不妊治療中に友達とギクシャクしないために重要な3つのポイントとは?

不妊治療中の友達付き合い

赤ちゃんを授かりたいと願っていても中々難しく、不妊治療を始めている人は沢山います。

また、不妊治療は精神的・体力的・経済的に問題も大きく、長引く可能性も高いので、非常につらい治療ともいえます。

そして、周りに不妊治療中の友人が居るという人も沢山います。

それぞれが、お互い友人とどのように接していいのだろう?と思う事もありますよね。

私も実際、自分が不妊治療中に友人が先に妊娠した事もありますし、不妊治療中の友人よりも先に私が妊娠した事もあります。

今回は、私が経験した友人とのエピソードを中心に、それぞれが感じた事をまとめてみました。

悩むことが多い不妊治療。

治療中であっても良い友人関係は、きっとあなたの心に抱えている辛さを軽くしてくれると思います。

私が友人を救えたらと思っていたけど、私の方が救われていました

不妊治療中に友達が妊娠

以前こんな事がありました。

私と友人は高校時代からの同級生で、ほぼ同時期にお互い結婚しました。

私たちは原因は違ったものの、自然に妊娠出来る事が困難だったので、違う病院にて不妊治療を始めていました。

しばらく治療の大変さもあり、連絡もしていなかったのですが、友人が私の自宅に訪ねて来た時のお話です。

実はその少し前に、私の妊娠が分かりました。

けれどまだ不安定の時期でもあったし、流産も経験していたので、約束した時も何も伝えずに、友人を自宅に招きました。

久しぶり会った友人は少し痩せていて、治療が辛いのかなと思いながら、話を聞いていると、私の治療をはるかに超えるしんどそうな治療をしていたんです。

私は自分の事は一切話さずに、彼女が語るすべてを受け入れて、彼女の心が少しでも軽くなればと必死に彼女の話を聞きました。

当然私が妊娠している事も告げず、帰り際にエレベーターを待っていると、

友人「私ね先月の結果がダメだったら治療を諦めようって思ってて。でもさぁ中々踏ん切りつかなくて。今日話をめいいっぱい聞いてもらってスッキリした。ありがとう」

私「そっかぁ・・。ここまで頑張ったね」

と私が涙ながら返すと、

「妊娠したんだね。おめでとう」

と友人が言うのです。

「えっ、何で知ってるの?」

とドキッとした私に、

「さっき椅子にあったバックに母子手帳がチラッと見えたの」

と友人が話したのです。

私はそんな事も全然気が付かず、すごく申し訳ないと謝る私に友人が、

「先輩ママが居た方が色々と助かるし。いつか私がもしママになったら、教えてよ」

と言いました。

彼女がどんな気持ちだったのだろう?かと思うと涙が止まりませんでした。

それから奇跡に近い出来事が。友人にもこうのとりがやって来たんです。今では1つ違いの子供たちが、姉妹の様に過ごしています。

あの時友人を救っていると感じてたけれど、実際は彼女の優しさに私が救われていました。

不妊治療はデリケートな問題だから当事者本人に任せましょう

不妊治療中の友達付き合いはデリケート

あの時のエピソードから数年後、友人が実際あの日どんなことを感じたのかを聞く事が出来ました。

不妊治療は、10組のカップルが居れば10通り、同じ治療をしても個人別々の体の仕組みは異なるので、結果は決して同じではありません。

さらに相手も違うので絶対ということも無く、治療の期間の長さや治療中の体調も関係し、人それぞれ違うんだという事を、いつも頭に置いておかなければいけません。

ここからは友人が話してくれた内容を、まとめながら進めていきます。

もし、あなたが不妊治療中の友人から相談を受けた場合、相手にすべての主導権を譲りましょう。

  • 相手が話してくれるのを待つ
  • 話を聞き受け入れる

この2つがとても大切になってきます。

たとえあなたが不妊治療経験者であっても、アドバイスと称してあれこれ話すのは止めましょう。

あなたのアドバイスが、相手にとって不快なものになる可能性も十分にあるのです。特に治療方法や治療の継続など、口に出すのは控えましょう。

相手の決めた事に、否定や改善はあなたが伝える事ではなく、責任も取る事も出来ないので、そうだねと認めてあげる事が大切です。

このような感じで受け止めてくれたことが、当時友人にとって良かったと話していました。

不妊治療中のコミュニティに参加するする時の心がけとは?

不妊治療中のコミュニティ参加

今ネットでも不妊治療中の方たちが集まり、お互いの治療や状況を話し合うコミュニティサイトがあります。

あなたがコミュニティに参加する事は悪い事ではありませんが、ちょっとした考えの違いから、思わぬトラブルも多発している様なので、参加する際には下記の様な心がけで参加しましょう。

このコミュニティでの上手くいっている、最大の共通点は「不妊治療中」という事です。

例えば、あなたが治療中で仲良く意見交換している方が妊娠しました。と報告してきたら、あなたは100%祝福できますか?

そんな100%でなんていないですよね。どんな人だってうらやましいと思います。私はまだなのに。いつ来るんだろうと不安にもなります。

今まで、一緒に苦楽を共にしてきたのに、なんで。と相手を悪者にしてしまう感情も芽生えるかもしれません。

この感情が、表に出過ぎないようにする事が、コミュニティに参加するためには重要なのです。

ネットのコミュニティサイトに参加する時の3つの心構えとは?

  1. いつか、この仲間が居なくなると考えておく。
  2. 自分の事を話したからと同様に相手の事も深く聞かない。
  3. 相手の言動に腹がたっても、言い争うとせずに距離をとる。

深入りするとトラブルの元となりやすくなります。気をつけましょう。

まとめ

不妊治療と友達付き合いのまとめ

不妊治療はとてもデリケートな問題で、個人的に結果が様々なので治療方法など、参考になる様でアドバイスが、良い結果を招かない事も多くあります。

治療中の友人の話は受け入れて聞いてあげることが一番大切です。

あなたが治療中であれば、あなたが話したい時に話をしたい相手に聞いてもらえれば良いので、無理に聞かれたからと言って話す必要もないのです。

同時に始めた治療だったとしても、いつかお別れが来ると思う事も大切です。

自分が辛くて不安な時に、笑顔を作っておめでとうを言わなくてもいいんです。言える時が必ず来ると思うので、その時におめでとうと伝えてあげて下さいね。

あなたの優しさはきっと伝わっているはずですよ。

 

【関連記事】

[clink url=”http://raffiness.jp/seisyokuiryousoudanshi-ninshin”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です