Raffiness

Lifestyle media for women

潰さない方がいい?膿が出る吹き出物は早めのケアを

潰さない方がいい?膿が出る吹き出物は早めのケアを

吹き出物から膿がでるようなら、早めのケアをしましょう。放置をしているとクレーター状の跡や色素沈着ができる可能性があります。そして、吹き出物に刺激を与えないことも大切です。

吹き出物ができると、中にたまっている膿を出したくなりませんか。触ってはいけないとわかっていても、つい触ってしまうことがあると思います。

でも、膿を出すような行為をしてはいけません。膿を無理やり出すと吹き出物の跡が残ります。では、どのようなケアをしたらいいのでしょうか。

膿が出る吹き出物のケア▶︎吹き出物を潰してはいけない理由

膿が出る吹き出物は潰さない

膿がたまった吹き出物は潰してはいけません。潰すと跡が残ります。吹き出物を潰すと、その周辺の皮膚が傷つき大きな穴が開きます。傷ついた皮膚は次第に再生をするのですが、その際に表皮が陥没してクレーター状の跡が残ってしまいます。針で穴をあける、指で押し出す、ピンセットでつまむなどはしてはいけない行為です。

そして、吹き出物を悪化させる可能性もあります。手をよく洗って清潔にしたつもりでも、手には雑菌が付着をしています。吹き出物を潰した際に手に付着している雑菌が入り込み、炎症を起こして吹き出物が悪化をします。吹き出物が悪化をすると炎症のダメージで色素沈着が残る可能性があります。

吹き出物の中にたまっている膿を取り出すと、吹き出物が早く治りそうですが、自己流で膿を取り出そうとすると吹き出物を悪化させます。

しかし、膿を取り出すことで吹き出物の治りがよくなるケースがあります。そのような場合は、皮膚科で処置をしてもらいましょう。皮膚科では面皰圧出という方法で膿を取り出します。自己流とは違ってきちんと処理をするので、吹き出物の跡が残る心配がありません。

膿が出る吹き出物のケア▶︎面ぽう圧出とはどんな方法?

吹き出物を面ぽう圧出する

皮膚科では、膿がたまった吹き出物の治療で面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という方法を行っています。では、具体的にどのようなことをするのでしょうか。

まずは皮膚を消毒します。次にレーザーや針で吹き出物に穴を開けます。穴を開けないと、膿を押し出すときに周辺の皮膚も破けてしまい、大きな跡が残ります。そして、面皰圧出器という専用の道具を使用して膿を押し出します。

このようにきちんと消毒をしたり穴を開けるなど、皮膚科での治療は自己流とは違います。自己流は跡を残してしまうので、必ず皮膚科で行いましょう。

面皰圧出には2つのメリットがあります。

1つめは吹き出物の治りが早くなることです。面皰圧出で膿を取り出すと、吹き出物の炎症が治まり治りが早くなります。炎症を抑えることで、色素沈着やクレーター状の跡などの予防にもなります。

もう一つのメリットは吹き出物が再発しにくいことです。膿を押し出す前にレーザーで穴を開けるとき、レーザーの熱で皮膚が殺菌されます。吹き出物の原因菌のアクネ菌を殺菌することで、再発しにくくなります。

皮膚科で行っている面皰圧出は保険適用されます。保険適用で処置できる吹き出物の数は5~6個程度です。肌の状態を見ながら専門家が処置をするので安全性があります。

膿が出る吹き出物のケア▶︎セルフケア方法

吹き出物にはセルフケアが大切

これ以上吹き出物を増やさないためにも、跡を残さないためにも、普段のスキンケアが大切です。誤った洗顔方法で吹き出物を悪化させているケースがあるので、洗顔方法を見直してみましょう。

吹き出物は脂性肌にできるイメージがありますが、大人の吹き出物は乾燥が原因でできることがあります。肌が乾燥をすると毛穴の力が低下をして、毛穴が細くなります。このような状態でわずかにでも皮脂が分泌されると、毛穴がつまって吹き出物ができてしまうのです。

洗顔で肌を清潔にすることは、吹き出物を予防するために大切なのですが、過剰に洗顔をすると吹き出物ができやすい状態になります。過剰に洗顔をすると肌が乾燥をしてしまうからです。

吹き出物を改善するためには洗顔が重要なのですが、どのように洗顔をしたらいいのでしょうか。

まずは手を清潔にしましょう。雑菌が付着した手で顔を触ると肌にダメージを与えます。洗顔料はよく泡立てて、ふんわりと泡を作ります。空気を入れるように泡立てることがポイントです。

まずは皮脂分泌が多いTゾーンを洗います。目元や口元など乾燥しやすい部位は、泡をのせて、軽く泡を転がす程度にします。長時間洗っていると肌の潤いが失われてしまうので、1分以内に洗顔を終えましょう。

すすぎは十分に行います。すすぎ残しがあると吹き出物を悪化させるので、よくすすぎをしてください。

膿が出る吹き出物のケア▶︎まとめ

吹き出物のケアをする女性

膿がたまった吹き出物を潰したくなりますが、潰すと跡が残るので触らないようにしましょう。膿を出すのなら、皮膚科で治療をしてもらってください。皮膚科では面皰圧出という方法で適切に処置をしてくれます。皮膚科で治療をすると吹き出物の治りが早くなったり、再発の予防になります。

吹き出物の予防と跡を残さないためには、毎日の洗顔が大切です。誤った洗顔方法で吹き出物を悪化させているケースがあるので、洗顔方法を見直してみましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top