これなら簡単!ダイエット中にお酒を飲んでも太らないある方法とは?

ダイエットとお酒

「お酒が大好きだけど、ダイエット中は飲めない」

と、しょんぼりしているあなたにこっそりと教えちゃいます。アルコールは太ると言われていますが、実はアルコールだけでは太ることはほとんどありません。

だからお酒も上手にたしなめば、ダイエット中でも飲むことは可能なのです。

ただし、アルコールは飲み方によって太る場合があるのも確かです。できれば飲まないほうがダイエットには安心です。

でも、どうしてもダイエット中にお酒を飲みたいときもありますよね。

友達との付き合いとか、彼氏とデートとか、ないがしろにはできません。ダイエットも大事ですけど、人間関係も大切です。

そこで、なぜアルコールを摂取すると太ると言われるのか、太らない飲み方とはどのようなものかを、説明させていただきます。

「ダイエットとお酒を両立させたい!」

というあなたのために、飲みながらきれいに痩せる方法をお教えしますね。

これでダイエット中の飲み会も安心です。

痩せてきれいになって「一緒に飲んでたのになんで!」と、お友達をびっくりさせましょう。

ダイエット中のアルコールは太る?太らない?

ダイエット中のお酒は太る?

アルコールにはほとんど栄養がありません。

そのカロリーはエンプティカロリーと呼ばれていて、ほぼ脂肪にならないカロリーとされているのです。つまりアルコールは自体は飲んでも太らないものです。

カロリーがいくら高くても、栄養として身になるものがないのですから当然ですね。お酒を飲むと太るという言葉はそういう意味では正しくないと言えるでしょう。

「じゃあお酒はどんどん飲んでもいいんだ!」と喜ぶのはちょっと待ってください。

アルコールには1つの大きな問題点があります。それはアルコールをたくさん摂取すると、肝臓がアルコールの分解にかかりきりになるということです。

アルコールを分解するとアセトアルデヒドという毒性物質が発生します。

肝臓はアルコールを分解しながら、このアセトアルデヒドも分解しなければならないので、2重に手間がかかります。お酒を飲むと太るという問題はこの体内の状況に起因します。

アルコールを摂取すると栄養の分解が追いつかない

ダイエットとお酒の肝臓の関係

アルコールを摂取すると肝臓はアルコールとアルコールの分解の際に発生するアセトアルデヒドの分解に注力します。

なにしろどちらも体に負担をかける物質なので早く分解する必要があるのです。

そうなると、その間に摂取した栄養はほとんど分解できなくなります。その結果、分解できなかったものは、とりあえず脂肪と共に溜め込まれることになります。

お酒をたくさん飲みながらご馳走を食べたりしたら大変です。

その食べた分がほぼそのまま脂肪と一緒に蓄積されてしまうのです。

「じゃあ、忘年会とか歓迎会とかでお酒をたくさん飲んだら大変!」

そう、お酒を飲みながら食事を楽しむような席でたくさん飲んでしまうと、わざわざ太るためにがんばっているような状態になってしまうのです。

ダイエット中は甘いお酒と脂肪分の多いおつまみを避けよう

ダイエット中は甘いお酒は避けよう

ここまで読んできたらもうわかったと思いますが、ダイエットとお酒を両立させるには、お酒と一緒に食べるものに注意する必要があります。

特に問題となるのが糖質です。

お酒を飲んでいるときに血糖値が上がれば、体はひたすら脂肪を溜め込み始めます。

これは食べ物の糖質だけでなく、お酒につけられている甘味も影響します。

「え?じゃあ甘いカクテルとかは太る元なの?」

その通りです。甘いお酒は血糖値を上げてしまうので、その後に食べたものはどんどん脂肪になってしまいます。

また、お酒を飲むとなぜかこってりしたものが食べたくなりますよね?

これはアルコールの分解に使われるアミノ酸やグルタミン酸などが足りなくなるからなのですが、それ以外の脂質などは脂肪となって蓄積されていきます。

そのため、体の欲求に従って、ラーメンや唐揚げなどを食べてしまうと、普段よりも太ってしまう結果となるのです。

これがお酒を飲むと太る理由です。

お酒を飲む際に食べるおつまみは、脂質や糖質の少ないものを選んでください。

まとめ

ダイエット中はおつまみに注意

ダイエット中にアルコールを楽しみたい場合は、お酒と一緒に食べるおつまみを注意するべきということがわかったと思います。

また、お酒の量もほどほどなら、代謝機能もさほど低下しません。

アルコールの作用で血行がよくなるので逆に代謝アップも期待できるぐらいです。また、飲酒前にある程度食べ物を摂取しておくのも大切です。

先に食べ物が胃腸にあると、まずはそちらの吸収分解を行うので、アルコールの吸収はゆっくりになります。

空腹状態でお酒を飲んでしまうと、肝臓がいきなりフル回転で仕事をすることになってしまいます。

居酒屋で「とりあえずビール」は有名ですが、ダイエットには危険な行為と言えるでしょう。

つまり夕食後に晩酌をするという昔ながらの習慣が理にかなっているということになります。

アルコールの分解が滞った状態が酔いですから、酔っ払うほどに飲まないことも大切です。

ダイエットは自分をコントロールすることが大切です。

アルコールもきちんとコントロールすることで、お酒を我慢せずにダイエットを成功させることができます。

太らないお酒の飲み方を守って、ダイエット中でも飲み会に付き合いながら、すっきりと痩せてきれいになってみせましょう。

そしてぜひ飲み友達や彼を驚かせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です