小学校に入学するまでが大変だった子育ての話

子育てが大変だった話

産後の痛みとの戦い:その1

私が第1子になる男の子を出産したのは、30歳。結婚するまで、夜勤もある、比較的ハードな職場で働いていたし、妊娠中は、つわりなどもなく順調に臨月まで来ていたので、「子育ては大変!?いや、いや、楽勝でしょ!」と、大きな勘違いをしたまま、出産の日を迎えました。

私は、陣痛が始まったら麻酔をして痛みをとってもらうという和通分娩での出産だったので、痛みはそれほど感じないまま、可愛い息子を出産し、まだまだ麻酔がきいていたのでしょう。これから始まる息子との楽しい入院生活を想像し、幸せな気分に浸っていた私に、『子育てって大変だー。』と思う第一エピソードが私を襲います。

まず、第一にエピソードは切開後の痛みです。麻酔をしての出産だったのですが、だんだんと麻酔は切れてきます。しっかりを会陰切開をしていた私に、その痛みが襲ってきます。麻酔をしていた分、痛みに慣れておらず、これから、どうなるんだろう・・・。と、思いながら、産まれたばかりの息子と二人きりで過ごす夜。痛み止めをもらっても痛みはやまない中、座っての授乳の痛みに涙しながら、『そうだ、子育てって大変なんだ・・・。』と、初めて実感したのです。

出産直の子育て大変エピソードは、痛みに関するものが多いです。出産前、育児をなめてかかっていた私に、大変だと実感させるもう一つは、やっぱりこれです・・・。

産後の痛みとの戦い:その2

子どもに授乳をする母親

産後の子育てで大変なこと。第2エピソードは、授乳です。女として育ってきた中で、赤ちゃんを産むのは痛い、ということは、成長していく中で、情報として入ってきます。痛みに苦手な私は、それを避けるべく、追加料金を払い、和通分娩を選択しました。

しかし、おっぱいを出すことの大変さ、乳首が切れる中、赤ちゃんにおっぱいをあげることの痛みについては、誰も教えてくれませんでした・・・。はじめての子育てで大変だーと思っているところに、授乳の痛みというものがプラスされるのです。

これは、想像もしていませんでした。赤ちゃんは産まれたらすぐに、うまいことチューチューとおっぱいを吸ってくれるものだとばかり思っていました。

おむつ替えや抱っこばかりで大変などというのは、まだまだ後の話です。赤ちゃんを腕に抱え、可愛い顔を眺めながら、幸せな気持ちに包まれての授乳タイムなんて、まだまだまだ後の話です。

今は、切れる乳首に馬油を塗りつつ、赤子が泣けば、痛みに耐えながら、おっぱいを差し出すだけです。私は産後一か月までは、子育てってホント大変ー。この痛みはいつまで続くのー。と思いながら、座ることの痛みと、授乳の痛みに耐えていたことを覚えています。

『子育てってなんて大変なんだろ・・・。』切開後の傷がこんなに治らないは私だけ。赤ちゃんが、こんなにおなかをすかせて、すぐ泣きだすのはうちの子だけ・・・。夜中にひとり涙することもありました。

しかし、産後一か月の検診で「はーい。順調ですよー。」と、あっさり言われてから、そうか、この痛み、この大変さでも、順調なんだ・・・。これが普通なんだ・・・。自分だけ大変なわけじゃないんだーと、とても楽になりました。

保育園に入ってからは仕事と育児の両立

保育園と仕事の両立

産後すぐの子育て大変エピソードは、痛みに関することがほとんどでした。その時代は、お腹をいっぱいにするとか、たくさん眠らせるといった、大げさに言うと子どもを生かしておくことだけで精いっぱいでしたが、子どもが育つと、また子育てって大変だなと思うことの対象が変わってきました。

息子が2歳になったとき、私は働き始めて、息子は保育園に行くことになりました。世の中の、ほとんどの親が子育てが大変と思う第一段階。私も同じように、保育園に入れることが大変でした。認可保育園にはすぐ入れないので、見に行った3件の無認可の保育園でも、すぐに受け入れ可能な園は1件しかありませんでした。自分の子どもはこんな園で見てほしいという希望はありますが、そんな理想を言っている場合ではありません。その園にお世話になることに決めました。

保育園選びの次に、子育てと仕事を始めてから一番思うことは、子どもが病気をした時の対処です。子どもが体調が悪い時は、会社に謝って子どもと過ごすのは、我が家では私の役目でした。ありがたいことに、子どもの急病などで休むことがある可能性も了承してもらい採用してもらいました。お休みをもらうことがある分、自分の仕事は、人一倍頑張ってはいましたが、契約の更新をしてもらえなかった日、息子を抱っこしながら、とぼとぼと歩いて帰った時のことを思い出します。

今思えば、その頃は大変でした。仕事との両立は実際はキツイ。と、自分ばかり大変そうにしていましたが、もっと、家族や家族以外の借りられる手を借りればよかったと思います。

保育園に入ってからは子どもの性格で悩む

保育園で遊ぶ子どもたち

保育園に通うようになってから、子育てで大変と思ったことのもうひとつは、わが子のわんぱくぶり!

一人目の子なので、お店でこれがほしいと駄々をこねたり、ファミレスで椅子から抜け出そうとして私が食事ができなかったりということはよくありました。ただ、子どもなんてこんなものだろうと、大変だと思ったことはありませんでした。ですが、保育園という集団生活で、他の子どもとの違いを見せつけられると、「うちの子大丈夫ー??私、子育てちゃんとできてない?」「それとも、病気?」と、真剣に悩んでしまっていました。

ほかの子が、保育園の帰り道に、道路の止まるべきところで止まれるのに、うちの子は止まれない。何度言っても止まれない。保育園に迎えに行くと、全く帰ろうとしない。迎えに行って、私の顔を見ると、さあスタートと言わんばかりに、長い廊下を走って、一番遠くの教室へ。きっと、早く帰ってほしいと思ってるんだろうなー。と、深読みしながら、保育園の先生に「いつもすみません」と、引きつりながら、笑顔であいさつする毎日。

女の子に、なぜかとても積極的で、好きな女の子の腕を組んで、その子に「やめてー」と言われているのを見るたびに子育ては大変だと思ったものです。

こんな風に、保育園時代は、どうしてもほかの子が、お利口そうに見えて、うちの子はどうしてこうなの?と、いつも思っていました。でも、お利口そうな子のお母さんも、子育ては大変だと思っていたのでしょう。内気な子のお母さんは、うちの子を見て、積極的で、物おじしなくていいなと思っていたかもしれません。元気があっていいなと思っていたかもしれません。後々余裕が出てきてから、そう思います。

今は、息子も小学3年生になり、新たに子育てが大変だと思うこともありますが、人と比べることはほとんどなくなりました。宿題をなかなか始めないとか、脱いだものをそのままにするとか、困ったところはたくさんありますが、友達と仲良くできること、誰にでも元気であいさつできることなど、良いところをしっかり見ることができるようになりました。

まだ子育て9年目ですが、これまでの、いろいろ子育てで悩んでいた自分に、いつか大丈夫と思える日が来るようになるよと伝えたいです。また、これからも子育ては続きますが、時間が解決してくれるという、大きな気持ちで、子どもと向き合って、楽しく過ごしていきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です