つるんとした肩になれる!肩のムダ毛を上手に処理できる4つの方法

肩のムダ毛処理

夏本番の季節となり、ノースリーブで外出することが増えていませんか?

こんな時、うっかり見落としがちなのが肩のムダ毛処理。

肉眼で確認しようとすると近すぎて見にくいから、うっかり処理を怠ってしまうことってありますよね!

悩んでいるのはあなただけではありません。

ここでは、つるんとした肩でノースリーブを着こなすための、肩のムダ毛処理方法についてご紹介したいと思います。

そもそもなぜ肩の毛まで毛深くなっちゃうの?

肩のムダ毛が増える原因

肩なんて、ちょっと前までは何もしなくてもツルツルしていたような・・・と感じることもあるかもしれません。

では、そもそもなぜ肩が毛深くなってしまうのでしょうか?

・ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが悪くなることによって毛深くなるパターン。

こういったホルモンバランスの乱れは、ストレス・偏った食生活などの理由によって発生します。

よく言われることですが、やはりストレスを溜めずに正しい生活習慣を心がけることで、ムダ毛の悩みまで軽減してしまうということですね!

・誤った処理方法による刺激

ムダ毛の自己処理の方法が誤っていたために、肌によくない刺激を与えてしまい、肌の防衛機能で毛深くなってしまうパターン。

せっかく綺麗にしようとしているのに、そのせいで毛深くなってしまうなんてまさに悲劇!

ここから先は、肩のムダ毛処理の正しい方法・間違った方法それぞれについて見ていきましょう♡

これは間違い!誤ったムダ毛処理方法

間違った肩のムダ毛処理

・肌に直接カミソリをあてて剃る

カミソリを使う場合は必ず泡やシェービングジェルで肌を保護しながら行いましょう。

また、カミソリの刃を清潔に保つこともとても大切。

2~3回に一度は交換して、使い終わった後は自然乾燥でしっかりと乾かすことです。

お風呂場のシャンプーなどといっしょになんとなく置いているというあなた、要注意ですよ!

・自己処理後のケアを行っていない

自己処理をした後は、毛穴が開いたり炎症を起こしたりと、お肌がいつもとは違う状態になっています。

冷たいタオルをあてるなどして毛穴をきゅっと締めたあとで、たっぷりと保湿クリームを塗って肌を守りましょう。

安全安心な♪肩のムダ毛処理方法4選

安心安全なムダ毛処理

・全身脱毛

今は、ほぼ全身どこでも専門サロンで脱毛することができます。

脱毛する際は、特定部位だけ脱毛するパーツ脱毛と全身脱毛があるのですが、パーツ脱毛だと、脱毛箇所とそうでない部分の境目がくっきりでてしまうというデメリットもあるため、ここでは全身脱毛をお勧めしたいと思います。

ただし、肩のムダ毛は比較的細い産毛のようなものが多いので、本当に完ぺきに無くしてしまうのは難しいようです。

とはいっても、美容のプロに任せておくのが一番安全安心ということなのでしょうね。

・サロンで理容師に頼む

ヘアサロンで髪をベリーショートにしたときなど、うなじ周りを剃ってもらった経験があるのではないでしょうか?

ヘアサロンは、美容師の資格を持っている方と理容師の資格を持っている方がいらっしゃいますが、理容師の資格があればシェービングをお願いすることができます。

最近は女性向けの理容室も増えている為、ヘアセットや夏のイベントに備えてシェービングをお願いする方も増えているようです。

・顔そり用シェーバーで剃る(友人や家族に頼んで)

先ほどカミソリでの自己処理についてご説明しましたが、一番は肌にやさしい顔そり用シェーバーで剃るのがお勧めです。

ただしこの場合は刃の当て方などが難しく、思うようにすべすべに剃れない!という場合も・・・。

できれば、友人や家族などに頼んでやってもらえると、仕上がりも確認しながら進めてもらえるため安心ですね

・除毛クリームを使う

これは、毛量が多い方や毛が太目の方にはあまりおすすめできませんが、産毛のような柔らかい毛がうっすら・・・

というのであれば一番簡単にスッキリと処理することができます。

ただし、成分との相性によっては肌がヒリヒリしたり赤くなったりという方もいらっしゃるようですので、パッチテストを活用しながら肌に合うようであれば試してみてくださいね。

 

いかがでしたか?

今年はオフショルダーの流行が再燃し、街には肩を出したファッションをする女性が増えていますね。

そのほかにも水着や浴衣など、うなじや肩を露出する機会が増える夏。

意中の彼をドキッとさせるためにも、正しい処理方法ですべすべの肩を手に入れましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です