ダイエットに青汁を取り入れよう!効果的な飲み方とその効能とは?

ダイエットには青汁

青汁は癖があって美味しくない美容ドリンクというイメージがあるのではないでしょうか?

「すごく苦いんでしょう?」と、飲む前から避けてしまっていませんか?

最近は青汁も飲みやすいようにさまざまな工夫が凝らしてあって飲みやすくなっています。

そのため飲んでみると「あ、思ったより美味しい!」と、びっくりするはずです。

そんな青汁ですが、単に美容にいいだけでなく、ダイエットのサポートドリンクとして頼りになる力を秘めています。

そこで、青汁にどのような効能があるのか、ダイエットに取り入れるにはどのように飲めばいいのかを、詳しく解説させていただきます。

特に足や腕、顔などにむくみがあるという場合には効果的なので、「夜はなんだか足がパンパンでだるい」ということが多いようなら、ぜひ試してみてください。

ダイエットに青汁を取り入れよう

青汁には毎日食事で摂るのが難しい緑黄色野菜の栄養素をドリンクとして簡単に摂れるように工夫されたものです。野菜を食べなければならないということはわかっていても、1日に必要な量を毎日摂ることは難しいですよね。

また、野菜の持つ栄養の中には、熱を加えると失われるものも多く、なおさらちゃんと摂るのがむずかしくなっています。

青汁は緑黄色野菜の中でも特に栄養価の高いものを使い、生のまま加工した製品です。

そのため販売当初は「まずい!もう1杯!」というキャッチフレーズが話題となったように、飲みにくいものでした。

しかし、それではいくら健康によくても毎日飲む意欲がわきません。

そこでメーカー各社が競い合うように飲みやすさを工夫して、現在はほとんどが「飲みやすくて美味しい」といった感じになりました。ダイエットのときは、カロリーを気にするあまり栄養が偏りやすくなります。

食事を制限しながらきちんと栄養を摂って美しく痩せるのは難しいのです。

しかし青汁を取り入れれば、食事を制限しながらも、体に大きな負担を掛けずに、美しく痩せるダイエットを実現することができます。

ダイエットで青汁を飲むなら食前が効果的

ダイエットで青汁を飲むなら食前に

ダイエットのサポートとして青汁を効果的に飲むのなら、食前に飲むといいでしょう。ダイエットは1日の代謝カロリーよりも少なめにカロリーを摂取すること、脂肪を上手に燃やすことが大切です。

また、「お腹が減ってがまんできない!」というようなダイエットでは、せっかく痩せてもリバウンドしやすい体になってしまいます。

つまり、少ない量で満足感のある食事をする必要があるのです。

その点血糖値の上昇がゆっくりで糖質が少ない青汁は、お腹を満たしながらも脂肪になりにくいドリンクです。

さらに青汁に含まれるビタミンは、脂肪を燃やす際に必要となるのでダイエットの際には十分に摂っておきたいものでもあります。

青汁を食事の最初に飲むことで、全体の食事量を減らしながら、お腹が空きにくく、太りにくい状態を維持することができます。さらにその成分で脂肪を消費しやすい状態を作ることができるのです。

青汁の種類と効能

青汁とひと言で言っても、実はその元となっている野菜にはいくつかの種類があります。その代表的なものと、それぞれの効能を説明いたします。自分に合った素材の青汁を選んでみましょう。

・ケール

ケール

青汁として最も有名な野菜。

ケールの主な成分はルテイン、メラトニン、ビタミン、カルシウムです。

ルテインは特に目にいいと言われる抗酸化作用を持つ成分、メラトニンは体を休めるためのホルモンで、眠りが浅くて疲れやすい場合に特に有効です。

眠りが浅いと新陳代謝が滞るので、ダイエットのサポートとしての役割も大きいでしょう。

そして何と言ってもダイエットに大きいのがビタミンです。ダイエット中に肌や髪などの色艶が劣化するのを防いでくれます。

さらに脂肪の燃焼を助けたり、血行を良くしたりと、ダイエットに必要な作用をサポートすることができます。

そしてカルシウムもまた、脂肪を燃やす元となったり、脂肪が蓄積されるのを防ぐ役割があるので、痩せやすい体を作る力となるのです。

・大麦若葉

大麦若葉

大麦若葉は青汁の基本の栄養素を豊富に持ち、特に食物繊維の多い野菜です。

食物繊維は腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす役割を果たしてくれます。その結果として栄養の分解吸収能力がアップし、分解しきれずに吸収された栄養が脂肪と共に蓄積されるのを防ぐことができます。

さらに大麦若葉にはクロロフィルが多く含まれていて、体内に蓄積された有害物質を排出する効果があります。

最も顕著なのは便秘の解消でしょう。つまりこちらも痩せやすい体を作ってくれるというわけです。

・明日葉(あしたば)

明日葉で特徴的な栄養素がカルコン、カリウム、クマリンなどです。

 

カルコンは体内の老廃物や余分な水分を排出して、カリウムは体内の水分量を調整します。

また、クマリンは抗酸化作用や抗菌作用を持ち、血流を良くして体内に蓄積された老廃物や脂肪を排出することができます。つまり、むくみやセルライトの解消に効果的な成分が揃っているというわけです。

まとめ

ダイエットには青汁を取り入れよう

ダイエットのサポートに青汁を使うと、体を痩せやすい状態に保ちながらダイエットを行うことができるので、ダイエットがより効果的に行えます。

それに同じ青汁でも原料によって特徴があるので、選び方で自分の欲しい結果を出しやすくなるのです。

食事前に青汁を飲むことで、食事の量を減らしても空腹を感じにくくなるという効果もあなどれません。

「青汁って案外バカにできないかも?」と思ってもらえましたでしょうか?

女性が下半身が太っていると感じている場合、その原因はむくみであることが多くあります。青汁の中の明日葉はむくみの解消にもってこいなので、下半身を集中的に痩せたい場合は特におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です