Raffiness

Lifestyle media for women

寒がりの人必見!冷え性を改善して妊活を成功させる3つの方法

寒がりの人必見!冷え性を改善して妊活を成功させる3つの方法

あなたも冷え性で悩んだことはありませんか?女性で冷え性の人って結構多いですよね。

気温が高いか低いかという問題ではなく、冷え性の人の体は冷えやすくて温まりにくいんです。

具体的な特徴としては、手足の指先がいつも冷たい、肌が荒れやすい、頭痛や肩こりがある、生理痛がひどい、風邪を引きやすい…など様々です。

「でもこれは体質だしこういう人多いみたいだし、仕方ないんじゃない?」

そう思われますか?そんなことを言っていてはいけませんよ。実は、冷えは妊活の大敵なんです。

ここでは、妊活中の冷え性を改善する方法をご紹介します。冷え性を改善して、妊娠しやすい体を手に入れてくださいね。

でもその前にまず、どうして妊活で冷え対策が大切なのでしょうか?

注目記事:【これは意外!?】生殖医療相談士も勧める、妊娠するために重要な3つのポイントとは?

3年の不妊治療でも妊娠できなかった人が、あることをするだけで、たったの○ヶ月で妊娠できた実話!これを読んで実践するだけで、あなたも妊娠できる可能性がグンと上がるかもしれません。

ぜひチェックしておくことをオススメします。
■【これは意外!?】生殖医療相談士も勧める、妊娠するために重要な3つのポイントとは?

冷え性を改善して妊活を成功させる方法①なぜ妊活で冷え対策が大切なのかを知る

妊活での冷え性対策は大切

冷えは妊活の大敵です。

まず、体が冷えることによって体全体の血流が悪くなってしまいます。

特に骨盤内の血流が悪くなると、卵巣や子宮の働きが低下して、それによって卵子の質が低下したり、着床するのが難しくなったりします。

また冷えによって女性ホルモンが十分に分泌されなくなったり、せっかく妊娠したとしても、冷えから来る血流の悪さによって流産や早産、難産を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまったりするんです。

まさに大敵ですね。

多くの女性は冷えに対して無防備です。特に若い頃はファッションのために寒さを我慢したり、大好きなアイスクリームを沢山食べたりしてしまいがちです。

あなたもそうでしたか?もしあなたが今までそうしてきてしまったとしても、大丈夫です。

妊活を機に生活スタイルを変えて行けば良いんです。

特に不妊の理由が見つからないにもかかわらず、妊娠しにくい女性が沢山います。多くの人は、冷え性さえ改善すれば妊娠しやすい体を手に入れることができるはずですよ。

では、手軽にできる冷え改善方法をいくつか見てみましょう。

冷え性を改善して妊活を成功させる方法②体を外側から冷やさない

妊活中の冷え性対策は外側から冷やさない

まず基本的なこととして、体を外側から冷やさないように意識しましょう。

例えば、これからの季節だと室内のエアコンの効き過ぎに注意するのは大切です。「気持ちいい!」と思う温度が体に良いとは限りません。

自分で温度を設定できる場合は、過ごしやすいと感じるより1〜2度高く設定するように意識してみましょう。

また会社など自分で温度調節ができない場合は、必ず薄い羽織物やスカーフを持ち歩くようにして、体を冷えから守ってください。

服装もお腹はもちろんのこと、腕や足をあまり露出しないようなものを選んだ方が良いですね。

また冷え性改善のために布ナプキンも効果大と言われていて、大切な子宮を冷えから守ってくれるので、妊活女性には特にお勧めです。

布ナプはにおい取りやかぶれ防止というイメージが強いですが、実際布ナプ生活を始めてから冷えが改善され、生理痛がひどくなくなったという人が大勢いるんですよ。

生理痛もそうですが、冷え性を改善するなら肩こりや頭痛も改善されて、「いつの間にか冷えから来る疲れがなくなってる」と気付くことでしょう。

妊活への効果以外にも沢山の利点があるので、是非試してみてくださいね。

冷え性を改善して妊活を成功させる方法③体を内側から温めてあげる

妊活中の冷え性対策は内側から温める

体を外側から冷やさないことは冷え性対策の基本ですが、体を内側から温めてあげることも同じくらい大切です。

例えば毎食スープを取り入れるようにするなら、体が温まりやすくなります。

また妊活中は、体を内側から温めるために特に「体を温める食材」を意識すると良いでしょう。例えば玉ネギや人参、カボチャやゴボウなどの根菜類は体を温めてくれます。シイタケやエノキなどのキノコ類もそうです。

反対に、夏に食べると涼しくなれるキュウリやスイカなどの瓜類は体を冷やす作用があるので、あまり沢山取らない方が良いですね。

また飲み物も意識すべきです。これからの季節はやっぱり冷たいジュースがさっぱりして気持ち良いのですが、妊活のためにできるだけ控えるようにしましょう。

また温かい飲み物の中にも、例えばコーヒーのように体を冷やす作用があるものもあるので、注意が必要です。

お勧めなのは生姜と蜂蜜をお湯に溶かした生姜湯です。ただ生の生姜は体を冷やしてしまうので、乾燥生姜を使うようにしましょう。

生姜が苦手だという場合は、ミネラル豊富なココアもお勧めですよ。

また毎朝一杯の白湯を飲むのも、冷え改善にとても効果があり、多くの人が実践している方法です。

体を内側から温める良い習慣を作ることによって、これからやって来る赤ちゃんに優しい体になることができますね。

「大敵」も恐れるに足らず!冷え性を改善して順調な妊活を

冷え性を克服した妊活中の女性

妊活中の女性にとって「冷え性を改善することは急務!」と言える理由は沢山ありましたね。

また普段の生活でいくらか意識してさえいれば、意外と冷え性の改善はハードルが高くないということもわかりました。

最初のうちは、

「クーラーの設定温度下げたい〜」

「ギンギンに冷えたシャーベットをかじりたい!」

と思うことがあるかもしれませんが、そこは自分の体と大切な赤ちゃんのために我慢してください。

大丈夫です。少し経てば体が慣れてきます。

そうなると「このスタイルでも全然平気、むしろ今の方が体の調子もいいみたい」と気付くことでしょう。

生活の中で少しずつ意識していけば、「大敵」も恐れるに足りません。

将来いつか赤ちゃんが欲しいと思うのであれば、今のうちから冷え性を改善して妊娠しやすい健康的な体をつくっていくようにしましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top