Raffiness

Lifestyle media for women

ニキビは皮膚科で治療した方がいい?その方法とメリット・デメリット

ニキビは皮膚科で治療した方がいい?その方法とメリット・デメリット

一般的にニキビができたらため息つきつつも「早く治らないかな」と、自然に治るのを待つものですよね。でも、早くきれいに治したいなら、皮膚科で治療するという選択もあるのです。

特に「もしかして膿になってる?」と不安になる重度なニキビの場合は、自然治癒よりも皮膚科での治療を受けたほうが安全に痕を残さずに治すことができます。

思春期のニキビもひどい場合には本当は治療したほうがいいのですが、なんとなく治療しないことが普通になっていますよね。そのせいで大人になってもなかなかニキビを治療するという考えに至らないのです。

もし皮膚科でニキビを治療した場合、どのようなメリットがあるのか、そしてデメリットはないのか、気になりますよね。「病院で治療って、すごく痛いのでは?」と、不安になる気持ちもあるのではないでしょうか?

そこで今回は、皮膚科でのニキビ治療のメリットとデメリット、そして具体的な治療方法について説明させていただきます。

ニキビは皮膚科で治療できる

ニキビは皮膚科で治療できる

ニキビができたら「とにかく洗顔して、油ものを食べないようにする!」みたいに、経験則や生活習慣によるケアを行うことで治そうとしますよね。これはニキビを疾病とは思っていないからでしょう。

ニキビのためには、薬ではない専用の洗顔クリームなどがあるので、なおさら肌トラブルの1種として考えてしまいがちです。実は皮膚科の観点では、ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患の1種です。

病院で治療可能な皮膚病なのです。「でも病院って皮膚科ならどこでもいいの?」という不安もありますよね。安心してください。基本的な治療は、普通の皮膚科で大丈夫です。

できれば治療経験の多い病院がいいのですが、その辺りは口コミなどで調べるしかありません。また、ニキビの治療には、美容クリニックで行う、美容的な視点からのアプローチによる治療というものもあります。

これは保険適用外のピーリングなどによるニキビ痕の除去などが含まれます。美容クリニックでの施術に関しては、特に経験の豊富な、評判のいいところを選ぶことが大切です。

皮膚科でニキビを治療するメリット・デメリット

ニキビを皮膚科で治療するメリット・デメリット

皮膚科でニキビを治療するメリットとしては、1番は安心感でしょう。専門の医師によるきちんとした指導の元で治療を受けることができる安心感は大きいと言えます。

噂を聞いていろいろ試してみるような、あやふやなケアではなく、治療のための道筋がきちんと理解できるので、治るというイメージがはっきりとしています。

当然ながら医師は専門家ですから、自分であれこれケアを行うよりも早く治せる上に、痕もほとんど残さずに治療できます。これは大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、治療のための費用がかかります。保険が適用される範囲ならそう大して金額はかかりませんが、ニキビの治療の中には保険適用外の施術もあります。

そういった治療の場合はけっこう高くつくのです。また、仕事をしていたりすると、治療のための通院の時間がなかなか取れないということもあるでしょう。

最近は病院も夜遅くまで開いていたり、土日に受診できたりするところも増えていますが、皮膚科病院の場合はそう多くはないですよね。

皮膚科でのニキビ治療方法は薬と外科的治療

皮膚科でのニキビ治療方法

ニキビ治療の基本は外用薬、つまり塗り薬です。皮膚科と言えば塗り薬は定番と言えますね。ニキビの原因の多くはアクネ菌なので、抗生物質による殺菌をメインに行います。

また、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを無くす外用薬もあります。さらに内服薬による治療も行われます。内服薬と言っても、ビタミン剤を服用することが多いようです。

ビタミン不足はニキビを引き起こす大きな要因なので、食生活に偏りがある場合にはこれも大切です。また、抗生物質の入った内服薬もあり、ニキビの状態によっては身体の内側から殺菌治療するため、投与されることになります。

ニキビの状態や病院によってはホルモン治療を行うこともあるようです。外科的治療は主に美容クリニックで行われることが多い治療です。ピーリングやレーザーによる治療でニキビ痕を薄くしたり、炎症の治療にステロイド剤の注射などが行われる場合があります。

皮膚科でのニキビ治療▶︎まとめ

ニキビが皮膚科で治療できるということで、「ニキビって皮膚病だったんだ!」と改めて思ったのではないでしょうか?ニキビは立派な皮膚疾患なので、遠慮せずに皮膚科で治療を受けましょう。

特に大人ニキビは思春期のニキビと違い、悪化しやすいという特徴があります。年齢が上がると共に肌のターンオーバーに掛かる時間が長くなるせいで、悪い状態が長く続いてしまうためです。

ターンオーバーに時間がかかるということは、ニキビの痕が残りやすいということでもあります。自分でケアして治しても、顔に痕が残ってしまう可能性が高いのです。

「きれいになりたい!」という気持ちが大きいなら、ニキビは皮膚科で治療したほうがきれいに治せると考えていいでしょう。保険適用内での治療ならあまり負担もないので、治療に通えるようなら1度ニキビを皮膚科病院で治療してみてはいかがでしょうか。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top