不妊治療中におすすめのハーブティー4選!美味しい飲み方とその効果

不妊治療中のハーブティー

不妊治療中は何かと気分も塞ぎがちになりますよね。

どちらかというとハッピーな事は少なくて。治療効果もなく長引く治療はさらに気分を焦らせてしまいます。

イライラしたり落ち込んだり、精神的にも不安が募ります。

そんな気分的にスッキリしない時におすすめなのが「ハーブティー」です。ハーブティーには様々な効能が期待され、妊活中の女性にも支持されています。

「あー何だかイライラする」とストレスも溜まりやすい不妊治療中の息抜きに、あなたもハーブティーを活用してみませんか?

今回は効能も色々なハーブティーのご紹介から、美味しい飲み方までご紹介します。

ハーブティーでリラックス。ストレス軽減で気分も楽しくなると、治療の効果も期待できますよ。

妊活ブレンドがおすすめ「【AMOMA】TOPページ」を見てみる

ハーブティーって不妊にどのような効果があるの?

不妊治療中のハーブティーの効果

ハーブティーは「香草茶(こうそうちゃ)」といわれ、ハーブを乾燥し煮出して飲料用にしたものです。

最近では自宅でも栽培する人も増え、薬草としてもハーブを利用する事から「西洋の漢方」とも呼ばれいます。

ハーブの効能は、薬ではないので直接治療に働きかける事は難しいのですが、不妊の原因となる、ストレス、睡眠不足や不安解消など心のケアを促す事に働きかけ、結果妊娠をしやすい体づくりに一役かってくれる飲み物と言えます。

不妊治療におすすめなハーブの効能としては、冷えの解消やホルモンバランスを整えたり、自律神経を正常に戻す働きのあるハーブを選ぶと良いでしょう。

ストレスで乱された自律神経を正常に整える事は、不妊解消に大きく有効です。

ただし、ハーブティーの中には不妊治療中に不向きな効能を含む物もあります。また、体調によっては悪影響を及ぼす事もあるので、飲む際には注意が必要です。

不妊治療中に飲むハーブティーってどんなものがあるの?

不妊に効果的な成分を含んでいるハーブをご紹介します。

1.ラズベリーリーフ

別名「安産のお茶」といわれています。

婦人科系トラブルの解消や、ホルモンバランスを整える事に有効なハーブです。

子宮の筋肉に働き収縮を調整するので、生理痛の下腹シクシク痛にも効果的です。

ただし、子宮を収縮させる働きは妊娠後には不向きな効能です。妊娠の可能性がある時には服用をストップしましょう。

2.ローズヒップ

ビタミンCを多く含んでいるので、鉄の吸収を助け貧血予防にも効果があるハーブです。抗酸化作用もあり新陳代謝も活発にしてくれます。

3.オレンジピール

不安やイライラの解消に効果あるハーブです。

腸の働きもサポートしてくれるので、便秘の方にもオススメです。

4.ジンジャー

冷え性の解消に効果があるハーブです。

血行を促進する効果もあるので、胃腸も温め栄養を届ける力も向上します。

 

幾つかのハーブを効能別にご紹介しました。

しかし、ハーブティーが良いからと過剰に摂取はいけません。

例えば、ローズヒップはビタミンCを多く含みますが、サプリ等と併用中となると、過剰摂取となる事もあり、かえって悪影響を及ぼしかねません。

適度な量を守りましょう。

ハーブティーを美味しく飲むにはどうしたらいいの?

