Raffiness

Lifestyle media for women

ダイエットにアイス!?甘いものを食べて痩せるって本当?

ダイエットにアイス!?甘いものを食べて痩せるって本当?

アイスクリームがダイエットにいいと言われるとちょっと不思議な感じですよね。

「えっ!甘いものはダイエットの敵だったのでは?」

と、びっくりしてしまいます。

しかし、アイスクリームがダイエットにいいと言われるのには理由があるのです。

ただ、やみくもにアイスクリームならなんでもいいと思って食べても逆効果になってしまう場合もあります。

アイスクリームがダイエットに効果的な理由と、効果を発揮する食べ方をきちんと知っておきましょう。

「大好きなアイスでダイエットできるなんて幸せ!」

と思っているあなたにぴったりのアイスクリームダイエットをぜひ試してみてください。

アイスダイエットとは

アイスダイエットとは

ダイエットを行うにあたって、問題となるのが痩せた後のリバウンドです。無理なダイエットを行うと身体が自らを守るために脂肪を溜め込む働きを始めるのです。

そのため、ダイエットの後に普通に食べても太る身体になってしまいます。

それを避けるためには、空腹を感じさせない適度な脂肪分の摂取がいいと言われています。

1日に55g程度はダイエット中でも脂肪を摂取する必要があるのですが、この脂肪の摂取の仕方が健康に痩せるコツと言えるのです。

アイスの中で『アイスクリーム』は脂肪分の豊富な食品です。

しかも他のスイーツに比べて糖質が低く、炭水化物を含まないため、血糖値の上昇も穏やかで、太りにくいスイーツと言えます。さらには冷たい食べ物という点でもダイエットに効果があると言えるのです。

「え?冷たいのは身体に悪いって聞いたけど?」と思うかもしれません。

もちろん身体を冷やすのは普通は厳禁です。しかし冷たいものを食べると、冷えた分の体温を上昇させるために代謝が上がります。

代謝があがるということは痩せやすくなるということです。

さらにアイスクリームの原料は牛乳であることから、カルシウムが豊富な食品となっています。

カルシウムは多く摂取すると代謝を上げて脂肪を燃焼させる効果があるとされています。これらの多くの効果からアイスクリームがダイエットのサポート食品として優秀と言われているのです。

アイスダイエットのやり方

アイスダイエットのやり方

アイスクリームダイエットの具体的な方法を説明します。

まず、アイスクリームを食べる時間帯は朝から15時ぐらいまでにしてください。代謝機能が1番働く時間帯がそのぐらいだからです。

代謝が低下した時間に甘いものを食べてしまってはダイエットになりませんのでこれはとても大事なことです。

また、お腹が空きやすい時間帯として、朝から昼までというのは間食を摂ったほうがいい時間とも言われています。

さらに、「朝は食べられない」という場合に、アイスを1個食べるだけでも脂肪分が補給できるので空腹を抑えることができます。

 

アイスクリームダイエットにはその量も注意が必要です。

ダイエットに向いているからと言っても、アイスクリームの糖質と脂肪分はやはりダイエット中にはコントロールするべき食品です。たくさん食べていいものではありません。

大体1日40gから60g程度、たくさん食べたい場合は2日に1回その倍を食べるというような感じに調整してください。

また、あたたかいドリンクと一緒にいただくと、代謝がよりアップするのでおすすめです。

ダイエットにいいアイスの選び方

ダイエットにいいアイスの選び方

ダイエットに適したアイスクリームの選び方を説明します。

まず脂肪分は12%以上のものを選んでください。本来アイスクリームと呼ばれるものは脂肪分8%以上のものと定義されています。

しかし、あまり脂肪分が低いものは、口溶けのコクが薄いため、どうしても糖分を多くしがちであるようです。

糖分は少ないほうがいいので脂肪分の少ないものは避けたほうがいいでしょう。

また、1日の脂肪分の摂取量が55gであることを踏まえて、他の食品との兼ね合いで、摂りすぎないように調整するのも大切です。

アイスクリームにはいろいろ種類がありますが、おすすめはバニラアイスです。

バニラアイスはアイスクリームの中でも脂質とタンパク質が多いので空腹を抑える間食にぴったりで、しかも代謝の活性化に役立ちます。

また、バニラの香りはストレス解消にぴったりで、自律神経の緊張をゆるめてくれるのです。

まとめ

「アイスクリームを食べながらダイエットなんて夢みたい」そう思って、最初は疑っていたのではないでしょうか?

でも、全然夢ではなかったですね。

アイスクリームは脂質が多く、糖質が少ないため、スイーツの中では太りにくい甘いものです。

さらにダイエット中に必要な脂質を安全に補給するのにちょうどいい食品でもあります。

ただし、「ダイエットになるからたくさん食べよう!」などと思ってはいけません。

脂質や糖質をコントロールしながら、代謝をアップさせた状態で太らないように食べるからこそ意味があるのです。むやみやたらに食べていては結局太ってしまいます。

食べる時間も代謝の働きがいい時間帯を選び、絶対に夜には食べないようにしましょう。

それでもダイエット中に甘いものを食べられるのは嬉しいですよね。

「ダイエットって楽しい!」と思えるような辛くないダイエットを行って、健康的に痩せるようにがんばりましょう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top