Raffiness

Lifestyle media for women

年末までに赤ちゃんが欲しい!今すぐできる妊娠しやすい体づくり3か条

年末までに赤ちゃんが欲しい!今すぐできる妊娠しやすい体づくり3か条

素敵な男性に出会い、付き合って結婚。

新婚さんと呼ばれる時期もそろそろ終わりかな・・。次は、赤ちゃんも欲しい。妊活でも始めようかなぁ〜と思ったあの日から、月日はめぐり、2年目の春を迎えるみたいな。

焦りと周囲のプレッシャーを日々重く感じつつも、今年こそ年末までには〜とメラメラと意気込んでいる女性もいますよね。

年末までのカウントダウンと妊娠までのカウントダウンも始まり、

「お義母さん、赤ちゃんを授かりました〜」

の連絡を心待ちにしている、義母や実母をサプライズで喜ばせたいですよね!

そんなサプライズカウントダウンを願っているあなたに、今回は妊娠しやすい体づくり3か条をご紹介。

夫婦で協力する事が前提ですよ。愛するご主人と一緒に、この3か条で妊娠へのステップをかけ上がっちゃって下さい!

1.睡眠不足が不妊の原因!?妊活中は生活リズムが大切

妊活中は生活リズムが大切

妊活中の生活リズムはとても大切です。

ダラダラと夜更かししていませんか?休日は2度3度と寝てしまいブランチになってませんか?

妊活中は、休みもお仕事の日もほぼ同じ起床・就寝リズムで過ごす事が大切です。リズムを整えるのは、睡眠不足の解消を主な目的としています。

睡眠不足になると、自律神経が乱れイライラを助長しますし、ホルモンバランスも崩れていまい、卵子の発育、精子の状態も悪化させる原因となります。

イライラから怒りっぽくなり、せっかく夫婦仲良く3か条が達成できなくなっては、もったいないですよね。

寝だめも、体の休息には力を発揮しません。毎日しっかり眠る事を心がけて下さい。

また、卵子や精子の劣化を予防できる成長ホルモンは、男性には時間はあまり関係ありませんが、女性は22時〜深夜2時の間に分泌されます。

この貴重な成長ホルモンを有意義に利用するために、12時にはリラックスして眠りにつく事が大切です。

おおよその就寝時間が決まると、そこから逆算して食事や入浴などご自身のスケジュールを当てはめると良いですね。

就寝前の食事や入浴は脳が休息しづらくなるので、食事は3時間ほど前に終えて、入浴も1時間程前に終えているのが理想ですが、無理をしない程度に過ごして下さい。

そして睡眠は時間も大切ですが、質も重要です。

たとえ8時間眠ったとしても、テレビや照明が付いた明るい部屋ではダメです。睡眠を促すホルモンのメラトニンは、部屋を暗くする事で分泌されます。

真っ暗な部屋が苦手な方は、足元に間接照明を1つ置く様な感じで休んで下さいね。緩やかな間接照明がリラックス効果を生みます。

2.妊活中は食べ物・飲み物にも注意!妊娠に効果的な食生活を意識しよう

妊活中は食生活にも気をつけよう

睡眠不足を解消しても、「食」が乱れていては効果が半減します。

睡眠と同様に食事も生活基盤の要なので、改善しましょう。

まず、ご自身が、

「太り気味だなぁ〜」

と感じていたら、標準体重を調べてその体重に近づける様にしましょう。

体重があまりにも重いと妊娠しても高血圧症などのリスクが上昇し、入院管理で体調を整えなければならないケースもあるので要注意です。

やせ気味の方も、標準体重に近い体重の方が妊娠するには有利です。

世の中にたくさん売られている、惣菜やお弁当。

外食やデリバリーも同じですが、美味しい食べ物には、沢山の化学調味料や添加物や砂糖や塩分が使用されています。

添加物などは体に悪影響を及ぼす事もあり、中でも砂糖「白砂糖」は妊活中には、特に控えておいた方が良い調味料です。

白砂糖にする工程で、化学薬品や白くするための漂白に塩素を使用しているので、なるべく違うもので甘味を補う事をおすすめします。

妊活中は、いつもより気を使う栄養素が沢山あります。

タンパク質・鉄・カルシウム・ビタミンB・ビタミンCなど。これらをバランス良く食事で摂取するのは至難の技です。

信頼のおけるサプリメントで、足りない栄養素をカバーするのも良いですね。

出来るだけ自炊をして、安心できる食事を心がけて下さい。

食べ物だけでなく飲み物も糖分がいっぱいです。

夏場に美味しい炭酸飲料。喉を潤す飲み物ですが、後口が甘いと感じた事ないですか?

炭酸飲料は舌が炭酸で麻痺するので、強烈な甘みを使用しています。100%ジュースも想像を超える砂糖量ですので、気を付けましょう。

カフェインは興奮作用、アルコールは眠りを浅くします。

妊活中からなるべく使用を避けて、妊娠して止められないと辛いので早めに体を慣らしておくのも良いでしょう。

3.ストレスでホルモンバランスが悪くなる!?たまには趣味や楽しみでストレス発散をしよう

妊活中は上手にストレス発散をしよう

妊活も長くなってくると、周囲のプレシャーがチクチクと敏感に感じます。

小さな子供や赤ちゃんを見ると、何故だか涙がポロポロ。私って不幸な・・。こんな精神状態が続くと、うつ病にもなりかねません。

そうならないためにも、時には息抜き重要です!

「私、妊活してたっけ?」

と思うくらいの勢いでも大丈夫です。

頭の中から「妊娠・不妊・妊活」などを捨てましょう。ストレスや嫌な事忘れて、パーッとしたりボーッとしたり好きにしましょう。

スポーツ・趣味・映画や音楽・お笑いで腹の底から笑ったり。何でもいいんです。

普段、食事を我慢したり一生懸命の方は、大福パクリ。ケーキバイキング。1日ご褒美で、明日からまた妊活ライフ戻りましょう。

きちんと戻って下さいね。あと1日だけと伸ばすご褒美は続けないように。

ご自身にお金を使うのも良いですよ。

ネイルや美容院などで変身!あなたがキレイになればきっとご主人も、喜んでくれますよ。

この様に適度な息抜きで、ストレス解消をして下さいね。

まとめ

妊娠しやすい体づくりの3か条。いかがでしたでしょうか?

  1. 睡眠不足の解消
  2. 食事や飲み物の改善
  3. ストレス解消

この3つで、100%妊娠出来る事ではないのですが、妊娠しにくい体の方が改善する事で、妊娠率は向上します。

不妊治療という医療の力だけに頼らず、生活習慣を見直す事も治療の効果を引き出す事に有効です。

是非、ご主人と協力して、

「来年の年賀状の写真には家族が増えてるといいね」

と明るい話題を沢山しながら、妊娠へ向かってかけ上がって下さいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top