顔の吹き出物は潰してはいけない?その理由と対処法について

吹き出物ができてしまった女性

吹き出物ができると気になって潰したくなりませんか。潰せば早く治りそうな気もしますよね。吹き出物には、白、黒、赤、黄色など症状によって段階があります。どの段階でもぷくっと膨れていることが特徴です。膨れていると触りたくなってしまうこともあるでしょう。

でも、吹き出物は潰してはいけません。吹き出物の中にたまっている皮脂などを摂りだすことで、吹き出物の炎症を抑えたり治りが早くなることがありますが、自分で潰すと跡が残ることがあります。跡を残さないためには、正しい方法でケアをしたり、皮膚科で治療を受けるとよいでしょう。

では、吹き出物を潰すと具体的にどのようなリスクが伴うのでしょうか。

吹き出物を潰してはいけない理由

吹き出物は潰してはいけない

吹き出物を潰すことには2つのリスクがあります。

1つめは吹き出物の跡が残る可能性があることです。爪やピンセットなどで無理に潰すと、吹き出物だけでなく周辺の皮膚まで傷つけてしまいます。傷ついた刺激でメラニンの生成が促され、色素沈着ができることも。また、周辺の皮膚が回復する際に肌表面が陥没してクレーター状の跡が残ることもあります。

2つめは雑菌により吹き出物が悪化をすることです。手を清潔に洗ったつもりでも、手には雑菌が付着をしています。針などにも雑菌が付着しています。吹き出物を潰すときにこれらの雑菌が混入をして、炎症を起こして吹き出物が悪化をする可能性があります。吹き出物が悪化をすれば治りが遅くなり、跡が残る可能性が高くなります。

吹き出物は皮膚科で治療を

吹き出物は皮膚科で治療

吹き出物は自分で潰すのではなく、皮膚科で治療をしてもらうとよいでしょう。吹き出物の中でも潰してもよい吹き出物と、潰してはいけない吹き出物があります。潰してもよい吹き出物は、白や黒い色をしているものです。

これらは吹き出物の初期の段階で炎症を起こしていません。皮膚科では面皰圧出という方法で吹き出物の中にたまった膿や皮脂を取り出します。潰してはいけない吹き出物は、赤や黄色をしています。これらは炎症を起こしているので、皮膚科では炎症を抑える治療が優先されます。

では、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)とはどのような治療方法なのでしょうか。面皰圧出とは、面皰圧出器という専用の器具を使って吹き出物の中にたまった膿や皮脂を取り出す治療です。中身を取り出すときに周辺の皮膚を傷つけないようにするために、針やレーザーで吹き出物に穴を開けてから中身を押し出します。器具はしっかり殺菌がされています。

面皰圧出をすることで吹き出物の治りが早くなることが期待できます。吹き出物の悪化を抑えることで、跡が残る心配が減ります。

吹き出物を潰してしまったら

吹き出物を潰してはいけないとわかっていても、気になって触っているうちに潰れてしまったり、どうしても気になって潰してしまうこともあると思います。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

吹き出物を潰してしまったら、毛穴から出ている膿や皮脂を優しく拭き取ってください。刺激を与えると吹き出物が悪化をしたり跡が残る可能性があるので、膿などを拭き取ったらそれ以上刺激を与えないようにしてください。

赤や黄色をしている吹き出物は炎症を起こしていて肌がダメージを受けているので、それ以上刺激を与えてはいけません。吹き出物を潰した後の穴を引き締めるために、化粧水を使用することも控えてください。化粧水も引き出物を潰した後の肌には刺激になります。

跡を残さないためには、潰してしまった吹き出物を皮膚科医に診てもらうとよいでしょう。適切な処置をしてくれるはずです。

吹き出物が気になって触ってしまうようなら、皮膚科に相談をすることがおすすめです。皮膚科で相談をすれば適切な処置をしてくれて早く治ることが期待できます。早めに治しておけば気になって触ってしまうことがなく、跡が残るリスクも低下します。

吹き出物を作らないために

吹き出物を作らないために

吹き出物ができてしまうから気になって潰してしまうのですよね。まずは吹き出物ができないようにケアをすることが大切です。

吹き出物は毛穴がつまることでできるので、毎日の洗顔で清潔にして毛穴のつまりを防ぎましょう。ただし、洗顔のやりすぎは禁物です。洗顔をしすぎると肌の潤いが奪われてしまい肌が乾燥をします。乾燥をすることで毛穴の力が低下をして、わずかな皮脂でも毛穴がつまって吹き出物ができてしまいます。洗顔は朝と夜の1日2回までにしましょう。

洗う時には優しくを心がけてください。ゴシゴシ洗うと肌を守っているバリア機能が低下をして、肌の乾燥を進行させます。洗顔料をよく泡立ててふんわりとした泡を作り、泡を転がすように洗うことがポイントです。

すすぎも優しく丁寧に行いましょう。顎や髪の生え際はすすぎ残しをしやすいので、特に気をつけてください。洗顔後には保湿をします。肌が乾燥をすると過角化という現象が起こり、毛穴がつまりやすくなります。

生活習慣の見直しも大切です。ホルモンバランスが崩れたり、偏った食事をすることも、吹き出物ができる原因です。早寝早起きをする、バランスのよい食事をする、適度に運動をするなどもしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です