Raffiness

Lifestyle media for women

吹き出物の芯を自己流で取るのは危険?皮膚科で治療した方がいい?

吹き出物の芯を自己流で取るのは危険?皮膚科で治療した方がいい?

吹き出物ができると気になって触りたくなりますよね。早く治したいので、無理やり芯を押し出したくなる気持ちもわかります。確かに、吹き出物の芯を取りだすことで吹き出物の治りが早くなったり、赤い吹き出物に発展をすることを防げます。

しかし、自分で吹き出物の芯を取り出そうとすると皮膚を傷つけて色素沈着やクレーター状の陥没など、吹き出物の跡を残してしまいます。吹き出物の芯を取るなら自己流でやるのではなく、皮膚科に相談をしましょう。

吹き出物の芯は自己流で取ると危険?

吹き出物は毛穴に皮脂がたまることでできます。毛穴にたまった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖をすると、炎症が起こり吹き出物が悪化をします。悪化をすると炎症の刺激で色素沈着やクレーター状の跡が残る可能性があります。

跡を残さないためには、早めに吹き出物を治すこと大切です。吹き出物の芯を取り出すと、炎症が治まり治りが早くなります。しかし、自己流で芯を取り出すのは少々危険です。

自己流で芯を取りだすと皮膚を傷つけてしまう可能性があります。傷つけた刺激でメラニンの生成が活発になると色素沈着ができます。皮膚が再生する際に皮膚が収縮をしてクレーター状の跡が残る可能性もあります。

また、雑菌が混入をして吹き出物が悪化する心配もあります。手には雑菌が付着をしています。どんなに一生懸命石けんで手を洗っても、完全に殺菌することは難しいです。吹き出物の芯を取りだす際に手に付着していた雑菌が混入をすると、炎症が起こり吹き出物が悪化をします。

芯を取りだす市販のテープなどがありますが、これらを使用することも避けましょう。大きな芯は市販のテープなどでは取りきることはなかなか難しいです。

吹き出物の芯は皮膚科で治療しよう

吹き出物の芯は皮膚科で取ろう

皮膚科では面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という方法で吹き出物の芯を取りだします。吹き出物には白、黒、赤、黄色と段階がありますが、面皰圧出に適しているのは白や黒など炎症を起こしていない初期の吹き出物です。赤や黄色の吹き出物は炎症を起こしているので、この場合は抗生物質などで炎症を抑えることを優先します。

皮膚科の面皰圧出では、レーザーや針を使用して吹き出物に穴を開けます。穴を開けておくと、芯を取りだすときに周辺の皮膚が破けることを防ぐ働きがあります。そして、面皰圧出器という専用の器具を使用して芯を取りだします。

面皰圧出で吹き出物の芯を取り出すと吹き出物の治りが早くなります。また、レーザーで穴を開けた場合はレーザーで殺菌されるので、吹き出物の予防にもなります。

面皰圧出は保険適用の治療法です。保険適用の場合はあまり多くの数を治療できず、一度に治療できる数は5~6個程度です。自己流とは違い吹き出物に穴を開けたり、吹き出物の状態合わせて治療を行っています。自己流では肌を傷つけて吹き出物を悪化させるので、行わないようにしましょう。

ピーリングで吹き出物を予防

ピーリングで吹き出物を予防

芯を取るのは皮膚科に任せて、自宅では芯を予防するケアをしましょう。吹き出物の芯は毛穴がつまり毛穴内部に皮脂がたまることでできます。毛穴がつまる原因は、乾燥、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、食事などさまざまあります。まずは生活習慣を見直し、芯ができる原因を取り除きましょう。

毛穴のつまりを解消するために効果的な方法がピーリングです。ピーリングには古くなった角質を取り除き、肌の新陳代謝を整える働きがあります。

ピーリング剤はドラッグストアなどで販売されています。洗顔料タイプ、化粧水タイプなどありますが、おすすめは洗顔料タイプです。化粧水は肌に残ってしまったり、拭き取るときに摩擦が生まれて肌を傷つけてしまいます。一方、洗顔料なら洗い流してしまうし、優しく洗えば摩擦を防ぐことができます。

自宅でピーリングを行う場合、週に1回までにしましょう。たくさん行った方が吹き出物が早く治りそうですが、やりすぎは逆効果です。肌が乾燥をして吹き出物を悪化させます。

ピーリング後は保湿ケアをしてください。肌の力が低下をして紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線対策もしっかりと行いましょう。

皮膚科でもピーリングを行っています。皮膚科で使用するピーリング剤は自宅で行うものと種類や濃度が違います。吹き出物の状態にあわせて使用するピーリング剤の種類や濃度を決めます。

まとめ

吹き出物の芯がない女性

吹き出物ができるとどうしても気になってしまいますよね。芯を取りだして早く治したいと思うのは当然のことです。

しかし、自分で芯を取り出すのは避けた方がいいでしょう。自己流で芯を取りだすと吹き出物が悪化をしたり、色素沈着やクレーター状の跡が残ってしまいます。跡が残ると改善は難しいです。

吹き出物の芯を取るなら皮膚科に相談をしましょう。適切な方法で吹き出物の芯を取りだしてくれます。皮膚科で吹き出物の芯を取りだすことで、吹き出物の治りが早くなったり、繰り返しできることを防げます。

吹き出物の芯を作らないことも、きれいな肌を保つために大切です。ピーリングをすることで吹き出物の予防効果が期待できます。ドラッグストアなどで販売されているピーリング剤を使用して自宅で行うことができます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top