Raffiness

Lifestyle media for women

子育てしていても内職なら安心して働くことができる!

子育てしていても内職なら安心して働くことができる!

子育てをしながら内職するメリットとは?

自宅に子どもがいる人の場合、なかなか外に働きに出ることが難しい場合も多いですよね。もちろん、保育所に預けて働きに出れば良いのですが、保育所に空きがない場合や、子どもを預けてまで働きに出る必要はないけれども、お小遣い稼ぎ程度の収入があればなぁ、と思う人には内職がお勧めです。

内職なら自宅に子どもがいても、隙間時間をうまく活用し収入を得る事ができます。育児にも慣れてくると時間の使い方もうまくなり隙間時間を見つける事は十分に可能です。

また、子育てをしながらの内職ですので、万が一、子どもが病気になった際や用事ができた際でも、仕事を休まなければいけないといった必要もなく内職と子育てを併用していくことも可能です。このように子育てをしながら内職をするメリットは、とにかく、自宅で好きな時間に仕事を行うことができるという点です。子どものお昼寝中、子どもが夜寝た後などの時間を使えば、苦痛なく収入を得る事も十分に可能でしょう。

その上、内職の場合、急にママ友ランチや公園に誘われても、「仕事だから」と断ることなく、楽しむ事もできますよね。時間の使い方次第で、どうにでもなる内職。そんな、内職には、子育て中のママにとってメリットの多い仕事と言えるでしょう。

逆に子育てをしながら内職するデメリットとは?

子育て中の内職

内職の場合、外に働きに出て行くこととは違い、時間の使い方は自分で計算し行っていかなければいけません。隙間時間を使って行うことができる内職といっても、種類によっては納期が設定されているものも多くあります。その為、その納期に間に合わせる事ができるよう自分自身で計算し、取り組んでいかなければいけません。

また、勤務するのとは違い、自宅での仕事となるので、ついつい甘えてしまうと言ったこともデメリットと言えるでしょう。子育てや家事などを行っている主婦にとって隙間時間で内職を行い、収入を得ると言うことは、実際、そう簡単なものではありません。何時に出勤しなければいけないと言う決まりがないメリットの一方、決まりがない分、ダラダラと過ごしてしまう場合も考えられます。

その為、子育てをしながら内職によって収入を得たいと思っている人の場合、自分に厳しく、そして、しっかりと計画を立てる事ができない人にはあまり、お勧めはできません。

また、納期が近づくにつれ、家事や子育てがおろそかになってしまう、内職のもので家が散らかってしまうなどといったデメリットがあるということも知っておく必要があります。

子育てをしながらできる内職の種類について

内職の種類

一言で内職と言っても様々な種類があります。その為、まずは、自分にはどのような内職があっているのかということを認識しておく事が大切です。

例えば、昔ながらの作業を伴う内職。袋詰めや部品の組み立てなどいくつもの種類のものがあり、基本的には部品を自宅に届けてもらうか自分で取りに行き、自宅で行う作業となっています。1つ辺りの単価は非常に安いものの、数をこなす事で収入をアップさせる事ができるものになっています。

ただし、このような内職の場合、納期までに必ず完成し納める必要があります。また、部品などが小さなものの場合、子供の誤飲につながってしまう事も考えられる為、十分な注意が必要となってきます。

また、パソコンを使った内職もあります。ネットの普及により、自宅のパソコンを使い仕事を行うこともできるようになってきました。例えば、出産まで勤めていた会社から外注として仕事を請け負っている人も少なくありません。もちろん、そのような伝手がなくても、パソコンを使ってできる仕事も多く、初心者の人でも安心して内職を行うことが可能になっています。この場合、パソコン1台で仕事を行うことができるため、部屋が散らかるなどと言った心配は不要です。

子育てをしながら内職を行う際の注意事項

内職の注意事項

子育てをしながら内職を行う際は、必ず注意事項を守る事が大切です。

まず、内職といっても『仕事である』ということに変わりはありません。納期を守る。丁寧で正確な仕事を行うなど一般的な内容になりますが、これらを守って仕事を行う心構えが必要になります。

次に小さな子どものいる家庭での内職の場合、とにかく、子どもの手の届かない場所で行うということが重要です。部品など商品を受け取りを行う内職の場合、それらを子どもが触って壊したりしないようにする。また、口に入れたりすることのないよう、十分な管理が必要となってきます。パソコンを使った内職の場合も同じです。誤ってデータを消されたりすることのないように注意する必要があります。

内職の魅力は、子育てをしながら仕事を行うことができるという点にありますが、だからといって、子育てと内職の両立がそう簡単ではないということを知っておくことも大切です。子育てと言うものは思い通りに進まないもの…。納期が近いにも関わらず、子どもが熱を出し内職を行う時間を取る事ができない!なんてことも起こってしまう可能性があるということを理解した上で内職を引き受ける必要があります。この場合、徹夜してでも完成させる!と言った意気込みも大切ですよ。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top