Raffiness

Lifestyle media for women

吹き出物ができる3つの主な原因とは?

吹き出物ができる3つの主な原因とは?

吹き出物ができると気になって触ってしまったり、恥ずかしくてマスクで隠すことがありませんか?吹き出物はできる前に予防できるといいですよね。

吹き出物を予防するためには、まずその原因を知ることが大切です。原因を知ってそれを改善することで吹き出物を予防できます。

吹き出物は毛穴がつまって毛穴内部に皮脂がたまることが主な原因です。思春期の吹き出ものは、成長ホルモンの影響による過剰な皮脂分泌が原因で毛穴がつまってしまうのですが、大人の吹き出物の場合は毛穴がつまる原因がさまざまあります。

では、どのようなことが原因で毛穴がつまってしまうのでしょうか。

吹き出物ができる原因①生理の影響

吹き出物ができる原因は生理の影響

「生理前だけ吹き出物ができる」「生理のときには吹き出物が悪化をする」、こんな経験がありませんか。生理前だけ吹き出物ができるようなら、プロゲステロンの影響が原因かもしれません。

エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンは、バランスを取って分泌されています。生理開始から排卵までは主にエストロゲンが分泌されます。エストロゲンには卵子を育てたり、子宮内膜を厚くする働きがあります。

排卵後にはプロゲステロンの分泌量が増えます。プロゲステロンは子宮内膜をさらに厚くさせます。着床しなかった場合はプロゲステロンの量が減少をして、子宮内膜がはがれ落ちて排泄されます。

では、どうしてプロゲステロンがニキビと関係あるのでしょうか。プロゲステロンには皮脂分泌を活発にする作用があります。皮脂が過剰に分泌されることで吹き出物ができてしまったり、もともとある吹き出物が悪化をします。

また、プロゲステロンは肌の水分量を低下させます。肌が乾燥をすると外部刺激から守るために角質が肥厚します。肥厚した角質で毛穴がふさがれてしまい、この状態で皮脂が分泌されればつまりやすくなります。

生理前にはイライラしやすいという人もいますが、イライラがホルモンバランスを崩し、さらに吹き出物を悪化させることもあります。

吹き出物ができる原因②食事の影響

吹き出物ができる原因は食事の影響

食事は毎日摂るものなので肌への影響は大きいです。毎日の食事が原因で吹き出物ができることがあります。特定の栄養素に偏ったり、特定の栄養素が不足をすると、吹き出物ができやすい状態になります。

欧米食は引き出物を作りやすい食事です。欧米食は、肉類や揚げ物、パンやパスタなど脂質や糖質に偏った食事です。脂質や糖質を過剰に摂取すると皮脂分泌が活発になります。

バランスが悪い食事ではタンパク質が不足しがちです。タンパク質は健康な肌を作るために必要で、不足をするとターンオーバーが滞ります。ターンオーバーが遅れることで古い角質がたまり、毛穴をふさいでしまいます。

脂質を摂取すると皮脂分泌量が増えて吹き出物が悪化しそうですが、必要な脂質が不足することでも吹き出物ができます。不足しやすい油がオメガ3系脂肪酸です。オメガ3系脂肪酸は細胞膜の原料になり、不足をすると肌が乾燥をしやすくなります。また、オメガ3系脂肪酸にはターンオーバーを促進する働きもあります。

ビタミンは体のバランスを保つために必要なもので、肌の健康を保つためにも必要です。ビタミンB2とビタミンB6は皮脂分泌をコントロールし、ビタミンAはターンオーバーを促進します。

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインはビタミンB群の吸収を阻害し、必要な栄養素が不足することでターンオーバーを乱します。

吹き出物ができる原因③睡眠不足の影響

吹き出物ができる原因は睡眠不足の影響

睡眠不足も吹き出物の原因です。理由は3つあります。

1つめは角質を肥厚させるからです。肌細胞の分裂や修復は寝ている間に活発に行われます。睡眠中には成長ホルモンが多く分泌されて、成長ホルモンの働きで肌細胞の分裂や修復が行われています。睡眠不足になると成長ホルモンが十分に働けず、ターンオーバーが乱れたり傷ついた質が悪い細胞が残ってしまい、吹き出物ができやすい状態になります。

ただ、睡眠時間をたっぷり確保すればよいのではなく、何時に眠るかも重要です。成長ホルモンの分泌が盛んになるのは就寝から3時間です。一方、ターンオーバーが行われるのは22時から2時までです。つまり睡眠時間が同じでも、22時から2時の間に眠っているのと、2時過ぎに眠るのでは違うのです。

2つめの理由は皮脂分泌の増加です。自律神経には交感神経と副交感神経がりますが、睡眠不足になると交感神経が優位になります。交感神経の影響で皮脂分泌が活発になります。

3つめの原因はアクネ菌の増殖です。免疫力をしっかり働かせるためには睡眠をしっかりととることが大切です。睡眠時間が不足をすると免疫力が低下をしてしまい、ニキビの原因のアクネ菌に対抗する力が低下をします。

吹き出物ができる原因▶︎まとめ

このように吹き出物ができる原因はさまざまあります。吹き出物ができて悪化してしまうと、跡が残る可能性があります。また、吹き出物ができると鏡を見たときにがっかりしたり、メイクがうまくできなくて困ることもありますよね。

このようなことを防ぐためにも、吹き出物の原因を知って予防をすることが大切です。吹き出物の原因は人それぞれ違うので、生活習慣を見直して何が原因なのか考えてみましょう。そして、原因となるものを改善して吹き出物を予防してみましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top