不妊治療中にハーブティーを美味しく飲むには

現在ハーブティーは人気ですので、たくさんの種類が販売されています。

ポピュラーなハーブティーは、主にティーパックで販売されている事が多く、手軽に楽しむ事も出来ます。

ティーパックは紅茶等と同様、カップに入れお湯を注いで約5分程待ちます。5分程蒸らす事でハーブの成分がしっかり抽出されるので、ゆっくり待ちましょう。

早くだそうとして、ポットを揺らしたりパックを振ったりするのはご法度です。苦みや渋みが出てしまい、ガッカリなハーブティーになります。

茶葉で売られているハーブティーもあります。

茶葉には、ドライタイプとフレッシュタイプがあり、どちらも直接ティーポットに入れますが、ドライタイプは小さじ1杯。フレッシュタイプは山盛り1杯。と分量が異なります。

どちらも沸騰したお湯を注いで5分程。良い香りがしてきますがじっと待ちましょう。

茶葉のタイプには、木の皮や種や枝が含まれるハーブティーもあります。このタイプは5分よりも少し多めに7分程。少し時間をおいて飲みましょう。

美味しいハーブティー。

しかし夏場にアツアツのハーブティーは辛いですよね。クールでもいただけますが、体を冷やし過ぎては逆効果です。

冷蔵庫や氷は使用せずに、常温で飲む感じが良いですね。

妊活中・妊娠中・子育て中におすすめの美味しいハーブティー

不妊治療中でも楽しくハーブティーを飲むといい

ここまで、不妊に効果的なハーブティーの種類や飲み方についてお話しました。

ハーブティーの味も色々あります。

初めから大きめのサイズで購入してしまうと、飽きも出てきてしまいます。

数種類が1パックになっている商品もあるので、不妊に適している効能であれば購入してみるのも良いですね。

ハーブによって効能も異なるので、気分や季節に応じて変えてみるのも楽しみが増えます。

心が沈みがちな不妊治療中に、ハーブティーで気分を落ち着かせたりリラックス。

音楽やアロマなども一緒に。

楽しい事や何にも考えずに、ボーッとしたっていいんです。一人の時間を大切にして、辛い事や嫌な事を忘れる時間作りましょう。

あなたがゆっくりとした時間を過ごし、気持ちが和らいでくると治療にもきっと良い結果をもたらすと信じて。

新しい命が宿ってもハーブティーは、あなたの力になってくれるでしょう。

どれから飲み始めたらいいの?というあなたにおすすめなのが「妊活ブレンド」です。

妊活中から妊娠中、子育て中までそれぞれの時期にあったハーブティーがたくさんとりそろえられています。

ハーブティー・ドリンクだけでも、このようにたくさんの種類があります。

  • 妊活ブレンド
  • マタニティブレンド
  • ラズベリーリーフティー
  • ミルクアップブレンド
  • ミルクスルーブレンド
  • ミルクセーブブレンド(卒乳ブレンド)
  • 産後バランスブレンド
  • たんぽぽコーヒー
  • グリーンルイボスティー

もちろんノンカフェインで、どれも女性にあったブレンドがされています。

たとえば妊活ブレンドですとこのような説明書きが。

妊活中の女性のための飲み物
5000年の歴史を誇る西洋ハーブとインド発祥のアーユルヴェーダで、妊活中の女性に活用されているハーブTOP5を厳選しました。 体を大切にしたい妊娠準備中の女性におすすめの飲み物、オーガニックハーブティ―です。

パッケージに「妊活ブレンド」と書いてあると職場に持って行きづらいという声があったそうで、現在は「Woman Blend」というパッケージに変更されています。そんな企業の心配りも嬉しいですね。

職場で飲むドリンクをこれに変えてみたり、自宅でのリラックスタイムに飲んでみたり。妊活は体を温めることも重要だとされていますが、暖かいハーブティーは体をあたためるだけでなく心もリラックスできる相乗効果が期待できるので、ぜひ日常にとりいれてみませんか。

ティーバッグは30袋入って約2,000円。定期購入だともっとおトクになりますが、単品購入での計算でも1杯66.6円なので経済的ですし、自分で淹れるとたっぷり飲めるのでかなりオススメです。

妊活ブレンドを友人にあげるとなると少し難しいかもしれませんが、妊娠中・産後のプレゼントに「マタニティブレンド」「産後バランスブレンド」、またはアロマオイルを合わせたギフトも取り扱っているので、なにをあげたらよいか迷うかたにもこのサイトはおすすめです。

【AMOMA】TOPページ」を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です