これは意外!?塩分と肌荒れには密接な関係があった!

肌荒れと塩の関係

肌荒れの原因を見極めることが大切

肌荒れの原因には様々あります。日焼けやムダ毛処理といった肌への直接的な刺激による原因の他、ストレスや睡眠不足といった生活習慣の乱れなども原因となります。もちろん、食生活の乱れの肌に大きく関係してきます。中でも肌荒れと塩分は、切っても切れない関係と言えるでしょう。バランスの良い食生活を送ることも大切ですが、肌荒れには塩分を特に気を付けていくことも大切です。

肌荒れの症状を改善しようすると、スキンケアといったことばかりに目がいきがちですが、もしかすると原因は他のところにあるかもしれません。それが塩分の可能性も大いにあります。その場合、いくらスキンケアを念入りに行っても、根本的な原因が解消されていなければ、肌の状態は改善されません。肌荒れを改善するためには、原因をしっかり見極めてから対策をしていく必要があります

塩分と肌荒れの関係

肌荒れと塩分

では、なぜ塩分と肌荒れは密接な関係があると言えるのでしょうか。

それは、塩分が体内の水分に影響する成分であるからです。塩分を摂り過ぎると体内のナトリウムが増えてしまいます。そうなった場合、細胞の水分を奪い取り、体内の水分バランスを整えようとする働きかけがあります。細胞の水分が奪い摂られることで、肌の乾燥が引き起こされてしまうのです。

肌においても、水分量と油分のバランスが崩れることで、肌バリア機能が低下してしまいます。そのため、ちょっとした刺激に敏感に反応してしまい、肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。また、体内の水分量が減ってしまうことで、体内から毒素を出すデトックス機能も低下してしまいます。こうなると体内に毒素が溜まり、細胞が傷つき、肌の炎症が引き起こされやすくなります。免疫力の低下や代謝機能の低下などを招くことになってしまい、肌にとっては悪循環だらけの状態に陥ってしまうのです。

このように塩分の取りすぎは、肌荒れが起こりやすい原因の1つなのです。普段の食生活においても、塩分と肌荒れの関係を頭に起きつつ、メニュー選びをすることが大切なのです。

塩分不足も肌荒れの原因に

塩分不足になると肌荒れする

塩分と聞くと、つい摂り過ぎが主な原因だと思いがちですが、実は塩分は不足していても肌の状態に大きく影響するのです。

塩分の成分であるナトリウムは、水分の働きをプラスしてする力があります。体内では、ナトリウムイオンのphバランスによって、細胞へ栄養分を運んだり、老廃物を取り除いたりしています。ナトリウムは体にとって、なくてはならない成分でもあるのです。そのため、全く塩分を摂らずにいると、栄養が運ばれなくなったり、上手く老廃物が排出されなくなったりして、体調不良に陥ります。

当然、肌細胞にも影響が現れてきます。塩分が不足することによって肌荒れが引き起こされる可能性もあるのです。塩分の摂り過ぎにも気をつける必要がありますが、実は取らなさ過ぎにおいても気を付ける必要があるのです。
塩分と肌荒れの関係においては、重要なポイントはバランスです。多すぎず少なすぎず、ちょうどいい塩分量を摂取するようにすることが、美肌への近道となるのです。

肌荒れ予防のために気をつけていきたい食生活

肌荒れと塩分と食習慣

肌荒れと塩分が深く関係していることを知った上で、毎日の食事メニューに気を配っていくことが大切です。

厚生労働省から出されている1日の塩分摂取量の目標値は、男性8g、女性7gとなっています。ちなみに、WHO世界保険機関の1日の塩分量の目標値は5g未満です。なので、日本人はただでさえ塩分を摂り過ぎである傾向にあるのです。

それを知った上で、普段の食生活を見直していくことが大切です。塩分は常に毎日の食生活が影響してきます。ポイントとしては、基本的に味が濃いものは塩分が多く含まれていると考えるといいでしょう。醤油や味噌といった伝統的な調味料も塩分量が多いです。また、インスタント食品やファーストフード、外食、おつまみやスナック菓子といった加工食品なども塩分量が多めです。出来る限り、塩分量を減らすためにも、こういったメニューは避けたり、調節して摂るようにしましょう。

とは言え、全く塩分を摂取しなくなるのも危険です。塩分は不足しても体によくありません。例えば、明太子を食べたら他の料理を薄味にするなど、トータル的に見て塩分量が調節できていれば問題ないので、上手に献立を組み立てるようにします。

もし塩分を少し多く摂り過ぎてしまったなと思った時には、カリウムを摂取するようにしましょう。カリウムは、尿を出やすくする働きがあり、その際ナトリウムも一緒に排出する効果をもたらします。カリウムは、野菜や果物、いも類、海藻といったものに多く含まれる成分です。食事メニューに積極的に野菜を取り入れるようにしましょう。

食生活を見直すことは、肌荒れを予防するだけでなく、体の健康にも繋がります。体調が不良だと肌荒れとなって現れることからも、美肌は体の健康あってこそのものなのです。肌荒れが起こったら、体の健康の不調サインと受け止め、スキンケアだけでなく、食事や睡眠といった生活習慣にも気を配ることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です