早く治したい!しつこい吹き出物を早く治す3つの方法

吹き出物を早く治す方法

「この吹き出ものを早く治したい!」吹き出物ができていると恥ずかしかったり、気になってしまいますよね。また、吹き出物は早く治した方が跡が残りにくいです。

吹き出物を改善するには正しくケアをしなければなりません。誤った方法でケアをすると、吹き出物が悪化をしたり跡が残ってしまいます。

でも、さまざまな吹き出物用の化粧品が販売されていたり、ネットの情報などがあるので、どんな治し方をしたらいいのか困ってしまいませんか。そこで今回は、吹き出物をどのような方法で治したら早く治るのかをご紹介します。

吹き出物を早く治す方法①毛穴のつまりを取り除く

吹き出物は毛穴のつまりをとる

吹き出物は毛穴がつまることでできます。乾燥、ストレス、睡眠不足、栄養バランスの崩れなど、毛穴がつまる原因はさまざまです。毛穴のつまりが原因なので、吹き出物を改善するには毛穴のつまりを取ることが効果的です。

毛穴のつまりを取るためにはピーリングを行います。ピーリングには、AHA(アルファヒドロキシ酸)やサリチル酸などが配合された化粧品を使用します。AHAなどにはタンパク質を取り除く働きがあり、古くなった角質を取り除いて毛穴のつまりを改善します。

ピーリング用の化粧品には、拭き取り化粧水、ジェル、洗顔料などがありますが、おすすめは洗顔料です。拭き取り化粧水やジェルなどは、ピーリング成分が肌に残ってしまいますが、洗顔ならすすぐので成分を洗い流すことができます。

ピーリングを行う頻度は1週間に1回までです。やりすぎると肌の乾燥が進行してしまいます。肌が乾燥をするとターンオーバーが乱れて毛穴をつまらせてしまうので、ピーリングをやりすぎないようにしましょう。

また、ピーリング後の肌は弱っているので保湿をして保護してください。そして、紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線対策もしっかりとしましょう。

皮膚科でもピーリング治療を行っています。自宅で行うピーリングとは、薬剤の濃度や種類が違います。吹き出物の状態にあわせて薬剤を選択して治療をしてくれます。

吹き出物を早く治す方法②保湿をする

吹き出物は保湿が重要

吹き出物ができている人はさっぱりした化粧品を選ぶ傾向がありますが、大人の場合は保湿をすることが大切です。

吹き出物は脂性肌にできるイメージがありますが、乾燥肌も吹き出物ができます。肌が乾燥をすると肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が蓄積をします。たまった毛穴で毛穴が細くなってつまりやすくなり、わずかな皮脂分泌でも毛穴がつまって吹き出物ができてしまうのです。

脂性肌も保湿をしましょう。脂性肌の場合、肌の水分と油分のバランスが崩れていて、不足する潤いを補うために皮脂が過剰に分泌されます。水分と油分のバランスが整うと、過剰な皮脂分泌が治まります。

保湿をする際には、オイルフリーの化粧品を使用してください。オイルは吹き出物の原因のアクネ菌の好物で、アクネ菌を繁殖させて吹き出物が悪化する可能性があります。保湿系の化粧品にはオイルが配合されていることがよくあるので、成分をよく確認しましょう。

化粧品をつける順番、化粧水・美容液・乳液・クリームです。乳液とクリームはどちらか一方でも構いません。化粧水で水溶性の美容成分届け、乳液やクリームで与えた潤いを閉じ込めます。

ビタミンC誘導体入りの化粧品もおすすめです。ビタミンC誘導体には、コラーゲンの生成を促す、メラニンの生成を抑制する、皮脂分泌を抑制するといった働きがあります。

吹き出物を早く治す方法③食事を見直す

吹き出物には大豆イソフラボン

化粧品でケアをしても吹き出物が治らない場合は、食事を見直してみましょう。チョコレートを食べると吹き出物ができると聞いたことがありませんか。チョコレートを食べても吹き出物ができない人もいますが、食事が吹き出物と関係をしているのです。

脂質と糖質の過剰摂取は吹き出物を悪化させます。脂質と糖質を過剰に摂取をすると皮脂分泌が促されるからです。揚げ物や肉類などが中心の欧米食やファーストフードなどは吹き出物の悪化につながります。

肌はタンパク質でできているので、肌の修復をするためにはタンパク質が必要です。無理なダイエットをして肉や魚を控えていませんか。肉や魚は良質なタンパク質を豊富に含んでいる食品です。

カロリーが気になるようなら大豆製品がおすすめです。大豆にはタンパク質が豊富に含まれているだけでなく、女性ホルモン様作用がある大豆イソフラボンも含まれています。女性ホルモンの乱れは吹き出物の原因となるので、ホルモンバランスを整えるためにも大豆製品がおすすめです。

ビタミンやミネラルもしっかりと摂取しましょう。ビタミンとミネラルは肌の修復や皮脂分泌のコントロールに必要な栄養素です。たとえば、ビタミンB2とビタミンB6には皮脂分泌をコントロールする働きがあり、ビタミンAにはターンオーバーを促す働きがあります。

吹き出物を早く治す方法▶︎まとめ

さまざまな吹き出物の治し方がネットで紹介されていますが、中には誤った方法もあります。誤った方法を行えば吹き出物が改善しないばかりか、吹き出物が悪化をして跡が残る可能性があります。

吹き出物を改善するには、毎日のケアと食事の見直しが大切です。洗顔と保湿を毎日根気よく続け、食事のバランスにも気をつけましょう。

それでも治らない場合は、皮膚科で相談をしてみましょう。皮膚科では吹き出物の状態にあわせて適切な処置をしてくれます。早めに治療をすることで跡が残ることを防げますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です