Raffiness

Lifestyle media for women

子育て中に人気の車とは?ファミリーカー選びの4つのポイント

子育て中に人気の車とは?ファミリーカー選びの4つのポイント

1.燃費がいい車

子育て中に人気がある車として、まず一番に挙げられるのは燃費のいい車です。とくに子育てをしていると、色々な出費が多いので、経済的な面から燃費を重視するのは当然のことと言えます。子育てにはとにかくお金がかかります。オムツやミルクを買ったり、保育園に預けるとなると、保育園料も結構な負担になります。

車は子どもと移動するためには絶対必要なツールでもありますが、初期投資、維持費ともに大きなお金がかかってきます。そこで、重要なのは維持費のほうです。子育て中に人気がある車としては、燃費のいいハイブリッドカー、軽自動車の中でも燃費がいい車種といったところになってきます。

人気がある車がすべて燃費のいい車だとは限りませんが、まず車種を選ぶ際に最初の条件として出てくるのが燃費ということになるでしょう。実際にはガソリン代だけではなく、税金も優遇されたり、高速道路の料金も変わったりしてきます。これも数年間持っていけばかなりの金額になってきますので、中期長期で車選びを検討することになった場合は特にこの燃費が問題になってくるはずです。

今は実燃費として20キロ以上を記録することが可能な車種も増えてきています。それだけに子育てにちょうどいい車選びも選択肢が増えているといえるでしょう。さらにこれからもその選択肢は増えてくることになるでしょう。

2.収納力がある車

収納力がある車

子育て中に人気がある車の条件として次にあがるのは収納力です。実際に子育てを行いながら、車で移動するとなれば、とにかく荷物が増えます。具体的には、ちょっとしたおでかけであっても、バギーやおむつ、食事、不測の事態のためのグッズなど。これが車の遠出となればここに着替えなども含まれてきます。

必然的に子育て中に人気がある車の条件として収納力が求められるのは言うまでもありません。子育て中の車として、もちろんのこと、軽自動車、ガソリン車、ハイブリッドカーといった車種の問題も多くあげられますが、これとセットで収納能力がどれだけあるのかも気になるところです。

実際にアンケートなどでも子育てで人気がある車としてあげられるのは、単に車の大きさそのものよりも収納力とセットで見ている場合が多いです。もちろん、その収納力の高さ、要するに体積だけではなく、乗せやすさについてもポイントになるでしょう。例えば、女性の場合ですと、車高の高い車の後ろのほうの収納はつらいですよね。この辺にまで気を配ったファミリー向け、子育て向けの車が人気があります。

3.小回りが利く車

小回りが利く車

子育て中に人気の車の条件としてポイントに挙げられるのは、小回りが利く車です。何しろ、ちょっとしたお買い物でも車に子どもを乗せて移動する際に、街乗りであれ、郊外であれ、小回りが利いたほうがいいに決まっています。特に男性は小回りが利く車よりももっと大きなサイズの運転に魅力を感じるのかもしれませんが、どちらかといえば、平日の昼間を中心に子供を乗せて移動することが多い主婦層にとってはむしろ、小回りが利く車の方が人気があります。

また、駐車場も最近は大きなスペースばかりではありません。子どもの乗り降りを鑑みた場合には小回りの利く車のほうが動きやすいことも確かです。子育て中の車選びのポイントとしていくつかの要素がありますが、男性と女性で意見が分かれるのは小回りが利くというところが一番かもしれません。

ですので、ピンポイントでこれという車種にはたどり着かない可能性もあります。とはいえ、購入して良かったというポイントに「小回りが利くから」という回答が出てきます。男性側もトータルで考えた場合にはマイナスとはいえないでしょう。

4.後部座席が広い車

後部座席が広い車

子育て中で人気がある車として、後部座席が広い車があげられます。家族で出かけるにあたって、もちろん、チャイルドシートに乗っているような時代は後部座席の広さは関係ありません、このチャイルドシートをとった途端、後部座席の広さは大きなポイントになります。後部座席が広いことはこの時期から大きな分岐点になるのです。

特にちょっとしたロングドライブが多くなったり、兄弟姉妹で長い時間を同乗する場合は喧嘩したり、せまいからとぐずぐずすねたりしてしまいます。そんなときにこそ後部座席を広い車種を選んでおけばよかったということになるわけです。

もちろん、経済的な理由や好きな車種の都合で後部座席を意識した車種選びが難しい場合もあります。おすすめなのは、まず車を買い替える際に家族みんなで試乗してみて、どんな感じか確認してみることが大きなポイントになります。実際に後部座席に座った子どもたちを眺めてみて、ロングドライブでも耐えられるかどうか、子どもがゆったりすることが可能かイメージしてみましょう。これで車の後部座席の重要さがわかると思いますよ。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top