミン・ミネラル、発酵植物酵素、鉄分、馬プラセンタ等 定期購入4,980円、通常6,980円 約124円 (1日4粒、直径0.9cm、厚さ0.3cm) 分包パッケージで持ち歩きやすい。鉄分も20mgと豊富に配合。

※葉酸の含有量が未記載のものは、一律400μg

一覧にしてみると、とにかくいろんな葉酸サプリがあることがわかります。ママの事を思って、各社いろんな成分を配合していますよね。

ママ思いということで取りあげると、「ベルタ葉酸」です。お客様サポートチームで働くスタッフは全員出産や授乳育児経験のあるスタッフという徹底ぶりで、ママに親身なサプリメーカーということが体制からもわかります。

また、他の商品と比較したとき、1日あたり約132円とお安めであることもとても魅力的です。妊娠前・妊娠中・授乳中も摂取し続けたい葉酸サプリですので、家計へのやさしさという点でもおすすめしたいのが、この「ベルタ葉酸」です。

詳しく見てみる方はこちらから。

 

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

葉酸サプリの飲み方と注意点

ここからは、葉酸サプリの飲み方・注意点についてご紹介していきます。

妊活をしている人はいつから飲むの?

妊活をしているなら、いますぐにでも飲み始めるのがいいです。

妊娠がわかる時期は、人によってさまざま。葉酸はとくに妊娠3ヶ月までにしっかり摂ってもらいたい栄養素ですので、妊娠する計画があるなら、なるべく早くから飲み始めるのをおすすめします。

葉酸は妊活をサポートする成分でもありますので、妊娠しやすい身体づくりにも必要な栄養素です。

1日のうち、飲むのに適したタイミングはいつ?

葉酸サプリを飲むタイミングについては、サプリメント製造会社が勧めるタイミングに従いましょう。

サプリメントによっては食前に飲むことを勧めるもの、食後や食間に勧めるものもあります。

飲み方などの記載をよく読んで、その指示に従うのが一番です。

葉酸と一緒に摂取してはならないものは何?

製造会社の注意書きには、「水かぬるま湯で」と書かれていることがほとんどです。

その指示に従って飲みましょう。カフェインが含まれているお茶やコーヒーなどと一緒に飲むと、せっかくの成分が体内に吸収されないこともあるのでご注意を。

妊婦さん以外にも、葉酸サプリは必要?

妊婦さんが摂取するイメージのある葉酸ですが、実は健康のために飲むのもおすすめです。

・貧血
・うつ病
・動脈硬化、高血圧
・認知症
・がんリスク
・眼精疲労
・肩こり
・肌荒れ

上記の症状改善や病気治療にあたっているなら、葉酸がいいサポート役になってくれるかもしれません。

他にも、髪にハリを与えたり、薄毛予防になるなど、美容面でのサポートも期待できます。

痩せやすい身体づくりにもおすすめで、ダイエット中の方も積極的に摂取したいのが葉酸です。

健康のために飲んでいる人の感想は?

健康目的のために飲んでいる人がいるのか見てみると、結構いるんですね!

利用者の感想もこちらではご紹介しておきましょう。

本来は女性向けだとは思いますけど、
むろん男性が摂っていけないことはありません。
二次的な目的は寝起きが悪いので、これを改善することなんです。
摂りはじめて2週間ぐらいは何も感じられませんでしたが、
そこを過ぎる頃からなにかしら寝起きがすっきりするようになりました。

引用元:「葉酸と鉄が不足がちな方に│価格.comレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000569636/#tab

 

特に大きな一粒でもなく飲みやすかったです。
一日一粒でいいので簡単に摂取できるところもよかったと思います。
妊娠中の女性が飲むようなイメージがありますが、悪性貧血や口内炎などにも効くようなので、あまり野菜が摂取できていないなあというときに飲んでもいいかもしれません。

引用元:「のみやすかった|価格.comレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000569638/#tab

まとめ

葉酸は妊婦さんはもちろん、妊活中のご夫婦、健康に悩みのある方にもおすすめします。

葉酸について特に覚えておいてほしいのは、以下5つのポイントです。

1.先天性異常などを防ぐためにも妊娠中は葉酸480μg/1日が推奨量

2.天然葉酸より合成葉酸の方が吸収されやすい。よって葉酸サプリがおすすめ

3.葉酸サプリは飲みやすさ、続けやすさなども考慮して選ぶ

4.サポート面・費用面でも魅力的なのは「ベルタ葉酸」

5.健康維持のためにも葉酸サプリは役立つ

妊活だけでなく、健康目的でも有効な葉酸サプリ。錠剤を飲むことに抵抗がある方は、飲みやすい青汁タイプがおすすめです。パートナーにもすすめやすいですよね。

ぜひ、気になったものはお試ししてみてくださいね。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top