子育てを楽しむ方法と自分の考え方について

子育てを楽しむ家族

子育てをみんなで楽しむ

子育てを楽しむコツとして、ひとりで子育てをしていると思わないことが大事です。それは、ひとりで育てていると思うと、「私だけ自由な時間がなくて大変…」と感じてしまい、とてもストレスを溜めることになってしまいます。ストレスが溜まってしまうと、「こら!ダメでしょ!」と、つい子どもに当たってしまうこともあるかもしれません

また職場で家庭内で、気分が悪くなってしまうことがありますよね。「自分は頑張っているつもりなのに、周りの人は理解してくれない」「自分一人が頑張っている」そんな風に辛い気持ちになることがあります。なので、子育てはひとりで育てていると思わない考え方が重要なのです。そして、みんなで子育てを楽しむと思う考え方に変えると、とても気持ちが楽になります。

例えば、近所の人と一緒に子育てを楽しむこともできます。町内会で一緒に遊んだり、催し物をすることによって、子育てを楽しむことができます。その時、親と一緒に子供が楽しむことが出来るので、子どもにとってはこんなに嬉しいことはないのです。しかもそこで、違う子どもたちとのコミュニケーションも図ることができます。

子どもは友達が増えると、とても社会性が身につきます。そのことから、違う学校やその他の地域の子供達と触れ合うことは、とても大切なことです。家族で一緒に夫も含めて、周囲の人たちと子育てを楽しむことが重要ですよ。

子どもを育てることに完璧を求めない

子育てに完璧を求める母親

子育てを楽しむのにとても重要なことは、子育てを完璧にしようと思わないことです。そのように思うと、「なんかうちの子は落ち着きがない」とか「人見知りが激しい」と他の子どもと比べてしまったり、自分の思い通りにいかないと、ついついイラっとしたりして、ストレスになってしまいます。そのようにストレスを溜めると、子ども辛い気持ちになります。

子どもは子どもなりに、お母さんのことをよく見ています。自分のことで、お母さんがストレスが溜まっていると気づくと、子どもが萎縮してしまいます。お母さんを悲しませることがないようにと、自分が思っていること、したいことなどを、抑えてしまうようになります。そうなると、今度は子どもがかなりのストレスを受けることになります。そんなことになったら、親としては子育て楽しむどころか、とても辛い気持ちになってしまいます。

そのようにならないようにするには、子育てを楽しむ考え方として、「なんとかなる」という楽な気持ちでいるようにしましょう。「こうでないといけない」と思うと、自分も子どもも生き苦しくなってしまいます。

また、子育てを楽しむためには焦らないことも大事です。子どもがしていることを待つこと、そして子どもの感受性を大切にしてあげることが重要です。子どもの前に大人が行動してしまうと、子どもができなくなってしまいます。そのようにならないためにも、じっくりと待つことが必要となってきます。

自分も楽しみながら子育てをする

子育てを楽しむ母親

子育てを楽しむ方法として、自分も一緒に楽しい気持ちになることが大切です。その一つとして、一緒に旅行にいく、遊びにいくなどは、自分も楽しむことができる、そんな場所に行くといいですね。すると、子育てを楽しむ場所として、楽しい時間を過ごすことができます。もしもその時、ここは行きたくないけど、子どもが好きなところだから、と思った時には、自分もその場所で楽しむことができる方法を見つけるようにしましょう。本を読む、自分が好きな食事をするなど、楽しめる方法はたくさんあります。

また、子育てを楽しむ方法として、一緒に好きなビデオを見るのもありです。子どものビデオでも大人が見ても、結構楽しく見ることができるものもあるのです。(トムとジェリーとかディズニーとか)その情報をあつめて、一緒に見てみるといいですよ。

そして、子育てを楽しむためには、たまには友人と遊びにいって、子どもと離れてストレスを発散させることも大事です。子育ては、楽しいことばかりではありません。当然のことながら辛いことだってあります。そのため、息抜きは必要です。それは、母親も父親も一緒です。時には、実家に子どもを預けて、夫婦二人の時間ゆっくりと楽しむのもいいですよ。

子どもの成長を楽しむ

子どもの成長を楽しむ

子どもが生まれてきた時、健康で生まれてきてくれるだけでいいと感じますよね。ところが、成長していく段階で色々と心配事が出てきます。ちょっとほかの子どもさんよりも成長が遅れていると、心配になってしまいます。そんな時には、自分の子どもは子どもと思って、子育てを楽しむことが大事です。

また、子育てを楽しむ考え方として、子どものちょっとした成長を楽しむようにするといいです。歩いたり、寝返りをしたりなど、その時にしか味わえない感動があります。その時、親としては「子育てって楽しい!」感じることができます。子どものちょっとした成長を楽しむことができたら、本当に良い子どもの育て方をしていると言えるでしょう。

子どもは、両親に褒めてもらえることが、何よりも嬉しいのです。どんなに小さい子どもでも、親の表情で親が褒めている、喜んでいることを理解しています。そんな時、子どもは笑ったり、体で表現をしたりします。その一瞬を、子どもと一緒に楽しむことができるといいですよ。

子どもは親に褒められたことを、長く覚えています。叱られたことも覚えていますが、それよりも更に記憶に残りやすいのは、嬉しい体験なのです。その嬉しい体験は、親に褒められることに勝ることはありませんからね。

子育ては一人で抱え込むのではなく、周囲の人と協力したり、子どもの成長を楽しみながら、自分も楽しむことが、うまくいくコツですよ。くれぐれも完璧を求めすぎないように気をつけてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です