ホルモンバランスのせい?産後に肌荒れがひどくなる原因とその対策

産後の肌荒れ

毎日の赤ちゃんと一緒の生活。オムツに授乳に夜泣きにと忙しく額にアセアセ。汗を拭おうとしたら・・。「えっ?何このブツブツ」「私こんなにオイリー肌だったっけ?」

ショックですよね~。私もこんな経験あります。私はカサカサ系で口元がやけにカサカサなんでだろう?と思いました。

赤ちゃんが生まれると生活は一変。自分の姿をじっくり見る事なんて少なくなっちゃいます。その間に恐ろしくも肌質が変わっちゃってる~悲しい、なんてことも。

なぜ急に肌荒れになったのでしょう?産前は肌に自信あったのに…。どうして?

そんなお肌でお悩みのママさんに、産後の肌荒れ原因と対処法、体の中からキレイに近づける栄養素についてご紹介します。

なぜ産後は肌荒れしやすくなるのか?その大きな2つの原因とは?

1.産じょく期のホルモンバランスの乱れ

妊娠のため急増した女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」は、出産を終えると、急激に減少します。この急降下するホルモンの分泌の乱れが、美肌を保つ事に不利益に働き、肌荒れを助長してしまいます。

2.不慣れな生活環境変化

赤ちゃんとの生活は慣れない事も多く、初めての出産では分からない事や不安な事の連続です。そうした緊張感はストレスに繋がりますし、月齢が小さい赤ちゃんは2~3時間おきに授乳をしなくてはいけません。

こうして睡眠不足も重なり、母乳に水分を取られる事でも腸内の水分不足を招いてお通じも悪くなってしまいます。ストレス・睡眠不足・便秘等も肌荒れを助長してしまう原因の一つですし、お肌にとっては大敵です。これらの原因が思いあたることはありませんか?

産後の肌荒れ対策▶︎肌荒れの原因を見極めそれに合った対策しよう

産後の肌荒れで肌がかゆい女性

特に顔の肌が荒れてくるととても辛いですよね。赤ちゃんとの外出も、出かけたいけど人に見られたくないなぁと、自宅に引きこもりがちになってしまいますよね。ブツブツ・カサカサ、どんなタイプでも早く治したい。じゃあどうしたらいいの?

まず先にお話しした、ホルモンバランスの乱れであれば、妊娠から出産にかけてのアップダウンの激しいホルモン分泌は、およそ離乳食を始める頃になると、落ち着きを見せ始める事も多くあります。

なので、ホルモンバランスの乱れで肌荒れが起きているときは、不潔な手でさわったり、かきむしったりしないように気をつけましょう。この時期は肌がカサついたりして、肌のバリア機能が弱まっています。感染症や炎症も起こしやすいので十分に気をつけましょう。

ストレスや便秘・睡眠不足などが原因と思われる場合は、自分一人で育児を抱え込まないことが重要です。すべてを自分でやろうなんて思わずに、家族や周囲の方に頼り、時には息抜きしてストレス発散しましょう。

赤ちゃんを少し預けてグッスリ眠ったり、水分を多めに摂取する事を意識して、食物繊維の多く含まれた食品を選んでみて下さい。

私の場合はレーズンを食物繊維と鉄分補給に利用していました。簡単に食べられる食品ですが、カロリーがちょっと高めなので適切な量を食べましょう。

①ホルモンバランスの乱れ、②ストレスや便秘、睡眠不足のどちらが原因だとしても、治りが悪かったり、以前より悪化するなどの症状がある時は、早めに医療機関を受診して下さいね。

産後の肌荒れ対策▶︎産後に急増する大人ニキビにはスキンケアを見直そう

産後の肌荒れにいいオールインワンジェル

妊娠中は女性ホルモンに満たされ、お肌の調子も絶好調!でも出産したらお肌の調子が急降下。肌のコンディションも最悪だぁ~。と感じている産後の女性を悩ませている「大人ニキビ」をご存知ですか?

症状としては、下記のようなものがあります。

  1. オイリー肌になり肌の質感が産後に変化する。
  2. ニキビが急に増え始める。
  3. 大人になっての吹き出物類は、顎や口よりも下にできやすが、顔全体にニキビが広がってできている。
  4. 思春期のニキビの様に、プクッと盛り上がっているニキビが多い。

大人ニキビは皮脂の分泌も多くなり、顔がテカッと光っています。生理が始まる頃には落ち着いてくるかもよと言われても、何とももどかしい数か月ですよね。戻る補償も100%ではありません。

大人ニキビの主な原因は女性ホルモンですので、ホルモンバランスを整える事が一番ですが、その他にも「スキンケア」を見直す事も重要な対処方法です。

産後の肌トラブルは、今までと同じスキンケアをするのではなく、一度見直し「乾燥肌用」「敏感肌用」「薬用」「低刺激」などの洗顔や化粧水を選びましょう。

ケアの時間も限られますので、オールインワンタイプを購入しておくのも良いです。また「洗顔」にも一工夫が必要です。皮脂が多くなり、そのテカリを落とそうとついつい強めに洗顔でゴシゴシしたくなりますよね~。ただこれはダメです。

頭皮もそうですが、皮脂を必要以上に落とすとかえって皮脂が多く分泌されます。朝は洗顔に洗顔フォームを使わない方法で、大人ニキビを克服できることもあります。

1日の洗顔。朝はぬるま湯、夜は洗顔フォームで優しく泡立ててきちんと洗顔するのも、過剰に皮脂を落とさないため、余分な皮脂を分泌させないコツなのです。

ご自身にあったスキンケアも大人ニキビ対策には必要ですね。

産後の肌荒れ対策▶︎産後の肌荒れにいい栄養・悪い栄養を知ろう

産後の肌荒れにいい栄養素

体の中からも肌荒れを抑制する事は十分可能です。大人ニキビにも効果的な、ビタミンB2・B6は、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑える効果があります。

同時に抗酸化作用もあり、肌組成のもとのでもあるビタミンCと一緒に摂取する事で相乗効果も期待できます。

  • ビタミンB2が多く含まれる食品:アーモンド・レバー・納豆
  • ビタミンB6が多く含まれる食品:バナナ・緑黄色野菜
  • ビタミンCが多く含まれる食品:かんきつ類

ニキビだけでなく、乾燥肌には新陳代謝を促す亜鉛の摂取が良く、亜鉛はカキ・ホタテ・納豆などにも含まれています。

また、逆に肌トラブルを加速させる物質は「カフェイン」です。カフェインは、ビタミン・ミネラルを体外に排出し、皮脂の分泌を促す作用があります。

さらに「脂分・糖分」は肌の酸化や老化を加速させてしまいます。スナック菓子やファーストフードはほどほどにしましょう。

女性ホルモンの影響を大きく受けてしまう産後のお肌

このように産後は、どの女性も女性ホルモンの影響を受けて何らかのトラブルを経験しています。出産は体質を、良い方向にも悪い方向にも変える事もあり、どちらに転ぶかは分からない事が多いのです。

肌の状況も良い方向になる女性もいますが、多くの人が産後の肌トラブルに悩まされているのも事実です。

育児の代償は辛い事もたくさんあり、悩みも人それぞれでつきませんが、ここまで読んで下さったあなたの肌と心の負担が少しでも軽くなる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です