鼻の肌荒れがひどくなってきたときの原因と対処法

吹き出物を気にする女性

鼻の肌荒れを治しつつ、美肌を目指しましょう

鼻の肌荒れで考えられる原因は、大きく3つです。1つ目はニキビです。ニキビの種類はその深刻度によって、色が変わってきますが、鼻に赤ニキビができると、ピエロのようになって、困ってしまいますよね…。2つ目は、毛穴の黒ずみです。毎日、洗顔をしていても、いつの間にかできてしまいます。正しいお手入れをしなければ、毛穴が開いてしまいます。3つ目は、鼻のかみすぎです。鼻水が出て普通にかんでいるだけなのに、赤くなってしまうことがあります。

肌荒れはどこにできても、不愉快なものですが、鼻は顔の真ん中にあり、肌荒れが鼻にくると結構きついです。普段からマスクをしている人が多くなってきているので、昔よりも隠せるとは言え、食事時などはマスクを外さなければいけません。だから、繰り返し肌荒れが鼻にできてしまうのであれば、対策をとらなければいけませんよね。

実のところ、鼻周辺が肌荒れといっても、その対策は他の部分の肌荒れとも共通するところが多いです。だから、鼻周辺の肌荒れが気になるのであれば、その対策をとることで、他のお肌も綺麗になれるということです。是非、お悩みの鼻の肌荒れの解決を目指しつつ、美肌だよねと言われる状態になることを目指しましょう。

生活習慣と食生活を見直しましょう

生活習慣と肌荒れ

鼻の肌荒れも、他の肌荒れと同様に、お肌のターンオーバーが上手くいっていないことが原因です。お肌のターンオーバーがきちんとできるようになれば、自然と、鼻の肌荒れもできにくくなります。

お肌のターンオーバーがきちんとできるようになるには、生活習慣を整える必要があります。特に大切なのが、睡眠時間です。これをきちんと確保すれば、お肌が再生しやすくなります。それだけでなく、睡眠はストレスや疲れをとってくれます。ストレスや疲れは自律神経を乱し、血行を悪くします。血行が悪くなると、老廃物が溜まりやすくなり、肌荒れにつながります。しっかり睡眠をとりましょう。

また、鼻の肌荒れのなかでも、ニキビと毛穴の黒ずみは、皮脂が多く出てしまっていると考えられます。脂っこいものや、甘いものを過度に食べるのはやめ、3食、健康的な食生活をするように努めましょう。また、水分をとることも、老廃物を外に排出するために大切なことです。1日2Lの水を飲むことを目指しましょう。

生活習慣と食生活は、鼻のかみすぎによる肌荒れ対策とはつながらないように思われるかもしれませんが、生活習慣と食生活を改善することで、免疫力を高めることができ、鼻水が出る状態を減らすことができます。鼻の肌荒れが気になるときは、ぜひ生活習慣と食生活を見直してみてください。

肌荒れを起こしたら正しいケアをしましょう

正しいスキンケア

鼻の肌荒れについて、3つのケースを紹介しましたが、できてしまったら仕方ありません。できてしまったものを鏡でじっと見て、観察していても治りませんので、正しいケアをして一日も早く、肌荒れしにくい状態に戻しましょう。

まず1つ目の鼻のニキビですが、色々いじらず、洗顔をきちんとすることが基本です。その際は、よく泡立てた洗顔石鹸で優しく包むようにと洗いましょう。ごしごし洗ってはいけません。その後、人肌のぬるま湯で洗顔成分を良く落とします。ニキビは皮脂がたくさん出ているから、保湿を控える方がいますが、皮脂は乾燥していると思うから出ます。保湿は忘れずにきちんとしましょう。

2つ目の毛穴の黒ずみも基本は洗顔で対策をすることができます。蒸しタオルなどで毛穴を開いてから、洗顔をすると良いです。即効性を求め、毛穴パックなどをしても良いですが、毛穴パックは周囲の肌を痛めるので、月に1回までにしましょう。

3つ目の鼻のかみすぎによる肌荒れですが、鼻に鼻水が残らないようにし、保湿をしっかりしましょう。その上で、ちょっとお高めですが、お肌に優しいものにティッシュを変えてしまうのも効果的です。

日々の対策をきちんとし、くよくよしない

肌荒れもくよくよしない

鼻周辺の肌が荒れてしまって悩んでいるのは、あなただけではありません。場所が場所だけに悩んでいる方はたくさんいます。でも、「あの人、鼻の周りが肌荒れしてる…」と思い相手をじっと見てしまうことはないと思いますし、それ程、気にならないですよね。だから、あなたの肌荒れもまた、他人の目から見たら、それ程気にならないものなのです。

にもかかわらず、鼻が肌荒れしてくると、ついつい鏡で何度も見て触ってしまっていませんか。手はきちんと洗っていても、雑菌が色々ついています。荒れてしまっているお肌をそのような手で何度も触っていて良い訳がありません。そうでなくても、鼻を触ることが癖になっている方もいます。鼻を手で触ること、意識的に避けるようにしましょう。

お肌は毎日、きちんとケアをし、疲れやストレスのない状態を維持できれば、きちんと応えてくれます。きちんとケアをしているのに、肌荒れが起こってしまったら、「疲れやストレスが溜まっているんだな、ちょっと休もうよ」と体と心が言っていると考えましょう。肌荒れが鼻にできてしまったとしても、くよくよしないことが大切です。もしどうしても気になるのであれば、皮膚科に行きましょう。処方薬は市販のものよりも良く効きます。どうぞお大事に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です