Raffiness

Lifestyle media for women

肌荒れを防ぐためにするべき、3つの基本的なこと

肌荒れを防ぐためにするべき、3つの基本的なこと

1.規則正しく、3食きちんと食べること

肌荒れを防ぐには、十分な栄養が必要です。十分な栄養をしっかりと摂取するには、規則正しく、3食、きちんと食べなければいけません。ある時は食べ、ある時は食べないであったり、偏食であったら、お肌に十分な栄養を届けられません。

また、ダイエットをされている場合ですが、ダイエットが肌荒れの原因になっている人が結構います。食べないことがダイエットではありません。規則正しく、3食、きちんと食べていた方が、ダイエットできてしまうこともあります。なので、ダイエット中に肌荒れがひどくなってきた場合は、今しているダイエット法を見直すことも視野に入れるといいです。

肌荒れを防ぐのに、大切な栄養素は、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCです。Aは乾燥、Bは皮脂の過剰分泌、Cはニキビに効きます。ご自分のお肌の状態を合わせて注意したいビタミンを決めるのも良いですが、乾燥も皮脂もニキビの原因になります。なので、肌荒れを防ぐには、どのビタミンも過不足なく、摂取することが大切です。

毎日忙しくて、食事のことまで十分に気が回らないという方は、毎日1杯、ミキサーから作った野菜ジュースを飲むということを続けられたら良いでしょう。別に自分で作らなくても、専門店で1日1杯飲まれたら良いです。お肌の状態が変わってくることを実感されますよ。

2.質の高い睡眠をとること

肌荒れと睡眠

実は、お肌は睡眠中に再生します。なので、どんなに高い美容液を使っていても、十分に睡眠が取れていなかったら、意味がありません。肌荒れを防ぐためにも、1日最低6時間は睡眠を取るようにしましょう。

睡眠時間の中で特に大切なのが、寝初めの3、4時間です。ぐっと深く、質の高い睡眠をこの時に取ると、肌荒れを防ぐのに良い効果が得られるとされています。寝つきが悪い人には、なかなか難しいことですが、肌荒れを防ぐためです。ちょっと頑張ってみましょう。

寝つきを良くする対処法としては、寝る2、3時間前にお風呂に入り、それ以降はパソコンやテレビ、スマホなどをするのは止めるようにするのも一つの方法です。そして、電気も暗くして、心も体もリラックスできる環境を整えましょう。たったこれだけのことでも、眠りの質が変わってきますよ。

また、睡眠に効果がありそうなアルコールは、寝つきこそ良くしますが、利尿作用が働いてしまい眠りの質は下げてしまいます。少なくとも、肌荒れが気になっている時は、アルコールの摂取は控えた方が良いかもしれません。

睡眠は疲れやストレスをとります。疲れやストレスも、お肌のターンオーバーを乱すので、毎日、睡眠時間をしっかり確保して、疲れやストレスを翌日に持ち越さないようにしましょう。

3.正しいスキンケアをすること

肌荒れと正しいスキンケア

肌荒れを防ぐのには、色々言っても、正しいスキンケアをすることが大切です。お肌にあまり負担をかけないように、アルコールを飲む方が休肝日を持つように、時にはメイクをお休みして休肌日を持つことも良いでしょう。

休肌日を持つことが難しいのなら、肌荒れを防ぐことを目的に、家に帰ったらすぐにメイクを落としましょう。とはいえ、メイクを落として洗顔して、その後、お風呂に入って洗顔してでは、お肌を守ってくれる皮脂を洗いすぎることになってしまいます。必要な皮脂を残すためにも、帰宅後、お風呂にすぐに入り、1回の洗顔で済むようにしてあげると、お肌への負担はぐっと減ります。

そして、肌荒れを防ぐ対策として、保湿は欠かせません。高い化粧品、乳液、美容液を使う必要はありません。自分にあった乳液や美容液を見つけて、継続して保湿することが大切ですよ。

また、紫外線が肌荒れに影響していることは言うまでもないことですよね。日差しが明らかに強い夏だけでなく、1年を通して紫外線対策をするように心がけましょう。肌荒れだと思っていたものが、紫外線アレルギーだったということもあります。春になるといつも肌が荒れるという場合は、一度、皮膚科に行かれることをお勧めします。

あなたの肌荒れは治ります

肌荒れは治ります

肌荒れを防ぐには、自分のお肌の力を引き出す努力をする必要があります。鏡を見て肌荒れの状態を見ていても、治ることはありません。生活を変えたり、スキンケアを正しくすることで、肌荒れ 防ぐためにできることを積み重ねていきましょう。

栄養面で不安があるのならサプリを利用するのも良いでしょう。睡眠がうまく行かないのなら、紫外線が弱い朝のうちに、15分ほど日光浴をしたり、体を少し動かしてみたら良いと思います。

自分でいくら頑張っても、肌荒れを防ぐことができていないなと思ったら、皮膚科に行きましょう。「肌荒れくらいで皮膚科に行くのはちょっと…」と思われるかもしれませんが、皮膚科でいただける処方薬はよく効きます。自己流で色々なことを試しているよりも、早く肌荒れを治すことができますよ。

肌荒れは、あなたの体や心が助けを求めているサインと考えることもできます。疲れやストレスが溜まっているなと思ったら、リフレッシュする術を見つけましょう。趣味を見つけて、それに夢中になっていたら、肌荒れも治っていたということもよくあります。あまりくよくよせずに、前向きな気持ちを維持していきましょうね。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top