【いつから始める?】成功する産後ダイエットのポイントとは?

産後ダイエットをする女性

かわいい赤ちゃんを出産して、毎日忙しいながらも嬉しい事も多いですよね。日々の生活に追われ自分の事は後回し。ふと「私太ったよね」「マズイ」と焦ったことはありませんか?

赤ちゃんを出産する時に増える体重は、実際胎盤や羊水などを含めると約7キロ前後。このことから日本では、妊娠中7~8キロ位の体重増が望ましいとされています。

今やお腹の中から、この7キロ位を占めていた物が無くなっていのにも関わらず・・・。「キャーッ」と体重計の前で悲鳴を上げていたのが私です(笑)

妊娠中あれよあれよの体重増。自身でもマズイと思い私もちょっとながら努力しました。こんな経験を交えながら、赤ちゃんと一緒に出来る産後のダイエットの方法や食事で注意する点などをご紹介します。

産後ダイエットはいつから始めたらいいのか?

産後の体重増加。早く戻さなければと焦ってしまう気持ち、よーく分かります。つまんだお肉無くなればいいのに。と呪文を唱えるように、つぶやく気持ちも分かります。

でも待って!産後のすぐからのダイエットは授乳にも栄養面などで影響します。また出産後は1か月は、体は出産で疲れきっています。陣痛から出産はフルマラソン並みの体力を消耗するので、まずは体力の回復と赤ちゃんとの生活に、慣れる事を1番にしましょう。

ダイエットのスタートは、産後1か月検診で母子共に異常がないと診断されてから、スタートするといいです。産後6か月はダイエット好スタート期と言われています。

妊娠でついた脂肪は、水分の多い「流動性脂肪」といわれ、早めの対処では皮下脂肪や内臓脂肪よりも、減量しやすい脂肪なのです。産後1か月健診後から、軽めのダイエット始めませんか?

始めやすい産後ダイエットとは?

産後ダイエットはウォーキング

よーしダイエットだ!と新たに意気込んだものの、何から始めたらいいの?と思いますよね。一人でジムに行けるわけないですし、赤ちゃんと一緒にするのにオススメなのは、「ウォーキングおさんぽ」です。

良い季節のお散歩を兼ねたウォーキングは、ダイエットにピッタリです。家の中に居てばかりでは、ママも赤ちゃんもちょっと退屈ですよね。

そんな時は外にちょっと出かけてみませんか?赤ちゃんにも、太陽の光・吹いてる風・鳥の鳴き声など感じさせて。五感を感じて赤ちゃんもご機嫌です。一緒にママも歩いてウォーキング。有酸素運動になり始めは30分程度で十分です。赤ちゃんの状態をまず見ながら、調節して下さい。

ウォーキングおさんぽの際、赤ちゃんは皮膚がとても薄いので、紫外線や汗にも注意も必要です。

また、ストレッチやヨガもオススメです。ストレッチやヨガは体幹を鍛える事が出来るので、ダイエットにも良いです。スローテンポで動かす運動なので、今では赤ちゃんと一緒に行える施設も増えています。

有酸素運動のヨガも、自律神経を整えるのに効果を発揮。自律神経を整える事によってホルモンバランスも整い、ダイエットにも有利に働きます。

ストレス解消にも運動は良いので、ぜひお試しください。

食事制限は禁物?産後ダイエットに向かない危険なダイエットとは?

産後ダイエットにお菓子は厳禁

てっとり早いからとか忙しくて時間が無いからと、食事を摂取せずに過ごしたり、スナック菓子で済ませたりしていませんか?もしそうだとしたら、危険ですから直ぐにストップです!

特に授乳中のママは要注意。母乳の原料を知っていますか?母乳の原料はママの血液です。ママが食べた物がそのまま母乳に影響します。ママが炭水化物を省くと母乳にも含まれず、赤ちゃんも炭水化物がない状態になるのです。

授乳中は妊娠中に引き続いて、栄養面のフォローが必要です。栄養素の摂取は、高たんぱく低カロリーな食材が良いです。おすすめなのは、鶏のささみ・鶏のムネ肉・魚介類・豆腐などです。

ちなみに私は豆腐をよく利用しました。ハンバーグが食べたくなったある日、カロリーも高いしと諦めかけていた私に救世主が「豆腐ハンバーグ」でした。カロリーが抑えられ、触感もひき肉とあまり変わりませんよ。

油分を多く含んだり脂肪分が高い食物は、乳腺炎症にもなりかねません。揚げていたものを茹でたり・蒸したりの調理方法を変えたり、塩分控えめにして浮腫みを取る事も、ダイエットに有効です。

決して食事を抜いてのダイエットは、体を害するだけですので止めましょう。

食事の回数や食べ方の変化もダイエットに繋がります

産後ダイエットにおすすめの食べ方

食材や調理方法等も変えてみる他に、食事の回数や食べ方にもダイエットできるカギが隠れています。「ゆっくり食事をとること」は産後にはなかなか難しいですよね~。私も立ってパンを口にしてした日々を反省してます。

赤ちゃんも月齢が少し経つと、ちょっとまとまって寝てくれる様になります。もしこの時にチャンスがあれば、ママも少しゆっくり食事をしてみませんか?ゆっくり食事をすることは、とても体にも良く消化・吸収にも良いです。

1回20回ほど噛むと満腹中枢も刺激されて、量を食べなくてもお腹に満足を得られます。授乳中は特に空腹を感じやすい時期でもあります。あまりにも空腹過ぎて、ドカ食いにならない事にも注意が必要です。

また中には、赤ちゃんが中々眠ってくれない、ぐずりが激しくて食事がゆっくりできないときには、3食の食事を4~5食へ変更はどうでしょう?

1日分を少量に小分けし、ちょっと眠ったタイミングに、サッと食べるみたいな感じです。夜間の食事は太りやすいので控えて、ダラダラと食べない様にも1食分をきちんと小分けがポイントです。少量を小分けで食事するので極度の空腹も防げそうですね。

ダイエットと栄養補給はバランスよく

ここまで、ダイエットに有効な運動や食事をご紹介しました。

確かに産後に太ってしまう女性は多くて、私もその一人です。太り過ぎは問題ですし、次の赤ちゃんの予定や妊娠にも影響する事があります。

しかし、誤ったダイエットは、ママの体調を崩してしまう事だけではなく、赤ちゃんも命の脅かす結果になるので、無理なダイエットも絶対にやめましょう。

育児に追われる中で、献立を完璧にしたり、食材をじっくり選ぶのは至難の技ですよね。また主食を食べなかったり好きな物だけの生活は、体がもちません。

確かな商品であれば、育児の合間に摂取できるドリンクやサプリメントも利用すると良いと思います。

たまには、息抜きをしてママのこころの栄養補給も大切です。家族のサポートや行政のサポートを利用してリフレッシュしましょう。簡単なストレッチであっても効果がある事も多いです。

毎日必ずといきがっても、無理は禁物。思いつめる事はせずに、ダイエットと育児を楽しんで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です