吹き出物ができやすい体質を改善する3つの方法とは?

吹き出物ができやすい体質を改善する方法

吹き出物ができるのは体質だからとあきらめていませんか。「何度も吹き出物ができる」「同じ場所に繰り返しできる」「親も吹き出物に悩んでいた」こんな状態だと、体質だからとあきらめたくなりますよね。

でも、吹き出物を治したいと思いませんか。吹き出物ができていると、鏡を見たときにがっかりしますよね。

吹き出物ができやすい体質は、生活習慣の改善などで変わる可能性があります。体質改善をすることで、吹き出物ができにくいツルツルな肌に近づくことが期待できますよ。

吹き出物ができやすい体質を改善する方法①食事で体質改善

食事で吹き出物ができやすい体質を改善

吹き出物ができやすいのは、体の中に原因があるのかもしれません。食事は毎日摂るもので体に大きな影響を与えます。また、体は食べたものの栄養をもとにして作られています。まずは食生活の見直しをしてみましょう。

「甘いもの大好き」「ファストフードをよく食べる」こんなことに当てはまりませんか。甘いものや脂肪分の多いものは吹き出物ができやすい体質を作ります。

糖質や脂質を多く摂取すると、皮脂分泌が促されてしまいます。過剰な皮脂は毛穴につまって吹き出物を作る原因になります。甘いものというとお菓子のイメージがありますが、ご飯、パン、麺類なども糖質が多いので食べすぎれば皮脂分泌が多くなる可能性があります。菓子パンも糖質が多いです。

脂質が多い食品は、揚げ物、炒め物、肉類、乳製品、ファストフード、スナック菓子などです。肉類や乳製品に多い飽和脂肪酸は皮脂分泌を活発にするので、摂り過ぎには気をつけましょう。

皮脂分泌抑制のために摂りたい栄養素が、ビタミンB2とビタミンB6です。ビタミンB2はレバー、卵、納豆など、ビタミンB6はまぐろ、かつお、焼きのりなどに多く含まれています。

健康な皮膚を作るためにビタミンAも必要です。ビタミンAはレバー、卵黄などに多く含まれています。βカロテンを体内でビタミンAに変換することもできます。βカロテンは、ほうれん草、かぼちゃ、人参などに多く含まれています。

吹き出物ができやすい体質を改善する方法②漢方で体質改善

漢方で吹き出物ができやすい体質を改善

漢方薬は体質を整えて不調の改善を目指すものです。同じ症状でも体質が違えば処方される漢方薬は違い、症状が違っても同じ体質なら処方される漢方薬が同じことがあります。

「この症状にはこの漢方」とドラッグストアで販売されていますが、人それぞれの体質にあわせて処方されるので、漢方に詳しい医師または漢方薬局で相談をするとよいでしょう。

病院では保険適用で漢方薬を購入できますが、漢方薬局では保険が適用されません。保険適用の場合は適用内の漢方しか処方できませんが、漢方薬局なら保険適用外の漢方も処方できます。

また、漢方薬局の場合はエキス製剤だけでなく、煎じ薬を処方してもらうこともできます。エキス製剤は漢方を煮出してその液を顆粒状にしたもので、インスタントコーヒーのようなものです。一方、煎じ薬は生薬をグツグツと煮出したものを服用します。漢方薬の効果がそのまま発揮されるといわれています。

漢方薬の効き方は人それぞれです。すぐに変化を実感できる人もいれば、しばらく続けて実感できる人もいます。医師や薬剤師の指示に従って飲んでください。

吹き出物ができやすい体質を改善する方法③睡眠で体質改善

睡眠で吹き出物ができやすい体質を改善

睡眠不足は吹き出物を悪化させる原因です。睡眠不足になると自律神経の働きが乱れて、皮脂分泌が活発になります。寝ている間には肌細胞の生成や修復が行われていますが、睡眠時間が足りないと肌の生成や修復がしっかりと行われません。そして、免疫力が低下をして吹き出物の原因になるアクネ菌に対抗する力も低下をします。

肌の修復には成長ホルモンがかかわっていて、成長ホルモンは就寝後3時間に活発に分泌されます。そして、肌の生まれ変わりが活発になる時間帯が22時から2時までの間です。ただ睡眠時間をたくさん確保するのではなく、何時に寝るかも大切です。

睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌に影響がでる可能性があるので、質がよい睡眠を手に入れられるように工夫をしてみましょう。就寝前に強い光を浴びると、睡眠を促すホルモンのメラトニンの分泌が低下をします。

パソコン、スマホ、テレビなどからはブルーライトが発せられていて、就寝前に浴びると睡眠の質が低下をします。就寝2時間前にはスマホをしたりテレビを見ることは控えて、照明を暗めにしてリラックスできることをしましょう。

カフェインには覚醒作用があるので、就寝前にコーヒーや緑茶などカフェインを含むものを飲むことも避けてください。

吹き出物ができやすい体質を改善する方法▶︎まとめ

吹き出物ができやすい体質だからとあきらめているかもしれませんが、体質は改善できます。化粧品でケアをしても改善しない場合は体の中に原因がある可能性があるので、食事を見直したり、漢方薬を飲むなどして体の中から改善をしていきましょう。

漢方薬を飲むときは、医師や薬剤師に相談をするようにしてください。自分の体質に合った漢方薬を飲むことで、吹き出物ができにくい体質に近づくことが期待できます。

また、睡眠をしっかりと確保することも大切です。夜は早めに眠るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です