子育てが向いてないと思った時の3つの解決策

子育てに悩む母親

なぜ、子育てに向いてないと思ってしまうのか?

子どもを育てているといつでも順風満帆というわけにはいきませんよね。中には子育てに向いてないと悩んでしまう母親もいるのではないでしょうか。「母親なんだから」と言われてしまうと余計に落ち込んでしまいますよね。時には母親をやめて自由になりたいと思うこともあるのかもしれません。では、そんな子育てに向いてないと悩んでいるママに解決方法を紹介したいと思います。

実は育児中はブルーになってしまいやすい環境にあります。子どもを産むと今まで仕事や趣味などを優先してきた生活が一気に変わってしまいますよね。子どもが中心になり、自分が好きなことや、やりたい事を我慢しなければいけません。そして、部屋の中に引きこもり、孤独の中で子どもと向き合わなければいけなくなるからです。そのため、気持ちが滅入り、子育てに向いてないと悩んでしまうというわけです。

特に子どもが小さいうちは熱を出したり、体調を崩すなんて事もしょっちゅうなので、予定を立ててもダメになってしまうこともたくさんあります。子どもが可愛いと思いながらも正直「大変」という気持ちの方が大きいでしょう。このような理由から気持ちが落ち込み、子育てに向いてないと悩んでしまうのではないでしょうか。ただ、子育てに向いてないと悩むのは誰でもあることだと受け止めることが、悩みを解消する第一歩です。

1.他人と比べずマイペースで

マイペースな子ども

子育てに向いてないと思う理由を紹介しましたが、いつでも「私は子育てに向いている!」と自信満々な人の方が実際に少ないです。時には落ち込んで自信をなくして、また前向きになってと繰り返しながらお母さんも成長していきます。子どもを育てながら自分も育てられていると言いますよね。

子どもを育てるのはすごく体力がいることです。そして、子育てに向いてないと落ち込んでしまうお母さんにありがちなのが、子育てを完璧にやりたいと思っているからです。また、子どもが可愛いのでどこかで過度な期待をしている部分があり、他人とついつい比べてしまいます。他の子どもが自分の子どもより成長が早かったり、良く出来たりすると「私の教育は間違っているのかな」と思ってしまいます。しかし、子どもはそれぞれ成長の仕方も違うので違って当たり前ですし、得意な事が違うのも当たり前です。

ついつい、他の子どもと比べて完璧に行なおうとするお母さんは子育てに向いてないという悩みが多いのが特徴です。他人と比べず、たとえ他の子よりも遅い事があってもそれを個性だと思うと気持ちが楽になります。子育てに向いてないと思っているお母さんでもしっかりと育児をしているお母さんはたくさんいますよね。少し気持ちを楽にして子育てに向いてないと落ち込まないようにする事が少しでも自信をつける方法です。

2.適度にリフレッシュする

子育て疲れをリフレッシュする母親

子育てに向いてないと悩んでしまったら、一度リフレッシュしてストレスを発散してみましょう。子育てに向いてないと思うのは気が滅入っている証拠です。自分の親でも良いですし、頼れる人がいなければベビーシッターを雇ってもいいですし、子どもを預けられる機関を利用する事をおすすめします。

長い育児の生活でたまに子どもを預けても大丈夫です。たまに、人に預ける事に罪悪感を感じてしまう人もいますが、そんな事を考えなくてもまったく問題ありません。育児している時間は長いのですから、たまには息抜きする事を考えると良いです。

子育てに向いてないと思う人は気持ちが落ち込んでマイナスにしか考えられなくなっている場合が多いです。ですので、パパに頼んで半日でも良いので自分の好きな事をするのも良いですね。リフレッシュすれば子育てに向いてないと思っている人でも前向きになって、また自信を取り戻す事が出来ますよ。1ヶ月に1回くらいは自分の好きな事をして外出してみる事をおすすめします。

また、家の中で自分の好きな時間を作ることも大切です。子どもを早めに寝かせたら自分の時間を持ちましょう。そのときに自分の好きなドラマや映画を見たり、本を読んだり好きな事をしましょう。少しでも自分の好きなことが出来たら気持ちも前向きになって子育てに向いてないという気持ちが変わりますよ。リフレッシュする時間を作ってくださいね。

大変な時期はあっという間に終わる

自立に向かう子どもたち

特に子育てに向いてないと悩む時期は乳幼児の時期が多いですね。2歳のいやいや期が一番期が滅入ってしまう場合が多いです。何を言っても言う事を聞かないので、時には子どもが可愛くないと思ってしまう時期でもあります。子どもを可愛くないと思ったら子育てに向いてないと思ってしまうことが多いです。それくらい育児は大変なものですよね。

しかし、イヤイヤ期には必ず終わりが来るという事を覚えておきましょう。イヤイヤ期がいつ終わるというのは個人差があるので一概には言えませんが、保育園や幼稚園に入る頃には落ち着く事が多いでしょう。イヤイヤ期が終われば比較的育児は楽になることが多いですし、保育園に入れば自分の時間も出来るので気持ち的に落ち着くことが多いです。子育てに向いてないと悩んだら、子育てが大変なピークはいつかは終わると思って気軽に考えましょう。

そして、幼稚園の時期が終われば子どもはどんどん自立へ向かっていき、親から離れていきます。イヤイヤ期は大変ですが、子どもが一番可愛い時期でもあります。気持ちが落ち込むのを出来るだけ解消するには適度にリフレッシュする事が大切です。子育てに向いてないと悩んだら自分がやりたい事をやってみて適度にリフレッシュする事が大切です。子育てに向いてないと思うのは自分も辛いですよね。出来るだけ前向きになるようにたくさんの人に協力してもらいながら子育てすることが大切ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です