【知ってる?】おでこにできた吹き出物の原因とその改善方法

おでこにできた吹き出物

おでこの吹き出物が気になってしまい、ついつい前髪で隠したりしてませんか。前髪で隠すことで、「暗い人」「かわいいのに台無し」と思われてしまうこともあります。

「吹き出物がなかったら自分に自信を持てるのに」「もっとおしゃれを楽しめるのに」こんな悩みを持ったことはありませんか?

ただ、吹き出物を改善するために、化粧品でケアをしたり、洗顔もきちんとしているのに、なかなか改善しないことってありますよね。

では、どうしておでこに吹き出物ができてしまい、どうすれば改善することができるのでしょうか。今回はおでこにできる吹き出物の原因と、誰でも簡単にケアできる方法をご紹介します。

これを実践することで、おでこの吹き出物も綺麗に治り、毎日が明るく過ごせるようになりますよ。ぜひ参考にしてみてください。

おでこに吹き出物ができる原因

おでこに吹き出物ができる原因

吹き出物は何らかの理由で毛穴がつまり、毛穴内部でアクネ菌が繁殖することでできてしまいます。アクネ菌は普段から肌に存在をしているのですが、毛穴がつまると皮脂などをもとにして繁殖をして、吹き出物となってしまうのです。

おでこにできる吹き出物の原因は主に5つあります。

  1. 過剰な皮脂分泌:おでこは皮脂分泌が多い部位です。思春期は成長ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になり、おでこに吹き出物ができやすくなります。
  2. シャンプーなどの洗い流し:きちんとシャンプーやリンスを流しているつもりでも、すすぎ残しをしていることが少なくありません。残ったシャンプーなどの成分が毛穴に詰まって吹き出物の原因になります。
  3. ホルモンバランスの乱れ:女性は生理のときに吹き出物ができやすいのですが、これはホルモンバランスが関わっています。ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が増え、男性ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になったり、角質が厚くなって毛穴がつまってしまうことも、吹き出物ができやすい状態を招きます。
  4. 生活習慣の乱れ:油っぽいものや甘いものの摂りすぎ、睡眠不足が吹き出物の原因となります。
  5. 紫外線の影響:紫外線を浴びると肌を守るために角質が厚くなります。厚くなった角質で毛穴がふさがされてしまいます。

おでこの吹き出物のケア方法

おでこの吹き出物のケア方法

では、自宅ではどのようなケアをしたらいいのでしょうか。前髪がおでこに触れていると、その刺激で吹き出物が誘発されてしまうことがあります。吹き出物を隠したくなるかもしれませんが、前髪で隠していると吹き出物を悪化させる可能性もあるので、おでこに触れないようにしましょう。

また、整髪剤の使い過ぎにも気をつけてください。整髪剤を使い過ぎるとおでこに触れてしまいます。整髪剤に含まれる成分が肌に刺激を与えたり、毛穴をつまらせて吹き出物を作る原因になります。

整髪剤を使用した日は、必ずシャンプーできれいに落としましょう。シャンプーやリンスのすすぎ残しも吹き出物の原因になるので、髪の生え際は特に丁寧に洗い流してください。

吹き出物を改善するためには、肌を清潔にして毛穴をつまらせないようにすることが大切です。おでこは皮脂分泌が活発な部位なので、洗顔をして皮脂を取り除きましょう。

ただし、洗い過ぎには気をつけてください。洗い過ぎると肌に必要な潤いが奪われてしまい肌が乾燥をします。すると、失った潤いを補うために皮脂が過剰に分泌されます。

また、熱いお湯は肌に刺激を与えたり、必要以上に潤いを奪ってしまいます。洗顔のすすぎに使用するお湯は35℃程度が目安です。

おでこの吹き出物を改善する食事

おでこの吹き出物も改善できる食事

外側からケアをするだけでなく内側からもケアをすることで、吹き出物の改善効果が高まることが期待できます。食事を見直して内側からもケアをしましょう。

油っぽいものや砂糖など糖分の多く含む食品は皮脂分泌を活発にします。ファストフード、揚げ物、肉類など脂肪分が多いもの、お菓子や清涼飲料水など糖分が多いものは控えましょう。

皮脂分泌のコントロールにかかわる栄養素が、ビタミンB2とビタミンB6です。ビタミンB2はレバーやうなぎに多く、ビタミンB6はカツオ、マグロ、大豆製品に多く含まれています。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れると古い角質が蓄積をして毛穴がつまります。ターンオーバーを整える働きがある栄養素がビタミンAです。ビタミンAは粘膜を作るためにも必要な栄養素で、乾燥肌の改善にも働きます。

ビタミンAが多い食品は、うなぎ、卵黄、レバーなどです。βカロテンから体内でビタミンAに変換をすることもできます。βカロテンが多い食品は、ほうれん草、かぼちゃ、人参などです。

また、ビタミンCには抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きがあります。ビタミンCが不足をすると、肌にトラブルが現れてしまうことがあります。ビタミンCが多い食品は、レモン、キウイ、イチゴ、赤パプリカ、パセリなどです。

まとめ

おでこに吹き出物がなく、肌が綺麗な女性

何度も吹き出物ができてあきらめていませんか。しかし、おでこにできる吹き出物の原因を知って、毎日根気よくケアを続ければ、吹き出物は改善する可能性があります。

改善のためには、外側と内側の両方からケアをすることが大切です。外側からは洗顔をしたり、髪が触れないようにするなどでケアをします。内側からは毎日の食事を見直してケアをします。

毎日根気よく正しくケアをすることで、吹き出物のない肌に近づくことが期待できます。吹き出物のない綺麗な肌を目指して、明るい毎日を過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です