吹き出物ができる場所別の原因と対処法

吹き出物の場所別の原因と対処法

吹き出物のやっかいなところは、同じところに何度もできてしまうことです。同じところに吹き出物ができるのは原因があります。吹き出物ができる部位によって原因が違うので改善方法も違います。

吹き出物は早めに治さないと跡が残ることがあります。跡が残ってしまうと跡を消すことは難しいです。そのため、早めにケアをして改善をすることがきれいな肌を保つためには大切です。

早めに改善をするためには、できる部位別の原因を知って正しい方法でケアをする必要があります。では、吹き出物ができる原因とは何か、部位別にどのようなケアをしたらいいのでしょうか。

おでこにできる吹き出物の原因とケア方法

おでこにできる吹き出物

思春期に吹き出物ができやすい部位がおでこです。大人でもおでこに吹き出物ができることがあります。思春期にできるおでこの吹き出物の原因は過剰な皮脂分泌です。思春期には成長ホルモンの分泌が活発になり、成長ホルモンの影響で皮脂が盛んに分泌されます。過剰な皮脂によって毛穴がつまることで吹き出物ができます。

大人の場合は、髪や整髪剤が触れたり、洗顔料のすすぎ残しが原因です。整髪剤などが毛穴に詰まったり、これらが肌に刺激を与えて過角化という角質が厚くなる現象が起こり、毛穴がつまります。

おでこの吹き出物の原因は排除できるものなので、原因を取り除きましょう。恥ずかしくて前髪で吹き出物を隠したくなりますが、治すためには髪が触れないようにすることが大切です。整髪剤はなるべく使わず、使うときはおでこにかからないように気をつけてください。

過剰な皮脂は洗顔で落とします。洗顔時の注意点はすすぎをしっかりとすることです。おでこはすすぎ残しをしやすく、残った洗顔料が毛穴につまったり肌に刺激を与えて吹き出物の原因になります。洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎをしましょう。

鼻にできる吹き出物の原因とケア方法

鼻にできる吹き出物

鼻に吹き出物ができると顔の真ん中なので目立って気になりませんか。鼻は吹き出物ができやすい場所です。では、どうして鼻に吹き出物ができてしまうのでしょうか。

吹き出物は毛穴がつまることでできます。鼻は皮脂分泌が活発な部位なので、過剰な皮脂で毛穴がつまってしまうのです。さらに、鼻の毛穴は深いので皮脂がたまりやすい場所ともいます。

そんな鼻を雑菌が付着した不衛生な手で触ったり、ファンデーションを塗るなどすると、毛穴がさらにつまりやすくなります。もともと鼻は皮脂分泌が活発な部位ですが、吹き出物ができるほど皮脂分泌が活発になる原因があります。

思春期の場合は成長ホルモンの影響が過剰な皮脂分泌の原因です。大人の場合は、ストレス、睡眠不足、偏った食事などが過剰な皮脂分泌の原因になります。

では、どのようにケアをしたらいいのでしょうか。鼻の吹き出物は洗顔を正しく行って改善を目指しましょう。洗顔時に気をつけることは、強い力でこすらないことです。強い力で肌をこするとバリア機能が低下をして、肌が乾燥しやすくなったり、ニキビの原因菌のアクネ菌に対抗する力が低下をします。洗顔料をよく泡立てて、泡をころがすように優しく洗ってください。

すすぎはぬるま湯で行います。熱いお湯は肌に必要な潤いを落としてしまったり、肌にダメージを与えるので、35度くらいのぬるま湯ですすぎをしましょう。

口の周りにできる吹き出物の原因とケア方法

口元にできる吹き出物

口の周りにできる吹き出物の原因は、食べすぎや体調不良です。口は内臓を映す鏡で、食べすぎで内臓の調子が悪くなると、口の周りに吹き出物ができることがあります。疲れやストレスがたまり抵抗力が落ちているときも、口の周りに吹き出物ができやすいです。

口の周りの吹き出物は内臓機能の低下が考えられるので、暴飲暴食を慎みましょう。「ちょっと胃が疲れているな」と思うときは、1食抜いてしまってはどうでしょうか。

私たちは1日3食、多い人ではおやつや夜食なども食べていて、自分では自覚をしていなくても食べすぎていることが少なくなく胃腸は疲れています。1食抜くことで疲れて胃腸を休めることができます。おかゆなど消化によいものを食べるのもよいですね。

また、刺激物は摂らないようにましょう。唐辛子など刺激があるものは胃腸を荒します。糖分と脂質の摂りすぎも控えてください。砂糖を摂取すると胃の働きが低下をします。脂肪分は胃に長くとどまって消化に負担をかけます。

体が冷えると内臓機能が低下をするので、体を温めることを心がけてください。生姜には体を温める働きがあります。さらに、消化を助けてもくれます。生姜入りの白湯や味噌汁などは体を温める食品です。

吹き出物ができる場所別の原因と対処法▶︎まとめ

吹き出物ができる場所によって原因が違います。口の周りの吹き出物のように内臓機能の低下を知らせてくれるサインのこともあり、原因を知ることで体調管理に役立てることができます。

吹き出物がなかなか治らないのは、その部位に適切なケア方法でなかったからかもしれません。原因が違えば対処方法も違います。

部位別の原因を知って、その部位に適した方法でケアをして、吹き出物の改善を目指しましょう。早めにケアをすることで吹き出物の跡が残ることの予防にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です