諦めないで!妊活でくじけそうな時の3つの対処法

あなたも妊活されていますか?妊活によって自然と体調が整えられたり、夫婦でのコミュニケーションが増えたりと、生活面で良い変化が幾つもあるかもしれません。

ただ、肝心の赤ちゃんになかなか出会えなくて、思っていたよりも妊活が長引いている場合、くじけそうになってしまうことがありませんか?「私にはもう産めないのかな?どんどん歳をとっていくのに、もうダメなんじゃ・・。」と不安に感じるのも無理はありません。

でも、安心して下さい。ここでくじけてしまわないために、できることが幾つもあります。ここでは、妊活でくじけそうな時にお勧めの3つの対処法をご紹介いたします。

注目記事:【これは意外!?】生殖医療相談士も勧める、妊娠するために重要な3つのポイントとは?

3年の不妊治療でも妊娠できなかった人が、あることをするだけで、たったの○ヶ月で妊娠できた実話!これを読んで実践するだけで、あなたも妊娠できる可能性がグンと上がるかもしれません。

ぜひチェックしておくことをオススメします。
■【これは意外!?】生殖医療相談士も勧める、妊娠するために重要な3つのポイントとは?

 

妊活でくじけそうな時の3つの対処法①あなたは一人じゃない!妊活体験談は大きな励みに

妊活の体験談を検索する女性

妊活でくじけそうな時には、まずネット上で妊活の体験談を探してみましょう。膨大な数の体験談が載せられていますので、片っ端から読むこともできますし、妊活や不妊治療をテーマにしたブログの中で、お気に入りのものを見つけるのも良いでしょう。

自分と同じような状況の人の気持ちには共感しやすいですし、特にその人が過去くじけそうな時に、どのように乗り越えたかには注目できますね。そのような体験談を読み進めていくうちに、「私は一人じゃない。みんなと一緒にまた頑張ろう!」と思えるはずです。

また、人の体験談を読むだけではなくて、自分でも今感じていることを投稿したり、ブログで書いたりするという方法もあります。「他の人の妊活奮闘記を読んでずっと励みにしていたので、自分でもブログを立ち上げて、誰かの役に立てればと思った。」という人が沢山います。

自分の経験で誰かを元気付けることができるとすれば、素晴らしいですよね!私達は皆、仲間が必要です。くじけそうな時には尚更です。自分は一人ではないということを思い出すためにも、自分から進んで「仲間」を探すようにしましょう。

妊活でくじけそうな時の3つの対処法②オープンな妊活で気楽になれるかも?

妊活はオープンな気持ちになることが大切

ネット上で沢山の仲間を見つけたとしても、日々接する人々の言葉に傷ついて、くじけそうになってしまうということは、誰にでもあることです。でも、他の人をコントロールして何も言わせないようにすることはできませんね。

では、どうしたら良いでしょうか?一つの方法として、今妊活中であること、子どもを欲しいと思っていることを、ある程度オープンにすることです。

もちろんこれはプライベートな事ですから、普段接する全ての人に公開する必要はありませんが、ある程度親しい人達には、きちんと話して状況を理解してもらうこともできます。

例えば親しい友人に、「今妊活中で、思っていた程すぐにはできないみたいなんだけど、頑張ってるところなんだ〜。」と話せるでしょうか?もはや妊活という言葉は珍しくなくなっていますから、理解を示してくれる人は多いはずです。

話す時の大切なポイントは、笑顔で明るく、簡潔に話すようにするということです。もし暗い表情で「実は・・」と話すと、相手に「可哀想な人」と思われてしまいかねませんし、深刻な雰囲気になってしまい、お互いに気まずくなる可能性もあります。笑顔で明るくサラッと話せば、そうなることを避けることができます。

ただ、やっぱり人に言うのは気が引けるとか、相手とそれ程親しくもないし誤解されるかもしれないといった場合も、心配不要です。こちらから何も言わなくても、時が経てば自然と事情を察してくれる人が増えて、この件で何も言われなくなったという人は意外と多いようです。

じけそうな時には、これは少しの間の辛抱だと思って、できるだけ聞き流すようにしましょうね。

妊活でくじけそうな時の3つの対処法③実は生理は新たなスタート

妊活中の生理は新たなスタート

もし「妊活でくじけそうな時」のランキングがあったとしたら、1位は「生理が来た時」となるかもしれません。「今回もまたダメだったか・・。」と落ち込んでしまうのは無理もないことですが、知っておくべきことがあります。

それは、正常に生理が来なくなるなら、妊娠の可能性がかなり低くなってしまうということです。ですから実際には、定期的に生理が来るということは、妊娠したい女性にとってはかなりの強みなのです。

よく生理が来てまた「リセット」されてしまったという声を聞きますが、そうではなく、また「新たにスタートした!」と思うようにしましょう。このように、自分自身の見方を変えることができれば、くじけそうになってしまう気持ちに上手に対処することができます。

妊活でくじけそうな時も自分に負けないように

妊活でくじけそうな時も自分に負けないように

今では「妊活」という言葉は、だいぶ馴染みのあるものとなってきました。医療機関やメディアにより、色々な妊活の方法が紹介されるようになり、妊活がしやすい時代になってきたと言えますが、「こうすれば絶対うまくいく」という方程式がないのが妊活です。

悩むこと、くじけそうになることも多々あるでしょう。今後、妊活でくじけそうな時には、以上に挙げた3つの点をまず振り返り、少し時間をとって考えてみることをお勧めします。少しずつで大丈夫ですから、自分に負けない強さを身につけていきましょう。

「諦めない」というその強さは、ママになった後も、ずっとあなたと家族を助けてくれるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です