Raffiness

Lifestyle media for women

妊活中はお風呂が大切!温活入浴の仕方と入浴が楽しくなるアイテム3選

妊活中はお風呂が大切!温活入浴の仕方と入浴が楽しくなるアイテム3選

お風呂好きな方も嫌いな方も、お風呂は生活の中で清潔に体を保つためにも必要ですし、リラックス効果もあります。

特に女性はお風呂に時間やお金を使っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、中には男性並みに湯船に浸からず、サッーツと済ませるシャワー派の方もいるかもしれませんが、そのシャワーだけの入浴、妊活中はダメですよ。

実は妊活中のお風呂ってすごく大切なんです。

お風呂にゆっくり浸かり体を温めて冷えを解消したり予防する事で、妊娠する可能性も高くなります。

昨日までシャワー派だったあなたも是非、湯船にお湯を溜めて入浴をしましょう。

今回は入浴で温活する「温活入浴」の入り方もご紹介します。

温活入浴で不妊の原因冷えを解消して、妊娠しやすい体づくりの一つを手に入れましょう。

そして湯船に浸かりながら、赤ちゃんとの生活など楽しいイメージを膨らませて下さいね。

妊活中はお風呂が大切!温活入浴の入り方とその効能

妊活中のお風呂の効果

温活入浴で大切な事は、体温を急激に上げない事です。

体温を急激に上げてしまうと、心臓に負担がかかり結果体の芯まで温まりません。ちょっとぬるめのお湯38~40度位で20分ほど、湯船にゆっくり浸かりましょう。

急いで温まってしまおうと、42度位のお湯には決して浸からないで下さい!

高温のお湯では、自律神経の交感神経が優位に立ちリラックス出来ない他にも、血管を収縮してしまいます。これでは全身に血液が巡りません。

また、のぼせの原因となります。ふらつきを起こすと危険ですのでやめましょう。

40度までの湯船に浸かる事は、副交感神経を優位にさせ、リラックス効果もあり血管を拡張するので、十分に血液が体中を巡り温まります。

その他の効能としては、副交感神経が優位になりリラックスする事で、ストレスが軽減されます。

ストレスが軽減すると、睡眠の質が上がり深夜の成長ホルモンの分泌も有効に取り入れられる様になります。

すると卵子の劣化を防ぐ事もでき、妊娠へも効果的です。

湯船に浸かり、深呼吸することも心が落ち着きますよ。

妊活中はお風呂が大切!入浴タイムを楽しくするアイテム

妊活中のお風呂が楽しくなるアイテム

ちょっとぬるめの湯船にゆっくりと浸かる事で全身の血行が良くなり、体が温まる「温活入浴」。

何もせずに目を閉じて瞑想も良いですが、入浴タイムをちょっといい感じに過ごしたいと思いませんか?

こんな入浴タイムアイテムはいかがでしょう?

1.入浴剤・バスソルト

お気に入りの香りや、湯船を彩る綺麗な色は心身ともにリラックスできます。体を温める効果がある「ショウガ」のエキスが配合された入浴剤もあります。

バスソルトでお肌ツルツルも良いですし、時には贅沢にちょっと高価な入浴剤もテンション上がりますね。

2.音楽

ボッーとしたい時やリラックスする時に、お気に入りの音楽は気分を落ち着かせてくれます。歌詞が無い音楽のみの曲もオススメです。

楽しい事や嬉しい事想像してゆっくり過ごすのもいいですね。

3.読書

現在、半身浴などを好む方も多いので、入浴中に本を快適に読むことが出来るアイテムも多く販売されています。

普段の活字離れの解消にも読書いかがですか?

4.その他

その他入浴グッズとして、バスピローやコリをほぐすマッサージグッズなどを取り入れてみるのも、入浴タイムが楽しくなりますね。

何故、冷えが妊娠する事に繋がらなくて、悪い事なのでしょうか?

妊活中のお風呂で冷え性改善

突然ですが、あなたの平熱の体温は高い方ですか低い方ですか?

平熱の体温が高い方36.8度程の体温は、体を守る力が備わっていて体力のある方が多くいます。

逆に平熱体温が35.8度程の低体温の方は、体に不調が出やすくガンなどの病気も発症しやすいと言われています。

この事からも体温を高く保つ事は健康に有効に働きます。

妊娠も同じく冷えが大敵。特に卵子は冷えに弱いのです。血流を改善し全身の血行を良くする事で、卵子も元気に育つ環境が整います。

冬場はもちろん寒いので防寒をして過ごしますが、夏場とても冷えを感じる空間にいませんか?

職場や店舗や自宅でもクーラーを使用して、1日中過ごすことが多いですよね。

女性の腰回りやお腹もひえひえです。素手で触ってみるとヒヤッとしませんか?

温活で体を温めましょう。

温活は入浴だけでなく衣類などでも有効です。下半身を特に意識して温める事で全身の血行も良くなります。

靴下や腹巻、素材はシルクがおすすめ。吸水性や通気性もあり夏場の汗が気になる季節でも快適に過ごせますよ。

今年の夏は「ひえひえ妊活」ではなく「ぬくぬく妊活」で乗り切りましょう。

まとめ

普段の生活でストレスは誰しもが抱えているものです。妊活中のストレスは、すごく大敵。

このストレスを軽減するにも、入浴は大いに活用でき、冷えも解消になるでしょう。

ゆっくりと呼吸して、体を温め、冷えも解消すると「妊活」は「妊娠」へと変化するでしょう。

ただ、「入浴を絶対にしなくては」と思うとストレスになります。

ここは臨機応変に。

体調悪い時や食後や飲酒の後などは無理をせずに。足湯でも体を温める効果もあるので、ケースバイケースで行って下さいね。

神経質にならずにゆっくりと過ごす事も妊活中は大切です。

入浴でリラックスして、赤ちゃんと会える日を楽しみに過ごしましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top