Raffiness

Lifestyle media for women

妊活と仕事の両立が厳しい!どちらかやめたいと思った時の対処法とは?

妊活と仕事の両立が厳しい!どちらかやめたいと思った時の対処法とは?

人生なかなか思う様にはいかないですよね。

仕事をして結婚。ここまでは何とかスムーズ来たような気がしますが、仕事しながらの妊娠となると、ちょっと難しくなってしまいます。

女性の社会進出も増え、バリバリ働いている女性も多くなりました。

初婚の平均年齢は29歳、初産の平均年齢も30歳となり、徐々に年齢も高齢化に。

妊活のスタートラインが、高齢出産と言われる35歳オーバーになっている事も少なくありません。

仕事と両立しての妊活も、女性にとっては道のりは険しくなります。

「仕事との両立ムリー!」

と叫びたくなる気持ちも分かります。

私は不妊治療の時間がかかりそうだと思い、会社を退職しました。今でもこの判断が正しかったか?否か?と思いますが・・。

今回は、仕事と妊活との両立を悩んでいる方に、お役に立てるお話をしていきたいと思います。

時は戻らない。妊活で仕事をやめた時のメリットとデメリットとは?

妊活で仕事をやめるメリットとデメリット

本当は仕事も妊活もどちらも続けたい、分かります。でも、どちらも同じようにフルパワーで行う事は、体力が持ちません。

仕事も妊活も個人的な問題だけでなく、相手が関わる事になる事なので大変です。

あなたの年齢はいくつですか?

妊娠する事は年齢が大きく関わってきます。

女性の妊娠出来る期間は短く、35歳過ぎると卵子の状態が劣化する事もあって、妊娠出来る確率は低下しますし、不妊治療も年齢に比例し、時間とお金も多くかかる傾向にあります。

あなたの年齢がいくつなのかによって、妊娠への坂道の角度は変わってきます。

時間は戻ってきません。

ここで、もしあなたが仕事をやめると決めた場合のメリットとデメリットを考えてみました。

メリット

  1. 妊活のスケジュールに合わせる事が出来て、ストレス軽減
  2. ストレス軽減から、ホルモンバランスが整い妊娠へ有利
  3. 時間に余裕が出来、妊娠しやすい体作りに専念できる
  4. 睡眠時間もしっかり確保できる
  5. パートナーとも話し合いの時間がもてる

デメリット

  1. 収入がなくなり経済的に不安定
  2. 治療費がネックになり治療断念
  3. 生活が妊活になってしまい、失敗した時のダメージ大きい
  4. 妊活に焦り再就職の難しさやキャリアの崩壊

どうですか?本当に悩ましい問題ですね。

妊活と仕事、どちらか諦めなきゃいけないの?仕事を続けられる方法とは?

妊活をしながら仕事を続けられる職場

先ほどの仕事をやめた際のメリットとデメリットを見ていると、仕事を出来るだけ辞めずに、出来れば妊活したいと思いますよね。

仕事を続けたいあなたと、仕事を続けて欲しい企業側、こんな相思相愛の場合は双方の歩み寄りで、仕事と妊活の両立が可能になるかもしれません。

どんな関係性をお互いがとれば良いのでしょうか?

1.まず、今の職場の理解を得ましょう

仕事ではコミュニケーションが大切。コソコソと何も伝えずに早退や遅刻は、不信感を抱き、あなたもマイナスイメージ。

「今、妊活していて」「不妊治療していて、迷惑おかけします」

と一声かける事で理解は広がっていきます。

しかし、不妊治療は長引く可能性もあります。

治療に時間がかかったりしてくると、初めは理解があった人も困惑してきます。

そんな時には、少し仕事内容が緩やかな部署への異動や、正社員からパート勤務への転向も、頭に入れて職場での孤立を避けましょう。

2.なるべく時間のロスや欠勤などを増えない考慮を心がけましょう

勤務中の不在時間をなるべく少なくするためにも、職場の近くの病院だったり、移動時間を短くするために、自家用車を利用しましょう。

また、産婦人科はお産に医師が入ると、思いかけず待ち時間が長くなります。

不妊専門外来やお産を扱っていない病院を選ぶのも良いですね。欠勤する場合も、なるべく繁忙な時期を避ける事も大切です。

あなたと企業側の関係を良好にする事が、仕事との両立を叶えてくれます。

妊活と仕事との両立、ストレスに勝つ丈夫な体作りをしましょう

妊活と仕事の両立

仕事と妊活を両立するのは、すごく大変です。

あちこちに気を使い、ストレスは半端なくあなたに襲いかかってくるでしょう。そんな大変な時期でも、あなたは負けるわけにはいかないのです。

ストレスに打ち勝つ、強い体作りをする事は妊娠へも近づきます。

この時期のストレスはとても大きく、影響も出やすくなります。

タンパク質・ミネラル・ビタミン摂取はもちろん。ストレスに強い栄養素を体に取り入れ、負けない力を増やしましょう。

中でも、ビタミンCとマグネシウムは必須ですよ。

1.ビタミンC

ビタミンCはストレスに対抗するホルモン「副腎皮質ホルモン」の生成に必要で、ストレスが大量にビタミンCを奪うので、意識して摂取して下さい。

ビタミンCを多く含む食材はアセロラ・レモン・キウイ・赤ピーマン・黄ピーマンなどです。

2.マグネシウム

マグネシウムはストレスに効果を発揮し、ビタミンC同様ストレスで多く奪われてしまうので、積極的に摂取しましょう。

マグネシウムは、大豆食品・魚介類・海藻などに多く含まれています。

マグネシウムを多く含む食材はなまこ・油揚げ・しらすぼし・あさり・納豆などです。

バランスのとれた食事で、ストレスをやっつけましょう!

妊活と仕事の両立はバランスが重要

妊活と仕事の両立の難しさについてお話しました。

妊活の範囲は、基礎体温や経口剤の排卵誘発剤との併用で「タイミング療法」をされている方もいれば、「体外受精」などをしている方と様々です。

治療によっての時間の拘束や、体への負担も異なり一概に同じ様な見解は難しいのですが、仕事との両立のカギはバランスです。

どちらも同じ力量で、ほどほどに行う事が出来なければ、どちらも失敗してしまいます。

職場の協力やあなたの気遣いで良好な関係を保ち、この時期の大きなストレスを食事でやっつけて、体も心も健康に維持する事が、安定した妊活を送れる秘訣ではないでしょうか?

ここまで読んで下さったあなたの妊活が実を結びますように。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top