吹き出物対策のためにやっておきたい3つのこと

吹き出物の対策
スキンケア

「鏡をみるとがっかり」「マスクが手放せない」「人の視線が気になる」吹き出物ができてこんな悩みを抱えていませんか。吹き出物がないつるつるな肌って憧れますよね。

吹き出物が悪化をすると炎症のダメージで跡が残る可能性があります。そのため、早めにケアをして治すことが大切です。しかし、できてしまってから治すよりも、吹き出物ができないように対策をした方が跡が残る確率は減少します。

きれいな肌を維持するためには、吹き出物ができないように対策をすることが大切です。では、どのような対策をしたらいいのでしょうか。

吹き出物対策のためにやっておきたいこと①基本は洗顔

吹き出物対策の基本は洗顔

吹き出物は毛穴に皮脂がたまることでできます。そのため、洗顔をして余分な皮脂を取り除き、毛穴がつまらないようにしましょう。

肌をきれいにするために一生懸命洗顔をしてしまいがちですが、洗顔のしずぎはかえって吹き出物を悪化させます。ゴシゴシこする、1日に何度も洗う、長時間洗顔をするなどしていると、肌の力が低下をして乾燥を招きます。

肌が乾燥をすると過角化という現象が起こって毛穴がつまりやすくなり、わずかな皮脂分泌でも毛穴をつまらせてしまいます。

洗顔のポイントは優しく行うことです。洗顔料はオイルフリーを選びましょう。オイルは吹き出物の原因のアクネ菌の好物で吹き出物を悪化させます。洗顔料はよく泡立てて使用をします。卵1個分くらいの泡を作ってください。まずはTゾーンを洗い、乾燥をしやすい目元や口元は泡をのせる程度にします。

洗顔は1分以内に終えましょう。長時間洗顔をしていると、肌の潤いが必要以上に奪われてしまいます。すすぎ残しがあると洗顔料の成分が肌に刺激を与えたり、残った成分が毛穴につまって吹き出物の原因になるので、すすぎをしっかりと行ってください。髪の生え際やあごはすすぎ残しをしやすいので、特に丁寧にすすぐようにします。

吹き出物対策のためにやっておきたいこと②洗顔後はしっかり保湿をする

吹き出物対策には保湿

吹き出物で悩む方は、皮脂を抑える化粧品やさっぱりした化粧品を選び傾向がありますが、吹き出物対策には保湿化粧品を使用します。

肌が乾燥をすると外部刺激から守るために、過角化という角質が厚くなる現象がおこります。角質が厚くなると毛穴が細くつまりやすくなり、このような状態でわずかにでも皮脂が分泌されれば、毛穴がつまって吹き出物を招いてしまいます。

脂性肌の方は保湿ケアをしましょう。脂性肌は肌の水分と油分のバランスが崩れているので、皮脂分泌が活発になっています。不足する水分を補うために、皮脂が活発に分泌されているのです。保湿をして水分と油分のバランスが整うと、自然と皮脂分泌が治まってきます。

保湿化粧品を選ぶ際は、オイルを配合していないことを確かめてください。保湿系の化粧品はオイルを配合していることが多いのですが、オイルはアクネ菌を繁殖されます。ノンコメドジェニックならアクネ菌を繁殖させるような成分は配合されていません。

保湿作用が高い成分が、ヒアルロン酸やセラミドです。これらの成分を配合している場合、とろみがないことを確認してください。とろみがあると成分が肌表面にとどまり、毛穴をつまらせてしまいます。成分がナノ化してあると肌表面にとどまりにくいです。

吹き出物対策のためにやっておきたいこと③食事を見直す

吹き出物対策には食事を見直す

洗顔をしたり化粧品でケアをして外側から対策をするだけでなく、食事を見直して内側からも対策をしましょう。化粧品でケアをしても改善しない場合、内側に問題がある可能性があります。食べたもので人間の体が作られているので、普段何を口にするかが重要なのです。

吹き出物を悪化させる食べものは、脂質や糖質が多いものです。脂質や糖質を過剰に摂取すると皮脂分泌が促されます。ファストフード、揚げ物、肉類など欧米食は脂質が多く、吹き出物を悪化させる心配があります。ケーキ、チョコレート、クッキー、大福など甘いものも注意が必要です。

吹き出物の対策のために摂りたい栄養素は、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6です。タンパク質は肌の修復のために必要です。魚・肉・大豆・卵などに良質なタンパク質が含まれています。

しかし、肉を食べすぎると飽和脂肪酸の過剰摂取になり皮脂分泌が活発になることがあるので、魚や大豆などからもタンパク質を摂取しましょう。

ビタミンAはターンオーバーを促す働きがあります。うなぎ、卵黄に含まれる他、ほうれん草やかぼちゃなど緑黄色野菜に多いβカロテンから体内で作ることもできます。

ビタミンB2とビタミンB6は皮脂分泌をコントロールする働きがあります。ビタミンB2は豚肉やレバーに多く、ビタミンB6はカツオやマグロなどに多く含まれています。

まとめ

吹き出物ができてしまい跡が残ってしまうと、セルフケアで改善をすることは難しいです。吹き出物ができて跡が残らないように早めに対策をしておくことが、つるつるな肌を目指すためのポイントになります。

洗顔をして清潔にし、保湿をして肌の乾燥を防ぎ、食事のバランスに気をつけることが、吹き出物対策の基本です。すべてを一度に行うのは大変ですので、少しずつでも改善をしていきましょう。毎日の地道な積み重ねが何年後かのきれいな肌を作りますよ。

raffiness

2,434 views

美容・健康・妊活などについての記事を執筆しています。おすすめ情報やためになる記事をお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。