Raffiness

Lifestyle media for women

育児疲れで辛い時は内面からフォロー!サプリでキレイママになろう!

育児疲れで辛い時は内面からフォロー!サプリでキレイママになろう!

毎日毎日育児は辛いよ〜。

可愛いのはもちろんある我が子ですが、ムカつく事もあって当然です。

赤ちゃんの頃は話せるようになれば、お互いの気持ちも分かり合えるようになるかなぁ〜?楽しみだなぁ〜と夢を見てた頃を懐かしく思います。

確かに成長し言葉を話し出した時、ワァ〜と感激しました。そこから数年・・。

黙っている時が無い位にしゃべってます。。。

言葉と同時に自我が出てきます。これが何とも厄介な存在で、ママを困らせる一因となり、育児に疲れがこびりつき落としづらくなるのです。

子供がいくつになっても、悩みはそれぞれに発生して育児というものは本当に大変なお仕事ですよね。

子供優先で毎日頑張るママ。

気が付くと、髪はパサパサ・肌はカサカサ・肩こり腰痛。疲れた表情は家庭も暗くなりがちです。

きちんと自身のケアもしたい!でも時間がなーい!とお悩みのママにサプリはいかがですか?

今日からサプリで内面ケアして外見もキレイに。ママ友から「最近キレイになったね」と聞く日も近い!参観や学校行事にも熱が入りそうですね。

今回は、育児ストレスの原因から軽減方法。不足するとストレスが増大する栄養素のご紹介をします。

育児ストレスと育児疲れの違い

育児ストレスと育児疲れでは、似てますが少し内容が異なります。

「育児ストレス」とは、子供のわがままなどによって自分の思い通りにいかなくて、イライラと子供に対してストレスが溜まっている状態を言います。

「育児疲れ」とは、毎日食事や睡眠はとれているのに、何だか体がスッキリしない、疲れている。朝から子供に対してイライラが止まらない、など育児ストレスが溜まりポーターラインを越えてしまった状態を言います。

育児疲れが進行すると、精神疾患を起こしやすくなります。

解決策が見つからず、自己嫌悪やうつ病への進行も懸念されます。

育児ストレスの時点で、ストレスを軽減する事が育児疲れを発症させない最大のポイントと言えます。

育児疲れはどうしたら軽減できるの?

育児疲れを軽減するには

育児疲れはどのように軽減したらいいのでしょうか?

ちょっと考えてみて下さい。

「あなたはどうしてイライラするのですか?」

この原因が発生すると「イライラループ」に入り込んでしまい、ガミガミ~と雷が子供の頭に落ちるんですよね。

このイライラの原因の回避が、育児疲れの軽減につながります。

例えば「時間制限」がある場合、時間が迫って来ると焦りもありイライラが募りますよね。

出掛けないといけないのに用意が出来ていない、ご飯が出来てるのに片づけしないで遊んでる、など。

こんな時、お子さんの年齢によっては難しい時もありますが、

「先に約束を伝える」

ことで案外習慣づくと子供は守る事が出来てきます。

誰でも、急にしていた事をストップかけられると腹が立ちます。子供でも同じ。集中している事を急に取り上げられると、駄々をこねますよね。

余裕の時間を取り、

「○○が終わったら片づけてね」

とか

「パパが帰ったらごはんしようね」

とちょっと先の時間の約束を交わしておきます。

時計が読める年齢のお子さんには、「長い針が10になったらおしまい」など、ママと子供が納得いく約束を先にしておけば、最初は難しくても徐々に慣れていきます。

初めから直ぐには出来ません。習慣づける事が大切です。

この約束を守れたら、子供を十分にほめてあげて下さいね。何とも嬉しそうにニコッとします。この笑顔もママのストレス軽減に一つ貢献しますよ。

育児を楽しむには子供の成長を見届けるということも重要ですよね。

[clink url=”http://raffiness.jp/ikuji-tanoshimu”]

 

サプリで内面からキレイに。育児疲れのときに補っておきたい栄養素

育児疲れと栄養素

子育て中のイライラを完全に取り除くのは無理です。

なんてったって相手も人格を持った人間です。子供は子供ながらにストレスを抱えています。

イライラ家族は嫌ですよね~。ニコニコ家族に変えちゃいましょう!

で、人間の体を維持するためには、様々な栄養素が必要です。どんな栄養素にもそれぞれの働きがあるので、バランスよく摂取する事が大切です。

しかし、様々な食材を量を保ち継続して毎日食事で補うのは、とても大変。

そんな時はサプリが有効です。

あなたのサプリ選びの参考に、子育てのときに補っておきたい栄養素をご紹介します。

1.カルシウム

カルシウムは骨や歯に約99%貯蔵されています。体内で約1%ですが、機能カルシウムと言われ血液中に存在します。

この血中のカルシウム濃度が不足すると、集中力もかけます。吸収率を上げるには、タンパク質とビタミンDの摂取が有効です。

2.鉄分

鉄分も血中のヘモグロビンを作り、体内へ酸素を供給しています。

女性は生理などで鉄分不足の方が多く、積極的に摂取を心がけて下さい。鉄分不足は、不安やうつ病など精神疾患にも影響します。

3.レシチン

レシチンは脳の細胞膜を作っている栄養素です。レシチンの不足もストレスを増やし、イライラを招きます。

レシチンは大豆に多く含まれていて、ビタミンEはレシチンの酸化を予防します。

 

この様に内面から栄養を補給する事で、ストレスを軽減したりイライラを改善する事ができます。

育児疲れの原因、育児ストレス軽減はサプリが有効

育児疲れにはサプリメントが有効

いかがでしたでしょうか?

育児疲れは、育児ストレスが溜まる事で起こります。育児ストレスを軽減するには、イライラの解消は効果的で、内面からケアをサプリによって補う事も有効ですね。

サプリを選ぶ時は、慎重に信頼置けるサプリをしっかり選んで下さいね。

安価な品や輸入品には、必要な含有量でなかったり、日本では認められていない物が含まれている恐れもあります。

授乳中や妊娠中でも利用できる判断は、ご自身でなく医師や薬剤師の指示を仰ぐ事もおすすめします。

忙しいママにピッタリなサプリメントを選んで、内面からキレイになりましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top