Raffiness

Lifestyle media for women

不妊治療スパイラルから脱却!今からできる気分を前向きにする方法

不妊治療スパイラルから脱却!今からできる気分を前向きにする方法

不妊治療は出口の見えないトンネルに入っている様で、その長さも分からず前も後ろも真っ暗で、どうしたらいいんだろう?と悩み、辛い治療ですよね。

そして、やめようにもやめられない。

引き返そうとしても無理、進もうとしても無理と思う「不妊治療スパイラル」にはまってしまう女性も多いんではないでしょうか?

こんな話を聞くとますます暗くなってしまいますね。

確かに不妊治療は山あり谷あり。この繰り返しが身体的・精神的にも追い込んでしまいます。

しかし、谷に落ちてもまた這い上がって頂上を目指せる「タフな精神」を身に付ける事が、「不妊治療スパイラルからの脱却」治療を乗り越える大きなカギとなるのです。

たとえ心が折れても自力で修復し、再び歩ける力を持ちたいと思っている女性に前向きに治療を乗り越えて欲しいと思う気持ちを込めて、今回私の経験も交えてご紹介したいと思います。

ぜひ長い道のりかも知れない治療のトンネル。

先にはきっとあなたにも明るい光が差し込んできます。心強く進んで下さい。

治療のことばかり考えている生活だと、不妊治療スパイラルに飲み込まれてしまいます

不妊治療のスパイラル

寝ても覚めても、不妊治療の事ばかり。

不妊治療の事だけ考えてしまう生活はあまりよくありません。惰性で食事や入浴、ボーッとしてたらスパイラル突入です。

まずは何でもいいので、集中できる事、好きな事始めてみて下さい。

スポーツ、料理、手芸。何か得意な事はないでしょうか?

文章考える事も良いですよ。投稿、応募など。ついでに入賞したりなんかしたら嬉しいですよね。賞金で好きな物買っちゃいましょう。

何かに没頭する事は、嫌な事を忘れさせてくれます。

無理に誰かを誘わなくても、共通のグループが集まる様な所で、卓球やテニスなどのスポーツから、囲碁や将棋などもサークルの様な、誰もあなたの事を知らなくても、その時お相手してもらう事はできます。

全く知らない場所での活動も良いですよ、頭の中から「不妊治療」を排除する時間作りましょう。

ちなみに私は「手芸」でした。

刺繍やビーズ作品にはまり、バックも完成。完成すると嬉しいし、世界でたった1つのオリジナル作品は何ともかわいい存在です。

集中して何かをする事は、時間があっという間に過ぎます

楽しかった〜と実感できる事見つかると良いですね。

こんな良い気分になると、夜もぐっすり。睡眠不足も不妊の原因になるので、こちらも解消出来て、打ち込める事を見つける事は一石二鳥なのです。

気分は上向き!不妊治療に前向きになるには姿勢から

不妊治療は姿勢が大切

趣味や好きな事など何かに打ち込める事を見つけると、少し気分が楽になりませんか?

確かに急には無理だと思います。

私も病院の待合室では、もんもんとしてました。逆にここでは、いいや!もんもんとしちゃえと諦めて、違う場所では頭を切り替えようと意識していました。

私の場合、治療の内容が結構痛みを伴う事が多く、下腹が痛む症状もあったので何となく手でお腹を押さえ前かがみに、猫背姿勢で歩いてました。

そこでふと思ったんです。

前かがみでは、人と話す事も無くなるよね〜。これじゃいけない!深呼吸して背伸びして、姿勢を上向きに伸ばすようにしました。

すると人と会話する事も増えたんです。

治療が失敗続きで、外出も主な行き先が病院ばかり。体調悪いわけではないのに自宅に引きこもっていた事もあって、この数か月時間だけが無駄に過ぎてたのじゃないかなと感じたんです。

友人が、

「どうせ同じ時間過ごすなら、楽しく過ごそうや」

と声をかけてくれた事を今でも感謝しています。

治療で落ち込む事は仕方のない事ですが、少し前向きになった私は切り替えが出来る心が徐々に強くなっていました。

不妊治療のパートナーとなる先生との信頼関係が大切です

不妊治療の先生

不妊治療は、数か月で実を結ぶ人もいれば数年かかる人もいます。

長い年月、先の見えない治療をするのは本当に辛いですよね。

夫婦で話し合い始めた治療であっても、原因が女性にあれば治療を受けるのは女性毎回私ばかり、なんで私だけ。っていう気持ちは誰もが思う気持ちだと思います。

そんな時、治療のパートナーとなる医師との関係はとても重要です。

治療を乗り越える大きな基盤となるのは間違いないのです。

不妊治療に関わらず、ガンなどの病気をはじめ何かしらの症状で病院を訪れる時、人は不安や辛さを感じています。

誰かに頼りたいすがりたいという気持ちを抱えて医師に会った時に、もしその医師が、ろくに顔も見ない事務的な対応だった場合、説明も聞くことができずに、こんなつもりではなかった。という話にもなりかねません。

人の評判、クチコミを事前に読んで来院するのも大切ですが、一番重要なのは「あなたとの相性」なのです。

先生の前では何でも話せてしまうなど、治療において聞きにくい事も沢山あります。

聞きにくい事や分からない事を十分に質問できて、結果失敗したとしても、自身が納得いったうえでの治療だと割り切れるかもしれません。

しかし、分からないまま言われるがままの治療をしての失敗では、気持ちが全く違ってきます。

自身が決めた事だからと切り替えもしづらくなってしまいます。

「先生は私のミカタ」

と思える先生と出会える事は、最大の武器かもしれません。

チャンスは目の前にあるかもしれません

不妊治療のチャンスは目の前にある

いきなり前向きになれ、なんては言いません。

もし、好きな事が見つかって楽しい気持ちなる物があればラッキー。

好きな事をしている時は笑顔にもなれます。

知らない人でも共通の趣味は距離も縮めてくれます。

また治療が辛く、先生と歯車がズレ始めていると感じてる方は、思い切って病院を見直す事もチャンスにつながるかもしれません。

チャンスは長いトンネルの中でも必ずあるはず。

スパイラルに引き込まれない様、タフな精神を身に付けて前向きに進んで下さい。きっと、赤ちゃんは待ってくれていますよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top